芥川龍之介『トロッコ』あらすじ|人生の昂揚と、不安を問う。

概要>良平は、大人になり妻子と暮らします。世の中に疲れた時に、ふと何の理由もなく八歳の時のトロッコの出来事を思い出します。目の前に広がる美しい景色と、大人との会話、ひとり帰る暗く遠い家路。 人生の説明しがたい不安 、良平二十六歳の心理を考える。

登場人物

良平
主人公、物語は八歳のころの出来事、二十六歳で東京で暮らす現在の心境を語る。
大工
工事現場で運搬作業をしている若い二人の作業員、良平をトロッコに乗せてくれる。

あらすじ(ネタバレあり)

トロッコとは、鉄道敷設の際に土砂を運搬する貨車で、土工にとっては大切な仕事道具です。土を盛って、山を下って走るトロッコ。 八歳の良平は、トロッコにとても興味があります。 線路を走るときのあおるような勢いや、土工の半纏はんてんが風になびくのを眺めながら、良平は、トロッコの世界に憧れます。

良平は、自分もトロッコに乗って、遠くまで走ってみたいと思う。

あるとき良平は、六歳の弟と隣の子の3人で、土工の目を盗んで、こっそりとトロッコを動かします。
三人の力で、ごろりと車輪が動き出し、トロッコは線路を登っていきました。

十間(約18m )くらいまで押すと、こどもの力ではもう登れなくなります。

“さあ、乗ろう” 良平の合図で三人が飛び乗ります。

その途端につき当りの風景は、忽(たちまち)両側へ分かれるように、 ずんずん目の前へ展開して来る。顔に当る薄暮(はくぼ)の風、 足の下に躍(おど)るトロッコの動揺、――良平は殆(ほとん)ど有頂天になった。

良平は、短い時間だけど、夕暮れの風を感じ爽快な気持ちです。

もう一度、押そうとすると、戻ってきた土工たちに見つかり叱られ一目散に逃げていきます。

その十日後、良平は一人でまた工事場にやってきてトロッコを眺めています。すると今度は、親しみやすそうな若い二人の土工たちがいました。

「おじさん。押してやろうか?」その中の一人、縞(しま)のシャツを着ている男は、俯向(うつむき)に トロッコを押したまま、思った通り快い返事をした。 「おお、押してくよう」  良平は二人の間にはいると、力一杯押し始めた。 「われは中中(なかなか)力があるな」

良平は、憧れのトロッコに乗れて、無我夢中で大喜びです。

このときの良平は、土工の仲間入りができて、うれしかったことでしょう。

また、若い二人の土工も、小さな少年の気持ちに応えてくれました。

“いつまでも押していていい?”と尋ねる良平に、“よいとも”と答える土工を、良平はやさしい人たちだと思い好きになります。

五六町(600m前後)を押し続けたら急勾配になり、両側には蜜柑畑の黄色い実があざやかです。“登り路の方が、トロッコをいつまでも押せるので楽しい”と良平は思います。

畑を上りつめ、下りで三人が乗り移ると、蜜柑の匂いを感じながらトロッコは線路を走り出します。今度は、 “押すよりも乗る方がずっとよい”と良平は思います。

行きに押すところが多いと帰りに乗るところが多いと考えます。良平は、トロッコを満喫しています。

遠くまで来た、もうすぐ日が暮れる。心細くなっていく良平。

竹藪を抜け、雑木林に入り、高い崖の向こうの広々と寒い海が見える所まで来た時に、良平は、ずいぶん遠くまで来過ぎたと感じます。

トロッコは、海を右に見ながら走り出しますが、良平はもう、面白い気持ちはしません。

“もう帰ってほしい”と思います。でも最後まで行かなければ、帰れないことは良平にも分かっています。

次にトロッコが止まり、茶店に寄ってくつろぐ土工を横目に、良平はだんだん不安になっていきます。
トロッコは、また坂を上り坂を下ると、土工は、また茶店に入ります。

“もう日が暮れる” 良平は、帰ることばかりを気にしています。

突然の土工の言葉に、良平は、愕然としながらも走り出します。

「われはもう帰んな。おれたちは今日は向こう泊まりだから。」 「あんまり帰りが遅くなると、われのうちでも心配するずら。」

良平は一瞬、この言葉に呆気にとられ、泣きそうになります。そして、今からこの暗い遠い道のりを一人で帰らればならないことを知ります。

それでも、泣いても仕方がないと思い、線路伝いに走り出します。

良平は、左に海を感じながら急な坂路を駆け登り、涙がこみ上げ顔がゆがみます。

竹藪を駆け抜けると、夕焼けの山の空も沈みかかっています。ここまでは三人で来たけれど、帰りは一人という心細い心境です。良平は一人で、ただ走り続けます。

せめて命だけでも助かればと思い、もらったお菓子を捨て、羽織を捨て、草履を捨て足袋で走ります。

村の灯がみえ、家につき、安心して大声で泣き続ける良平。

良平は、不安に感じながらも必死にかけます。

蜜柑畑を通り過ぎる頃には、あたりは暗くなる一方です。

良平は、すべってもつまづいても走っていきました。

遠い夕闇の向こうに、村の灯がほのかに見え、近づくと近所の人たちが、声をかけます。

それでも、良平は無言のまま走り続けます。そして家へ着いて激しく泣きます。

まわりの大人たちは、泣く訳を口々に尋ねますが、良平は、遠い路を駆け通してきた今までの心細さを振り返り、ただただ大声で泣き続けるのでした。

解説(ここを読み解く!)

●遠いところまで来て、帰りは自分一人であることの不安と覚悟。

子供のころは、楽しいことには無我夢中です。熱中すると時間を忘れてしまいます。良平は、ずいぶん遠くまで来て日が暮れはじめると心細くなります。

トロッコに乗って、一緒に戻ってくれるだろうと思っていたのに、おれたちは今日は向こう泊りだから、家の人が心配するだろうから、もう帰りなと言われ、一人ぼっちで帰らねばならないことを知ります。

でも良平は、泣いている場合ではないと考えます、躊躇をすれば、ますます日が暮れていくだけです。

良平は、暮れていく道を、来た道を、そのままひたすらに返していきます。しだいに暮れゆく景色は、とても不安で怖かったことでしょう。しかし誰にも文句は言えず、ただ暗闇だけが目の前に続いています。

これは、幼い良平にとって、とても強烈な記憶だったはずです。

●なぜ二十六歳の良平のつぶやきで、物語は終わるのか。

そして、最後は、予想しない文章でしめくくられ、読者への謎めいた問いかけになっています。

彼はどうかすると、全然何の理由もないのに、その時の彼を 思い出す事がある。全然何の理由もないのに?―― 塵労(じんろう)に疲れた彼の前には今でもやはりその時のように、 薄暗い藪や坂のある路が、細細と一すじ断続している。

このとき彼は、東京で暮らし仕事をしています、すでに妻子を持ち家族を養っています。守るべき妻や家族があり、そのために明るい日も暗い日も歩き続けなくてはならないはずです。

あの時、優しいと思った大人たちと一緒に憧れのトロッコを、押して、乗って、爽快に流れていく景色を感じ、一人前に扱われたことを喜びますが、やがて、もとの道を一人で引き返すほかなかったときには、日は落ちて景色は闇のなかに消されていきました。

自分の家は線路の先にあり、どんなにつらくても歩き続けないと辿り着けません。八歳の良平にとって、家に着いた時の涙は安堵の涙だったはずです。

なぜ安堵なのか、それは家という帰る場所に着いたからこその安堵です。“その時の彼”とは、もちろん、一人帰る心細さですが、同時に家という場所も大切な要素です。

二十六歳の良平には、帰る場所は、もうありません。むしろ彼こそが、安堵できる家そのものでなければならないのです。世間に疲れた時に、トロッコの出来事を思い出すのは、確かにこの先、仕事にも人生にも、山や谷は、ある時は突然に、あるときは容赦なく、やってくることでしょう。

この漠然とした不安のなかで、良平は妻子と共に生きていくことをトロッコの思い出に重ねます。

芥川龍之介著「トロッコ」人生の昂揚と不安を感じさせてくれる作品です。

作品の背景

熱海は古くから温泉の街として知られていましたが、地形が険しく、交通が不便な場所でもありました。そこでこの地に鉄道をということになります。物語の舞台になっている小田原-熱海間の軽便鉄道工事で使われるトロッコは、土木工事の現場で大量の土砂を搬出するために梯子上に組み上がった線路に仮説軌道を設置して、土砂を運搬するものです。

作品のとおり上り下りが激しく、蜜柑畑を横に海が平ける風景など、傾斜が激しくそして海岸線の壮観な景色が広がります。そこで良平がトロッコを大人に混じって押し上げたり、風を切って走ったり経験すると同時に、帰りは心細く不安がいっぱいのなか、一人暮れる線路の上を走る情景の物語です。湯河原出身のジャーナリストが幼年時代に熱海軽便鉄道が人車鉄道から軽便鉄道への切替を行っている工事を見物したときの回想を記した手記を芥川が題材にしました。

発表時期

1922年(大正11年)3月、雑誌『大観』(実業之日本社)に発表。芥川龍之介はこの時、30歳。
中期の短編小説である。正式名は『トロツコ』、中学図書などにも採用されています。

タイトルとURLをコピーしました