スポンサーリンク
夏目漱石

夏目漱石『草枕』全ての謎と物語の構造を解く!「謎解き草枕」その1

冒頭文に隠された主題「智・情・意」と文芸、夢幻能に見立てられた物語、画工と那美の芝居合戦を丁寧に読み解き、誰も語らない複雑な『草枕』の筋と構造を明らかにする全6回のシリーズです。
芥川龍之介

芥川龍之介『河童』解説|嫌悪と絶望に満ちた人間社会を戯画に描く。

懐疑的で厭世的な芥川が、自身への嫌悪感から生まれたとする『河童』。河童の国を寓意に遺伝、家族制度、恋愛、芸術、資本主義、刑罰、自殺、宗教と饒舌に語る。病苦に悩み、生活に疲れ、のしかかる重荷と、芸術の行き詰まり、次第に自殺に向かう晩年の思索。
マリオ・プーゾ

マリオ・プーゾ『ゴッドファーザー』|愛するということ、女たちのサイドストーリー

家族の名誉をかけた荘厳なオデッセイ『ゴッドファーザー』の女たちのサイドストーリー。ヴィトーの良き伴侶としてのママ・コルレオーネ、マイケルと生きることを決意したケイ・アダムズ、シシリーの楽園の精としてのアポロニア、三人を中心に男と女の愛を考える。
スポンサーリンク
芥川龍之介

芥川龍之介『地獄変』解説|残酷対決! 独裁者 vs 芸術家

芥川の芸術至上主義の精神を描いたとされる代表作『地獄変』。その至上の果てにあるもの。現世の権力の支配に対抗し、狂気のなかでその頂きを追求し、道徳的な規範さえも突き破り、愛する者をも顧みず、そして自らの死と引きかえに芸術の最高の価値を後世に残す。
マリオ・プーゾ

マリオ・プーゾ『ゴッドファーザー』|原作の解説その4

家族の名誉をかけた荘厳なオデッセイ『ゴッドファーザー』の解説その4。いよいよクライマックス、マイケルの周到な計画の下でニューヨーク五大ファミリーの首領の暗殺とファミリーに歯向かう敵が粛清される。全てを知ったケイは、愛の苦悩のなか、祈りを捧げる。
マリオ・プーゾ

マリオ・プーゾ『ゴッドファーザー』|原作の解説その3

家族の名誉をかけた荘厳なオデッセイ『ゴッドファーザー』の解説その3。ソニーが暗殺される。むごたらしくマシンガンで蜂の巣にされた。ヴィトーは停戦協定を模索する。その条件は唯一、末息子のマイケルが無事に祖国に戻ってくることだった。
マリオ・プーゾ

マリオ・プーゾ『ゴッドファーザー』|原作の解説その2

家族の名誉をかけた荘厳なオデッセイ『ゴッドファーザー』の解説その2。シシリーを逃れ、ニューヨークに渡る。若きヴィトーが貧困のなか悪に手を染め、それが定めと信じ、事業を拡大し巨大な犯罪組織コルレオーネ・ファミリーを築き上げるまでの歴史が綴られる。
マリオ・プーゾ

マリオ・プーゾ『ゴッドファーザー』|家族の名誉をかけた荘厳なオデッセイ|原作の解説その1

家族の名誉をかけた荘厳なオデッセイ『ゴッドファーザー』の解説その1。それは家族の愛の物語であり、何者も侵せない絆の掟である。ヴィトーの家族とコルレオーネ・ファミリー。そしてドンの後継者マイケルへの代替わりの苦悩と戦いを描く。
マリオ・プーゾ

マリオ・プーゾ『ゴッドファーザー』|あらすじと登場人物

荘厳なオデッセイ『ゴッドファーザー』のあらすじと登場人物まとめです。原作は第一部から第九部の構成で32のエピソードで描かれます。スピンオフが多くあり計算された物語構造が魅力です。多様な支流が本流と出逢い、激しい流れとなり大きな運命へと飲み込まれます。
芥川龍之介

芥川龍之介『おぎん』解説|みんな悪魔にさらわれましょう

芥川は切支丹物という作品を残している。キリシタン弾圧と棄教がテーマの『おぎん』を解説してみる。おぎんの実父母への愛から、天国に行くことを断念し、地獄のへ落ちる孝道物語のようだが、実は異なり、真実はおぎんの生きる<逞しさ>と<知恵>の話なのだ。
川端康成

川端康成『眠れる美女』解説|老境の性と、魔界に落ちる瞬間。

江口老人は海辺の岸壁にある秘密の娼家を訪れる。そこはけっして眼を覚ますことのない裸の処女の娘と一夜を添い寝し悦楽にひたる「眠れる美女」の家だった。日本の叙情を美しく描く川端文学には、新感覚派と呼ばれ前衛的な幻想を描くもうひとつの世界がある。
スポンサーリンク
シェアする