浅田次郎『ラブレター』あらすじ|ひたむきな手紙に涙する恋の短編傑作

スポンサーリンク

解説>高野吾郎の仕事は、歌舞伎町にある裏ビデオ屋の雇われ店長。偽装結婚をした中国人女性の突然の訃報に対処するなかで、なぜか感じる憤りとせつなさ。それは、女性がしたためた、ひたむきな手紙のせいだった。大人に贈るラブレター、ぜひ読んでください。

スポンサーリンク

登場人物

高野吾郎
北海道から東京に来て20年になる、裏ビデオ屋の雇われ店長。
白蘭(パイラン)
吾郎との偽装結婚で働く、中国からの外国人出稼ぎ労働者。
佐竹
新宿を縄張りにする小さな組織の親分で、出稼ぎ労働者を斡旋。
サトシ
佐竹の若い衆で、吾郎と同行する18歳の若者。

あらすじ(ネタバレあり)

白蘭が死んだ。それは吾郎が、戸籍を貸した出稼ぎの中国人女性。

吾郎は、仕事で世話になっているヤクザの佐竹に頼まれ戸籍を貸します。相手は出稼ぎの外国人女性。

その女性が、病気で死んだので仏さんを取りに行くようにと、吾郎は刑事から告げられます。

吾郎は、つまり偽装結婚をしており女性は戸籍上の“妻”なのでした、女性の名前は「白蘭」

女性の名前は康白欄、中国語で“カン・パイ・ラン”。

白蘭は体調が悪く、もうそう長くはないことを自覚し、吾郎と中国の家に手紙を書いて送りました。

そこには、吾郎が自分と結婚してくれたことの、お礼が綴ってありました。

サトシから、外国人労働者斡旋の話を聞く吾郎は、自分が夫であることが、ぴんと来ない様子です。

戸籍を売り、借金でがんじがらめで、医者にもかからず死んだ。

パスポートの写真を見ると、そこには、24-5歳の美しく若い女性の写真がありました。

カン・パイ・ランという名前が音楽のように響きました。

吾郎は、白蘭の写真に、なぜかほんとうの結婚を想像してしまいます。

吾郎が、はじめて出会う、戸籍上の初対面の妻。

吾郎は、仏さんを引き取りに行くことに、とまどい、わずらわしく思います。

吾郎は国民健康保証証の被保険者の欄に「高野白蘭」と妻の名があることを知ります。

そして吾郎は、白蘭の骨を抱えて東京に戻ります。

評価(おすすめポイント!)

何故、ラブレターに、こんなにも泣けてしまうのだろう

この短編のタイトルはラブレター、話の内容は手紙です。

でも登場人物から、それは、ティーンエイジャーのものではありません。

大人のラブレターって何だろう、そのせつなさはどっからくるのか、ここが浅田次郎の真骨頂です。

どうしようもない男が、嗚咽するほど涙するとき

吾郎は、怠け者で改心できず、歌舞伎町の世界にどっぷりつかっています。

ただ佐竹のようにワルになれず、サトシのように若くもありません。

そんな男の底流にある、良心や焦燥感、そして白蘭の手紙に綴られた内容とは。

「ラブレター」、何度、読んでも涙が止まりません。

それが、まったくのファンタジーでフィクションだと分かっているのに。

なぜか、ぐいぐいと物語の中へ引き込まれてしまいます。

浅田次郎の短編では最高傑作のひとつとしてお薦めできます。

吾郎の人生の思いと、白蘭の人生の思いを、手紙が結んでくれます。

浅田次郎著「鉄道員」1997年4月、集英社文庫 8編収録のなかの作品。

ときには、いっぱい涙をながしてください。