深沢七郎

深沢七郎

深沢七平『楢山節考』あらすじ|おっかぁ 雪が降ってきたよう、運がいいなぁ。

おりんは何故、楢山参りが待ち遠しいのか?歌で伝承される『楢山節考』のあらすじを読み解説。食糧が限られた村の掟では、冬を越すために老いた者は山に行く。自死する尊厳を楢山の神が見守る、家族の命を継ぐため、老婆のおりんの清さに雪が降る。
シェアする