芥川龍之介『蜜柑』あらすじ|目に浮かぶ色彩が心を癒してくれる短編

スポンサーリンク

解説>疲労と倦怠をかかえ電車に乗る私。そこに下品な小娘が乗り込んだ。その姿や態度は、まるで世間のように不可解で、下等で、退屈なものだった。 突然、娘はある行動をとり、私に一瞬、人生のつまらなさを忘れさせてくれた。娘がとった行動とは何だったのか。

スポンサーリンク

登場人物


横須賀駅から汽車に乗った主人公の「私」

あらすじ(ネタバレあり)

私の頭の中に、疲労と倦怠が影を落としていた。

横須賀発上りニ等列車。曇った冬の日暮れ、うす暗いプラットホーム、檻に入れられた子犬の悲しそうな鳴き声、そのすべては私の心もちと同じ景色だった。

発車の笛が鳴り、ほんのかすかな寛ぎを感じていたところに、けたたましい日和下駄の音が聞こえ、私の乗る二等室に、一三、四歳の小娘が入ってきて、前方に座った。

私は、この田舎者の小娘を不快に思った。

娘は、髪を銀杏返しに結って、両頬は気持ちの悪いほど赤く火照り、いかにも田舎者だった。

垢じみた毛糸の襟巻をして、膝の上に大きな風呂敷包み、手には三等切符がしっかり握られていた。

私は、この小娘の下品な顔立ち、服装の不潔さ、そして二等と三等の区別をわきまえない愚鈍な心が、腹立たしかった。

それは、不可解な、下等な、退屈な人生の象徴であった。

トンネルに入ると一瞬間、走る方向が逆になったような錯覚がした。

夕刊の紙面には、大戦後の講和問題や汚職事件、結婚や死亡など平凡な記事ばかりでうんざりする。

そして、あの小娘には、卑俗な現実を見せつけられているようだった。

それは、全く、くだらない人生の象徴であった。

この小娘が、なぜか汽車の窓を開けようとしている。

気がつくと、小娘が私の隣の席に移動して、しきりに窓を開けようとしている。

汽車は、もうすぐトンネルに入りそうだ。
そしてまさに、汽車がトンネルになだれ込もうとするその時に、娘は窓を開けた。

トンネルをつたってすすを溶かしたような、どす黒い空気が濛々と車内にみなぎりだした。

私は息もつけないくらいに咳き込んでしまった。

子どもたちに向かって、蜜柑がばらばらと降ってきた。

トンネルを抜けると、見すぼらしい藁屋根や瓦屋根が狭苦しく建て込んで、ものさびしい景色だった。

踏切柵の向こうに、三人の男の子が寄り添って並んでいた。彼らはそろって小さかった。

わざわざ踏切まで見送ってくれた弟たちに、小娘は蜜柑を投げて労に報いたのだった。

私のこころの中に得体の知れない朗らかな心持が湧き上がってきた。

そして、云い様のない疲労と倦怠を僅かに忘れることが出来た。

評価(おすすめポイント!)

十三、四歳の働き手となった娘は、奉公にだされます。

田舎の貧しい、子だくさんな家なのでしょうか。娘は年頃になると奉公に出されます。

奉公先では、朝早くからの飯炊きや子守り、洗濯や掃除など過酷な日々が待っていることでしょう。
現代に生きる日本人には、多分、その辛さは想像できないのではないでしょうか。

教育も受けていないでしょう。十三、四歳で、家族を助けるための労働力として、いつ帰れるか、
いつ奉公明けになるか分からない日々の始まりです。当時は、貧しければどの村もそうでした。

そんな明日を、知ってか知らずか、見送りに来てくれた弟たちを、大空に投げる蜜柑で労います。

私の疲労と倦怠は、一瞬、この光景に焼き付けられて、朗らかな気持ちにかわり湧き上がってきます。

暮色に照らされて、乱落する鮮やかな蜜柑の色。

トンネルを抜けると、寄り添いながら、小鳥のような声をあげる三人の男の子が待っていました。

車窓から五、六個、蜜柑が投げ放たれます。

小娘が投げた鮮やかな蜜柑が、暮色の中、空を舞いながら三人の弟たちめがけて落ちていきます。

日に照らされた鮮やかな蜜柑の色は、一瞬で汽車の窓を過ぎ去ったことでしょう。

無邪気な弟たちは、姉が汽車に乗って、去っていく意味すら理解できないかもしれません。

再び会える日はいつなのでしょう。だからこそ、その美しい光景を焼きつけることができたのでしょう。

そこには、弟たちへの、家族への、娘の優しい思いやりと娘に与えられた宿命を見たことでしょう。

主人公は別人を見るようにもう一度、小娘を見るのですが、相変わらず、ひびだらけの頬を毛糸の襟巻にうずめ、風呂敷を抱えた手に三等切符を握っていました。

このとき、不可解な、下等な、退屈な人生 を一瞬、忘れさせてくれました。

芥川龍之介著「蜜柑」鮮やかな蜜柑に、心の平穏をとりもどす美しい作品です。