浅田次郎

浅田次郎の作品をまとめました

浅田次郎

浅田次郎『鉄道員』解説|人々の暮らしを支える、乙松のぽっぽやの人生。

天職を全うした ”ぽっぽや” 乙松は、鉄道一筋の人生だった。なぜ妻の最期も、娘の最期も、看取ってやることができなかったのか?なぜ三人の雪子が乙松の前に現れたのか?人々の生活を支える鉄道員の仕事に人生を捧げた一人の男の生きざまを描く。
浅田次郎

浅田次郎『壬生義士伝』解説|徒花と咲いた新選組で、家族のため守銭奴に生きた男。

壬生の狼と恐れられた新選組。そこに生きるために人を斬り、愛するために生き抜いた男がいた。新選組隊士、吉村貫一郎の生き様をあらすじを追いながら解説する。故郷と家族への愛と、義を貫いた一人の男の物語、浅田次郎『壬生義士伝』をレビューする。
浅田次郎

浅田次郎『月島慕情』あらすじ|身請け話に、月島で見た真実は。

憧れの月島でみた光景とは。『月島慕情』のあらすじと解説です。吉原で生きる女郎のミノは、いなせな侠客の時次郎に身請けされ、やっとの思いで強運を引き寄せる。時次郎とミノのそれぞれの「ばっかやろう」に涙する、浅田次郎の人情お伽噺し。
浅田次郎

浅田次郎『ラブ・レター』あらすじ|ひたむきな手紙に涙する、見果てぬ夢。

なぜこんなに泣けてしまうのか!『ラブ・レター』のあらすじと解説。吾郎の仕事は、歌舞伎町の裏ビデオ屋の雇われ店長。偽装結婚をした中国人女性の突然の訃報に、なぜか感じる憤りとせつなさ。見知らぬ妻、白蘭からのラブ・レター。その手紙を読んで涙する。
シェアする