夏目漱石

夏目漱石『草枕』完全解説!全ての謎と物語の構造を解く|謎解き『草枕』その1

有名な冒頭文に隠された主題は「智・情・意」と文芸。夢幻能に見立てられた物語。画工と那美の「芝居合戦」を丁寧に読み解き、誰も語らない複雑な『草枕』の構造を明らかする、全6回のシリーズです。
村上春樹

村上春樹『海辺のカフカ』あらすじ|運命の呪縛に、どう生き抜くか。

概要>おまえは父親を殺し母親と交わる。呪縛から逃れるためカフカ少年は四国に向かうが、運命はつきまとう。一方、記憶を失ったナカタさんは、自分を取り戻そうと入り口の石を探す。二つの物語が融合し結末が訪れる。エディプス王の神話を下敷きにメタフォリカルに展開する15歳の成長物語。
村上春樹

村上春樹『スプートニクの恋人』あらすじ|自分の知らない、もうひとりの自分。

概要>ギリシャの小さな島で失踪したすみれと残されたふたつの文書ファイル。すみれの見た死んだ母親の夢と、ミュウの見た観覧車からの光景。祭りの音楽に導かれ上った月夜の山の頂きで、僕は<向こう側>の世界へ引き込まれそうになる。それはもうひとりの自分が棲む異界。
スポンサーリンク
村上春樹

村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』あらすじ|時空を繋ぐ、人間の邪悪との闘い。

概要>『ねじまき鳥クロニクル』は三部構成となっている。猫が消え、何の前触れもなく突然、失踪し行方不明になってしまった妻のクミコを、主人公である夫の岡田亨(僕)が探し続け、様々な人々と出会い、そこに隠された謎を解き明かしながら、悪の根源の綿谷ノボルと闘う物語。
村上春樹

村上春樹『国境の南、太陽の西』あらすじ|ペルソナの下の、歪んだ自己。

概要>我儘なハジメには、過去、心に残る二人の女性がいた。同じ一人っ子で脚が悪く精神的に大人だった美しい島本さんと、心は寛げたのに肉体関係をいそぎ傷つけ損なってしまったイズミ。やがて結婚し裕福な暮らしと幸せな家庭を築くが、不完全な自己は果てしない死に誘われていく。
村上春樹

村上春樹『ダンス・ダンス・ダンス』あらすじ|生きる意味なんて考えず、踊り続けるんだ。

概要>よく「いるかホテル」の夢をみる。誰かが僕のために泣いている。キキに導かれ、「ドルフィン・ホテル」を訪れ羊男と再会する。僕はもう一度、何かに繋がろうとすると、羊男はそのためにここがあると言い、とにかく踊るんだと言う。失った心の震えを取り戻すために、喪失と絶望の世界をステップを踏みながら僕は通り抜けていく。
村上春樹

村上春樹『象の消滅』あらすじ|消えゆく言葉と、失われる感情。

概要>ある日、象がいなくなる。足には鉄の枷があり、枷には鍵がかかり、足跡も残っていなかった。仕事では商品の統一性や便宜性の重要さを宣伝文句にする僕だが、雑誌編集の彼女と意気投合して、思い切って象の消滅の話をしたが噛み合わなかった。バランスを欠いた世界に僕は生きている。
夏目漱石

夏目漱石『草枕』完全解説!全ての謎と物語の構造を解く|謎解き『草枕』その6

「憐れ」が那美の顔に浮かんだ理由を徹底的に考察。答えはやっぱり「文芸の哲学的基礎」にあり。/「探偵」とは誰の事?「屁の勘定」って何?/「智・情・意三部作」?『草枕』と『三四郎』を併せて読むと面白い!謎解き『草枕』最終回です。
夏目漱石

夏目漱石『草枕』完全解説!全ての謎と物語の構造を解く|謎解き『草枕』その5

二人の芝居合戦に何故「憐れ」は浮かばなかったのか?『草枕』の主題と構造から解説します。鍵は夏目漱石「文芸の哲学的基礎」にあり。/非人情を気取る画工に欠けていたものは何だったのか?オスカー・ワイルドの説、芸術家として最高の態度とは?「藤村操の死」が喚起する「覚悟」。ついに画工の勇気も湧きます。
夏目漱石

夏目漱石『草枕』完全解説!全ての謎と物語の構造を解く|謎解き『草枕』その4

那美が全裸を披露するのは何故なのか?九寸五分は何故閃くのか?男の身勝手「長恨歌」VS女の暴走「サロメ」、物語中の絵になる場面「不人情」対決編。謎解きも、いよいよ難解になってきます。
夏目漱石

夏目漱石『草枕』完全解説!全ての謎と物語の構造を解く|謎解き『草枕』その3

「非人情」を乱用する画工との洒脱な会話に隠れた那美の問いかけとは?泰安の首にかじりつき、狂気を演じる那美の真意を大徹和尚が語ります。「非人情」の真の意味を問う「非人情」対決編。芸術論が難しい6章には『草枕』の秘密が書かれていますよ。
スポンサーリンク
シェアする