梶井基次郎

梶井基次郎

梶井基次郎『桜の樹の下には』解説|絶対の美しさと、死は表裏一体。

桜の樹の下には屍体が埋まっている!あの有名な短編を解説。どうして桜はあんなに美しいのかが信じられない。きっと死と繋がっているからだと思う。神秘的な美しさと、醜い屍体。表裏一体を幻想的に表現し不安や憂鬱から解放される心理をあらすじに追う。
梶井基次郎

梶井基次郎『檸檬』解説|レモン爆弾が、憂鬱を吹き飛ばす快感。

色彩を思い描く感覚の世界。梶井基次郎の『檸檬』を解説。一顆の檸檬の単純な色、匂い、重さ、形。この完璧な檸檬が私を重苦しい憂鬱から爽快な気持ちにしてくれる。そっと丸善に檸檬爆弾を仕掛ける研ぎ澄まされた感受性をあらすじのなかに追う。
シェアする