芥川龍之介『羅生門』あらすじ|悪を正当化するとき、人は真の悪人になる。

スポンサーリンク

解説>地震、辻風、火事、飢饉と災い続きの洛中で、どこにでもいる一人の下人が仕事を失い、生きるために悪行を為すまでの心理の変化を合理的に丹念に描く。希望の無い極限の中、生を求めれば悪が正当化される。悪は許されないが、その彼岸へ向かう相応の理由がある。

スポンサーリンク

登場人物

下人
主人から暇をだされ、この先を思案し羅生門で途方に暮れている。
老婆
羅生門の楼のなかで死人の髪を抜きかつらにして売ろうとする。

あらすじ(ネタバレあり)

天災で洛中はさびれ、下人は仕事を失い羅生門で途方に暮れていた。

ある日の暮れ方、一人の下人が羅生門の下でぼんやりと雨が止むのを待っていた。

この二,三年、平安の都は、地震、竜巻、火事、飢饉と災いが続き、洛中はさびれてしまっている。
人心は乱れて仏像や仏具を打ち砕き、人々は、丹がついたり金銀の箔がついた木を売っていた。

朱雀大路にある羅生門も荒れ果ててしまい、狐狸が棲み、盗人が棲み、引取り手の無い死人が棄てていかれた。誰もが気味を悪るがって、この門の近所にはやってこなかった。

夕焼けどきになると烏が、真っ赤な空に胡麻をまいたように飛ぶ。死肉を啄みにやってくるのである。

下人は、七段ある石段の一番上の段に座り、ぼんやり雨の降るのを眺めていた。下人は四、五日前に主人から暇を出され仕事を失ってしまい、行くところも無く途方に暮れていた。

下人は、明日の暮らしをどうにかしようとして、云わば、どうにもならない事を、どうにかしようとして、とりとめもない考えを巡らせていた。

どうにもならない事を、どうにかするためには、手段を選んでいるひまはない。そうしなければ、飢え死にをするばかりである。

選ばないとすれば、「盗人になるよりほか仕方がない」が、それを積極的に肯定するだけの勇気が出ずにいた。

盗人になる勇気はなく、一夜を過ごすため楼の上にいくと老婆がいた。

夕冷えのする京都は、寒い。下人は、ともかくも一晩、楽に寝れそうな所で夜を明かそうと見渡した。

すると門の上の楼へ上る梯子が目についた。上はどうせ死人ばかりであろうと聖柄の太刀が落ちないように気をつけて登っていった。羅生門の楼の上へあがり、梯子の中段で上の様子をうかがうと楼の上から、かすかに火の光がさしている。

さらに梯子を二、三段上ってみると、上では誰かが火をともして、その火をそこここと動かしている。

下人は上りつめて、楼の内を覗いてみる。噂通り、死体が無造作に棄ててあり、裸の死骸と着物を着た死骸があり、女も男もまじっていた。死骸は皆、土をこねて作った人形のように、口を開いたり手を延ばしたりして、ごろごろ床の上にころがっていた。

下人は、死骸の腐乱した臭気に思わず鼻をおおった。しかし次の瞬間、下人の嗅覚を奪ってしまった。

死骸の中に人間がうずくまっていた。茶色い着物を着た、背の低い、痩せた、白髪頭の、猿のような老婆がいた。

死人の髪の毛を抜く老婆に下人は激しい憎悪を感じた。

その老婆は、右の手に火を灯した木切れを持って、死骸のひとつの顔を覗き込むように眺めていた。
髪の毛の長い女の死骸だった。

下人は、六分の恐怖と四分の好奇心とに動かされて一瞬、息をするのさえ忘れた。

すると老婆は、死骸の首に両手を駆けると、長い髪の毛を1本ずつ抜き始めた。毛が1本づつ抜けることで恐怖が薄らいでいった。そして下人の心からは、この老婆に対する激しい憎悪が少しずつ動いてきた。

いや老婆と言うよりあらゆる悪に対する反感が強さを増してきた。

この時、下人に「飢え死にするか」「盗人になるか」を尋ねれば、何の未練もなく「飢え死に」を選んだであろう。

それほどこの男の悪を憎む心は、勢いよく燃え上がりだしていたのである。

下人には、何故老婆が死人の髪の毛を抜くのかは分からず、合理的には、それを善悪のいずれで片づけて良いかは分からなかった。しかし下人にとって、この雨の夜に、羅生門の上で、死人の髪の毛を抜くことが許すべからず悪であった。

勿論、下人は、さきほど盗人になる気でいたことなどはとうに忘れていた。

生きるために死人の髪をかつらにするという老婆の話で勇気が湧いた。

下人は、梯子から飛び出し聖柄の太刀に手をかけ老婆の前に歩み寄った。

慌てふためいて逃げようとする老婆の行く手を塞ぎ、つかみあいながらねじ伏せて、太刀を抜いて白いはがねを目の前につきつける。

老婆は黙り、両手を震わせ肩で息をしながら目を見開き唖のように黙っている。

下人は、「自分は検非違使の庁の役人などではなくただの旅の者だ。何をしていたのかを、それを己に話しさえすればよい」と言った。

老婆は「この髪をぬいて、かつらにしようと思ったのじゃ、なるほど、死人の髪の毛を抜くことは悪い事だろうが、ここにいる死人どもは、皆、それぐらいのことをされても仕方ない人間ばかり、今、髪を抜いているこの女は、生きているときにヘビの肉を干し魚だと言って売っていた。わしはこの女のした事が悪いとは思うていぬ。せねば飢死にする、仕方なくしたのだろう」 と言う。

「されば、今また、わしのしていた事も悪い事とは思わぬ、これとてもせねば飢死にする。仕方なくする事じゃ。その仕方ない事をよく知っていたこの女は大方わしのする事も大目に見てくれるじゃろう」と老婆は言った。

下人は盗人になる勇気を覚え、老婆の着物をはぎとり闇に消えた。

この話を聞いているうちに下人の心にはある勇気が生まれてきた。

その時のこの男の心持から言えば、餓死など、ほとんど考える事さえ出来ないほど、意識の外に追い出されていた。

「きっと、そうか」老婆の話が終わると、下人は嘲るようなん声で念を押した。

そして、すばやく、老婆の着物を剥ぎとった。そして足にしがみつく老婆を死骸の上へ蹴倒した。そしてまたたく間に急な梯子を夜の底へかけおりた。

老婆は呟くようなうめくような声を立て、梯子の口までいって下を覗き込んだ。

外には、ただ、黒洞々たる夜があるばかりである。下人の行方は、誰も知らない。

評価(おすすめポイント!)

生きるということの本質。それはさほど美しいものではない。

この下人は、道を究めた宗教家でも何でもない。ごく普通に生きている、まじめな人間だとする。

京都の洛中に、これでもかというほどに続く地震、竜巻、火事、飢饉などの災い。この中で、生きるということが本能のような強い生存意識だとすれば、この状況においては、盗人の選択肢しかない。

読後感は、下人と老婆が出会う楼は不気味な光景だろうし、老婆の姿は、まさに猿のようなみじめでみすぼらし姿であろう、そして闇の中に消える下人が残す余韻は、まさに人間の悪の本性を残像すら消し去っている。

自然災害での苦しみであれ、政治などの専制や圧政での苦しみであれ、戦争や争いでの苦しみであれ、それが極度の絶望になれば道徳や宗教などの救いが届かないこともある。

その時に、“悪”に生きると言う覚悟を考えさせられる。

すると、それは“悪”に向かう勇気という情動に転嫁される。

死ぬ覚悟の無い人間は、真の正義を語れるのか。

下人のことを悪く言うことはできる。いや自分はこの状況下でも悪には落ちないと言うこともできる。
善なる行為を信じ語ること、人間の理想を語ることも否定はしない。

ただ、「羅生門」のおかれた平安京の世界では、“生きる”か“死ぬか”の選択しか眼前には無い。この状態では、“善や理想”では飯が喰えず“生きていけない”のである。

別の言い方をすれば、生きるためには“悪”の選択肢しかないと仮定する。

そうすると残念ながら、理論的には多くの人は程度の差こそ“悪の側”に身を投じる。

ではあちら側とはどこか、“死”しかない。

一応、日本は裕福な社会として発展しているようだが、世界中を見れば、貧しい国や虐げられた人々はたくさんいる。

だとすれば、自然災害、政治の弾圧、戦争などの惨禍の中、法治主義や民主主義の選択は当然ではあるが、もっと原始的には“生きること”と“死ぬこと”を精神性のレベルで私たちは考えておく必要がある。

難しい問題だが、根本問題として、人間はこの問題から逃げてはいけないはずだ。

作品の背景

タイトルの由来は朱雀大路にある平安京の羅城門である。

「今昔物語」の本朝世俗部巻二十九「羅生門登上層死人盗人語十八(羅城門の上層に登りて死人を見たる盗人の語)」を大筋にして、巻三十一「太刀帯陣売魚姫語第三十一(太刀帯の陣に魚を売る媼(老女)の話)」の内容を一部に交える形で書かれました。つまり今昔物語を題材に創作されたということです。

内容は、「羅生門登上層死人盗人語十八」は、摂津の国から京に入ってきた盗人が、羅城門の下にいたが、上層に上ってみると、老婆が死人の髪をとっており、抜き取って居り、“仕えた主人が亡くなったので亡骸を羅城門に持ってきて髪が長かったのでかつらにしようとしていた”という第十八の話をベースにしたもの。

さらにこれに三條院の天皇が東宮におられるときに、東宮に仕える帯刀の舎人の詰め所で、いつも来る魚売りの女がいて、これを買って食ってみるとうまかった。ところがそれは“蛇を四寸ばかりに切って売っていた”という第三十一の話が挿入されています。
古典に典拠してアフォリズムとして不朽の名作となり、生きるための悪という人間のエゴイズムを繊細に描き出しています。

発表時期

1915年(大正4年)11月、雑誌『帝国文学』に発表。芥川が東京帝国大学在学中の無名作家時代のものである、当時23歳。大正6年5月に「鼻」「芋粥」の短編とともに阿蘭陀書房から第1短編集『羅生門』として出版。最後の結びの一文は、初出は「下人は、既に、雨を冒して、京都の町へ強盗を働きに急いでいた」、その後「下人は、既に、雨を冒して京都の町へ強盗を働きに急いでいた」となり、2年半たってに大正7年に現在のように「下人の行方は、誰も知らない」となった。全編を通じて情景が目に浮かぶような日本を代表する世界に誇る作品である。