坂口安吾

坂口安吾

坂口安吾『特攻隊に捧ぐ』解説|殉国の情熱と、至情に散る尊厳。

軍部の積悪と戦争を呪う安吾だが、特攻隊だけは可憐な花であったという。安吾の『特攻隊に捧ぐ』を解説する。文明の利器と決死の覚悟。殉国への情熱と、至情に散った尊厳を我々は疑ってはいけないという。平和ボケの日本人よ、父祖たちが、かく戦った記憶を忘れてはいけない。
坂口安吾

坂口安吾『日本文化私観』解説|人間のいる芸術だけが、前進する。

米英を相手に歴史の運命に呑み込まれていった戦争。日本の伝統とは何か、日本人とは何かについての坂口安吾の自己省察である。1.「日本的」ということ 2.俗悪について(人間は人間を)3.家に就いて 4.美に就いての項目からなるものを解説する。
坂口安吾

坂口安吾『文学のふるさと』解説|絶対の孤独と、絶対の自由。

生存それ自体が孕む絶対の孤独、透明な氷を抱きしめたような、悲しさ、美しさ。そんなひとつの切ない「ふるさと」の上に、文学が成り立っている。坂口安吾の創作活動の原点であるエッセイ『文学のふるさと』をあらすじを追いながら解説する。
坂口安吾

坂口安吾『続堕落論』解説|無頼とは、自己の荒野を生きること。

『堕落論』から8か月後に発表される。大きな反響をえた前作を受け、再び天皇と日本人の精神性に対する考えを展開する。戦時中の道徳や戦陣訓、そして戦後の荒廃に対する安吾の視点がうかがえる。安吾の文学論とも繋がる堕落について『続堕落論』を解説する。
坂口安吾

坂口安吾『堕落論』解説|生きよ堕ちよ、正しくまっしぐらに!

坂口安吾のエッセイ『堕落論』。歴史のなかに日本人の本質を紐解き、披瀝しながら、ひとりひとり自らが真理を追究する態度を求めている。戦争に負けたから堕ちるのではない。人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ。正しく堕ちることでのみ、人間は救い得るとする。
坂口安吾

坂口安吾『夜長姫と耳男』あらすじ|好きなものは、呪うか殺すか争うか。

芸術も恋愛も、好きなら呪うか殺すか競うしかないという『夜長姫と耳男』の主題を解説。残酷で無邪気な美しい夜長姫。護身仏を造る若き匠の耳男は、姫が次々に村人を殺すのを怖れ、遂に姫の胸を刺し殺す。妖しい魔性に憑りつかれた仏師の運命のあらすじを追う。
坂口安吾

坂口安吾『桜の森の満開の下』解説|桜の下に、はりつめる静寂。

静寂と透明感の中に、狂気や血塗られた記憶が閉じ込められている『桜の森の満開の下』の主題を解説。それは美しくエゴイズムなものに翻弄されていく男と女の業を、あらすじの鬼気迫るなかに追う。そして一人残された男は花に埋もれ静寂な孤独にただ佇む。
坂口安吾

坂口安吾『白痴』あらすじ|墜ちることで、人間は救われる。

空爆が続き、世間は崩壊し無秩序に。人間の極限を描く『白痴』のあらすじを読み主題を解説。希望のない卑小な暮らしの中、白痴の女と関係を持つ。戦争の狂気と破壊という運命に悲観せず、肉体と本能の魂を呼び起こす。堕ちて生きてこそ人間性の回復がある。
シェアする