ジョン・アーヴィング

ジョン・アーヴィング

ジョン・アーヴィング『ガープの世界』解説|死のその時まで、ひたむきに命を生きる。

不思議な方法でこの世界に現われたT・S・ガープ。ガープの観る世界には、暴力や暗殺や強姦など目を覆う出来事と苦しく複雑な人生を負った人々がいる。愛、不義、確執、狂気、敵対、そして次々に訪れる死。作家の眼で人生の悲劇を喜劇として物語る『ガープの世界』。
シェアする