芥川龍之介『蜜柑』解説|目に写る色彩が、心を癒した瞬間。

乱落する鮮やかな蜜柑の色が、
不可解で、下等で、退屈な人生を一瞬、忘れさせた。

あらすじ

疲労と倦怠のなか、私の目の前に田舎者の不快な娘が現れる。

ある曇った冬の夕暮れ、私は横須賀発上り二等客車に座り発車を待っています。

頭の中には、何とも言いようのない疲労と倦怠けんたいが、どんよりした影を落しています。

発車の笛が鳴り、かすかなくつろぎを感じていたところに、けたたましい日和下駄ひよりげたの音が聞こえ、十三四の小娘が一人、あわただしく入ってきて前方に座ります。

娘は、髪を銀杏返しに結って、両頬は気持ちの悪いほど赤く火照り、いかにも田舎者らしい。垢じみた毛糸の襟巻をして、膝の上に大きな風呂敷包み、手には三等切符がしっかり握られています。

私はこの小娘の下品な顔だち、服装の不潔さ、二等と三等との区別さえもわきまえない愚鈍な心が腹立たしく感じます。

汽車が隧道トンネルへ入ると一瞬、走る方向が逆になったような錯覚がした。夕刊の紙面には、大戦後の講和問題や汚職事件、結婚や死亡広告などにうんざりする。

この隧道トンネルの中の汽車と、田舎者の小娘と、平凡な記事にうずまっている夕刊と、―これが不可解な、下等な、退屈な人生の象徴だと思った。

暖な日の色に染まった蜜柑が、子供たちの上へ乱落する。

私はうつらうつらし始めた。ふと気がつくと、小娘が私の隣へ移り、しきりに窓を開けようとしている。

隧道トンネルに入ろうとするときに、しめてある窓の戸を下そうとする、その理由が私には理解できなかった。硝子戸は、とうとうばたりと下へ落ち、窓が開いた。どす黒い空気が、濛々もうもうと車内へみなぎり出した。

私のきこみなど、小娘は気にかける様子もなく、窓から外へ首をのばして、じっと汽車の進む方向を見やっている。汽車は隧道トンネルを抜けて、枯草の山と山との間にはさまれた、貧しい町はずれの踏切りに通りかかっていた。

踏切りの向うに、頬の赤い三人の男の子が、目白押しに並んで立っているのを見た。汽車の通るのを仰ぎ見ながら、一斉に手をげ、喊声かんせいを一生懸命に飛び散らせた。

娘は、勢《いきおい》よく左右に手を振る、たちまち心をおどらすばかり暖な日の色に染まった蜜柑が五つ六つ、汽車を見送った子供たちの上へばらばらと空から降って来た。

小娘はこれから奉公先へおもむこうとしており、そのふところの蜜柑を窓から投げて、わざわざ踏切りまで見送りに来た弟たちの労に報いたのである。

暮色を帯びた踏切りと、小鳥のように声を挙げた三人の子供たちと、そうしてその上に乱落らんらくするあざやかな蜜柑の色と――すべてはまたたく暇もなく通り過ぎた。

私の心の上には、せつないほど、はっきりとこの光景が焼きつけられた。そうして、ある得体の知れないほがらかな心もちがき上って来るのを意識した。

解説

心を躍らす暖な日の色に染まる蜜柑の色で、心象風景が変わる。

疲れて汽車に乗る私。他の乗客は無くただ一人、発車の笛を待つ私。薄暗いプラットフォーム、人影もなく子犬が悲しそうに吠えたてる状況は、私の心持ちと同じ情景です。

そこに小娘が乗り込んできます。下品な顔立ちや不潔な服装、二等と三等をわきまえない愚鈍な性格。気を紛らそうと夕刊に目を通してもつまらぬ記事ばかり。

この隧道の中の汽車と、この田舎者の小娘と、そうして又この平凡な記事にうずまっている夕刊と、――これが象徴でなくて何であろう。不可解な、下等な、退屈な人生の象徴でなくて何であろう。

引用:芥川龍之介 蜜柑

そう感じていると、小娘が窓を開けて見送りに来た弟たちを労うために、五六顆の蜜柑を薄暮のなかに勢いよく投げます。

幾顆の蜜柑が、空に浮かび上がり、そして落ちていきます。その先には見送りに来てくれた弟たちの姉思いの姿があります。蜜柑は娘から弟たちへの感謝の気持ちです。

暮色を帯びた町はずれの踏切りと、小鳥のように声を挙げた三人の子供たちと、そうしてその上に乱落らんらくするあざやかな蜜柑の色と――すべては汽車の窓の外に、またたく暇もなく通り過ぎた。

引用:芥川龍之介 蜜柑

それは蜜柑の色のおかげで、憂鬱だった私の心象風景が、一瞬、明るいものになります。

純真で無垢な行為が、現実の辛さを忘れさせてくれる。

新聞の記事として、ベルサイユ講和条約や汚職事件などが出ます。条約の内容や、頻出する汚職は、まさに不可解で下等で退屈なのでしょう。大正デモクラシーの明るい表現の陰では、米騒動や戦後不況さらには軍靴ぐんかの音も聞こえはじめ憂鬱な気分であり、田舎は特に厳しい状況です。

年頃になると子供は奉公に出されます。この娘も働き手となったのでしょう。奉公先では、朝早くからの飯炊きや子守り、洗濯や掃除など過酷な日々が待っています。

十三、四歳で、家族を助けるための労働力として、いつ帰れるのか、いつ奉公明けになるのか分からない日々の始まりです。そんなことを、知ってか知らずか、見送りに来てくれた弟たちを、これから奉公に出る娘は、大空に投げる蜜柑で労います。

辛く厳しい日々を、純朴な行為が忘れさせてくれます。その象徴が暖かな日の色に染まった蜜柑なのです。私は朗らかな気持ちが湧き上がってきます。

私は昂然こうぜんと頭を挙げて、別人を見るようにあの小娘を注視します。

昂然とは、自身や誇りをもち、意気が盛んなさまです。

小娘は相変わらず、ひびだらけの頬を萌黄色の毛糸の襟巻に埋めながら、大きな風呂敷包みを抱《かか》えた手に、しっかりと三等切符を握っています。

私はこの時始めて、云いようのない疲労と倦怠とを、そうして又不可解な、下等な、退屈な人生をわずかに忘れる事が出来たのである。

引用:芥川龍之介 蜜柑

純真無垢で元気な姉弟たちと蜜柑の美しい光景を焼きつけることができました。このとき、不可解な、下等な、退屈な人生を一瞬、私は忘れることができたのでした。

※芥川龍之介のおすすめ!

芥川龍之介『藪の中』その真相に涙する「文芸的な、余りに文芸的な」嘘
芥川龍之介『羅生門』解説|悪を正当化するとき、人は真の悪人になる。
芥川龍之介『トロッコ』解説|漠然とした不安が、ふっと訪れる。
芥川龍之介『蜘蛛の糸』解説|因果応報の慈悲と、利他の大切の心。
芥川龍之介『鼻』解説|外見より内面の自尊心を、笑われる辛さ。
芥川龍之介『芋粥』解説|夢は叶う時より、願い続ける時が幸せ!
芥川龍之介『蜜柑』解説|目に写る色彩が、心を癒した瞬間。
芥川龍之介『杜子春』あらすじ|金持ちでも仙人でもない、正直な暮らし。

蜜柑 (立東舎 乙女の本棚)
Amazonで芥川 龍之介, げみの蜜柑 (立東舎 乙女の本棚)。アマゾンならポイント還元本が多数。芥川 龍之介, げみ作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また蜜柑 (立東舎 乙女の本棚)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。