トルーマン・カポーティ

トルーマン・カポーティ

カポーティ『ティファニーで朝食を』解説|自由を追い求める、ホリーという生き方。

ホリーという自由奔放に生きていく女性ーカポーティの原作『ティファニーで朝食を』は、共産主義を意識した「いやな赤」や束縛からの絶対の自由である。そこに資本主義の象徴としてティファニーがある。隷属を嫌い安住を求め大空を羽ばたく野生の女性の物語。
シェアする