志賀直哉

志賀直哉

志賀直哉『范の犯罪』あらすじ|妻への殺人は、故意か?過失か?

抑圧から解放され、自己に忠実な生き方を選ぶ『范の犯罪』のあらすじを読み主題を解説。故意の業か、過ちの出来事か。そこには「本統の生活」を求める范の懊悩があった。范の深い思索の軌跡と不意の殺人。冷静に繊細に熟慮した心の謎が解き明かされる。
志賀直哉

志賀直哉『清兵衛と瓢箪』あらすじ|大人の無理解に屈せず、飄々と才能を磨く少年。

芸術への清々しい情熱を描く『清兵衛と瓢箪』のあらすじを読み主題を解説。清兵衛が熱中する大切な瓢箪の収集は、父親や先生など無理解な大人に禁じられる。次は絵に自分の夢と才能を発揮する。直哉が尾道で本統の小説家を目指す姿勢を作品にしました。
志賀直哉

志賀直哉『正義派』あらすじ|真実を告げる勇気と、揺れ動く感情。

正義を支えることの難しさを描く『正義派』のあらすじを読み主題を解説。会社都合の嘘を言う監督と運転手に対して、幼い女児の死や悲しむ母親を悼み、篭絡に屈せず真実を語る。しかしやがて仕事を失い生活に窮する不安が襲う。ではどうするのかを考えていく。
志賀直哉

志賀直哉『流行感冒』あらすじ|大正時代のパンデミックに、寛容のたいせつさを学ぶ。

愛娘へ神経質なほどに過保護になる主人公、女中の石の素行を疑い嫌悪する『流行感冒』のあらすじを読み主題を解説。人は一面ではなく全体を知ることで、信頼と同時に精神的なやすらぎや幸せも生まれる。パンデミックだからこそ心の寛容さや思いやりを説く。
志賀直哉

志賀直哉『城の崎にて』解説|生から死を見つめる、静かなる思索。

自分はかろうじて死なずに生きのびた。生と死を思う『城の崎にて』のあらすじを読み主題を解説。直哉自身が電車に跳ねられ、城崎温泉にての養生記。そこで観た蜂、鼠、蠑螈の死に、偶然すら「あるがまま」に、心静かに生死を受け入れる死生観を漂わせる。
志賀直哉

志賀直哉『小僧の神様』あらすじ|少年の冒険心と、大人の思いやり。

人は人にどんな気持ちで優しくしたらいいの?『小僧の神様』のあらすじを読み主題を解説。けなげな秤屋の小僧の仙吉に、腹一杯、鮨を食べさせる。最初は好意のつもりが、後で嫌な気になる。それでも仙吉が神様のおかげだと受け取る気持ちにほっと救われる。
シェアする