ジョージ・オーウェル

ジョージ・オーウェル

ジョージ・オーウェル『一九八四年』あらすじ|自由な思考が剥奪される、全体主義社会。

過去が改竄され、歴史が塗り変えられる世界。全体主義の監視社会『一九八四年』のあらすじを読み主題を解説。新たな語彙と文法のニュースピークでイデオロギーは実践され、人々は無意識に新秩序を生きる。ディストピアを実現するビッグ・ブラザーを考える。
シェアする