黒澤明

黒澤明

黒澤明『羅生門』解説|芥川の名作の先に、黒澤が伝えたかったこと。

芥川の小説「藪の中」と小説「羅生門」ふたつを融合した黒澤の映画『羅生門』の主題を考察する。多襄丸、夫の金沢、妻の真砂。三人三様の嘘と、杣売りの嘘。あらすじの結末にみせた僅かな救い。黒澤は何を伝えたかったのかを解説する。
シェアする