アーネスト・ヘミングウェイ

アーネスト・ヘミングウェイ

ヘミングウェイ『老人と海』あらすじ|屈しない精神と肉体、その尊厳とカタルシス。

老漁師サンチャゴは、八十四日の不漁が続き翌日に、巨大なマカジキがかかる。三日三晩の格闘のすえ獲物をあげるが、帰途、鮫に襲われ食いちぎられながら死闘を続ける。行動派のヘミングウェイの『老人と海』のあらすじと解説に人間の尊厳とは何かを考える。
シェアする