川端康成

川端康成

川端康成『白い花/掌の小説』あらすじ|死を見つめる、桃色の生。

肺病の従弟に恋を打ち明けられ付き合い、伝染して療養する女を描いた『白い花』のあらすじと解説。回復した彼女に恋をする医者と作家。しかし触れられない彼女の白い肌に「桃色」を思う、生も死も血潮の果てにあると信じる女性の熱き思いを読む。
川端康成

川端康成『笑わぬ男/掌の小説』あらすじ|妻の微笑は、仮面の微笑みか。

芸術と現実は異なる。そんな苦い気分を味わう『笑わぬ男』のあらすじを読み主題を解説。脳病院の現実を描いた映画で、最後は空想で美しい仮面を被らせて終わった。入院している妻が、子供のためにその面を被ったが、能面を外すとみじめな人生の顔が現れた。
川端康成

川端康成『骨拾い/掌の小説』あらすじ|冷徹な眼が、虚無を見る。

十六歳で訪れた、最後の肉親の祖父の死を描いた『骨拾い』のあらすじと解説。青い人玉が飛び立ち、焼き場で骨を拾う。燃え屑の温気が強く、いやな臭いがする。生と死。とうとう一人になった私を、もうひとりの私が怜悧に見つめ、孤独な姿を感じる。
川端康成

川端康成『禽獣』あらすじ|女の生態を、犬に重ね見る幻覚。

犬の顔に、心中未遂した若い頃の娼婦の千花子の顔を重ね合わせる。川端の『禽獣』のあらすじを読み解説する。四十歳になる人間嫌いの彼は、純血主義を美しく思う。彼は、やがて生きかつ死へと向かう生命の明かりと、虚無の世界が交差する厭世的な美を好む。
川端康成

川端康成『有難う/掌の小説』あらすじ|悲しみの往路と、幸せの復路。

娘を売りに行く親子を乗せる運転手「有難うさん」。川端の『有難う』のあらすじと解説。悲しみに揺られながら娘は、運転手に恋をする。そして、一夜が明け春まで家で過ごすことになる。秋の天城峠の乗合自動車の往復の物語に “ありがとう”。
川端康成

川端康成『化粧/掌の小説』あらすじ|窓から見る、女性の本性。

斎場で化粧する女性の姿が窓から見える。死を弔い終え、厠の鏡で平然と化粧する喪服の女たち。川端の『化粧』のあらすじと解説。屍を舐める血の唇の印象に怯えていると、その時、涙しながらやってきた十七八歳の少女の仕草を目撃し、私はさらに驚く。
川端康成

川端康成『雪国』あらすじ|男女の哀愁と、無に帰す世界。

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。名作『雪国』のあらすじを読み解説する。駒子の情熱と、葉子の透明さが天の河に浮かび上がる。悲しく美しい抒情で描く、川端文学の最高峰。雪国の自然のなか、無に帰してしまう人の世の儚さ。
川端康成

川端康成『雨傘/掌の小説』あらすじ|傘が結ぶ、初恋の思い出。

離ればなれになる二人は記念写真を撮りに行く。ひとつの傘に確かめ合えたお互いの心、そんな『雨傘』のあらすじを読み主題を解説。帰りは二人の距離がなくなり、ひとつになる。少年の優しさを少女が受け入れる。触れる手に、傘が結んだ、淡い初恋の思い出。
川端康成

川端康成『日向/掌の小説』あらすじ|初恋の想いと、秋の日向。

初恋の安らぎを描く『日向』のあらすじと解説。孤児ゆえに相手の顔色をうかがう癖があると思っていたが、それは盲目の祖父の顔を見ていたからと気づく。そして今、妻となる女性と日向を歩く思いを描く。相手を思いやる恋人の話に、優しくなれた私。
川端康成

川端康成『バッタと鈴虫/掌の小説』解説|少年の知慧と、青年の感傷。

叢で虫を探す子供たちの一人、不二夫。少年時代の少女へ憧れと会心の微笑み。『バッタと鈴虫』のあらすじを読み主題を解説。大人になり現実の中で心傷き、叢の提灯が映し出した名前の美しさに気づくことの難しさを、川端の繊細な感覚の視点を追いながら読む。
シェアする