村上春樹『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』あらすじ|閉ざされた自己の行方、ふたつの不思議な世界。

スポンサーリンク

概要>あまりに強い自己を持つために、博士の実験で無意識の核だけが「私」を支配しはじめる「ハードボイルド・ワンダーランド」、その深層心理の固い殻が街として映しだされた「世界の終わり」。影を剥ぎ取られ心を失っていく「僕」が最後に決めた選択とは何か。

スポンサーリンク

登場人物

ハードボイルド・ワンダーランド(奇数章)


主人公で35歳、離婚歴あり。組織から仕事を受ける腕利きの計算士だが協調性に欠ける。
老博士
生物学者でいろいろな研究をする。計算士の「私」にシャフリングを依頼する。
太った娘
博士の孫娘で17歳。肥満だが魅力的。ピンクの色を好み、メロンの香りがする。
図書館のリファレンスの女の子
29歳、夫と死別。髪が長く細身で美人、胃拡張で食欲が旺盛。一角獣について調べてくれる。
ちびと大男
第三極を名乗るが実は記号士、ちびは緻密で大男はすごい破壊力で「私」の部屋を壊す。
やみくろ
東京の地下に地下道を掘りめぐらし、集団で生きる邪悪な生き物。知性があり人間を憎む。

世界の終わり(偶数章)


主人公で、外の世界から街に入る時、心である影を剥ぎ取られ、図書館で「夢読み」をする。

主人公の心。街に入る時、門番が僕から引きはがす。街のあり方を疑い脱出を計画する。
一角獣
街に生息する金色の獣。心を吸い取り脳に貯める。清らかで美しい生き物で冬に多く死ぬ。
図書館の女の子
一人で番をしていて僕の<夢読み>を手伝ってくれる、僕はどこかで会ったような感じがする。

「街」と「外の世界」を自由に行き来できる唯一の存在。壁の向こうの世界を象徴する。


※ブログ文中の表記は、村上春樹 新潮社文庫<世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド>から

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 全2巻 完結セット (新潮文庫) | 村上 春樹 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで村上 春樹の世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 全2巻 完結セット (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。村上 春樹作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 全2巻 完結セット (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

あらすじ(ネタバレあり)

「世界の終わり」と「ハードボイルド・ワンダーランド」。ふたつの物語が、それぞれ20章で構成され交互に展開され往復しながら深まっていく。「私」と「僕」という同一の主人公の内側(深層心理)と外側(表層心理)の世界で繰り広げられるファンタジー。

「ハードボイルド・ワンダーランド」は、老博士から計算士の「私」の無意識の核に、ある思考回路を埋め込まれる。その謎の解明に動くが、敵対する「組織システム」と「工場ファクトリー」の情報戦争に巻き込まれ、やがて私の意識が無くなり無意識の核の「世界の終わり」だけになることを知るまでの冒険を描く。

「世界の終わり」では、外側の世界から無意識のなかの<街>に訪れた「僕」が、僕の心である影を剥ぎ取られ、<夢読み>として<街>に住み<古い夢>を読みながら暮らす。僕の心である影が死んでしまえば、「僕」は心を失くしたまま永遠に街にいつづけることになる。

これは老博士の脳の実験によるもので、博士の研究室が敵によって破壊されたことで元に戻すことができなくなってしまう。「ハードボイルド・ワンダーランド」の「私」は、もうすぐ感情を司る表層意識の死を迎える。それは「世界の終わり」で、心が喪失したまま生きる、すなわち生きながらの永遠の死を意味する。

「僕」は、僕の影と一緒に「世界の終わり」の<街>からの脱出を図る。しかし「世界の終わり」は、自分自身の「潜在意識のなかの自分」が作った厚い壁に閉ざされた無意識の核であることに気づく。そして<街>には「僕」が愛する図書館の女の子がいる。

「僕」は、影だけを逃がし、「自分」は街に留まり彼女と共に心の覚醒を目指す。

解説(ここを読み解く!)

主人公はお洒落な都市生活者で、固く頑強な自己を持つ。

35歳の主人公は、妻との離婚を経験している。しかし離婚自体に大きな傷心の後はなく、軽やかな生き方である。いろんな女の子とも過去に付き合ってきた。物語では図書館のリファレンスの女の子と付き合いはじめる。

上手な料理を披露し、音楽の趣味や文学への造詣も深い、お洒落でファッショナブルナなライフスタイル。仕事も優秀なコンピューター技師で報酬も良い。引退したらチェロとギリシア語でも習って老後を送りたいと考えながら独身の日々を気儘に過ごしてる。そんなプロファイルができあがる。

半面、この主人公は、固い殻で包まれた自己を持ち自律している。社会や人間関係に深く関わることを避けているが、逆の意味では受け身である。そんな彼が、思わぬ災難に巻き込まれてしまう。

彼の脳は、日常の意識が消えて次第に無意識のみが現れ、さらにその深層心理の核の世界へと繋がっていく

科学技術の進化と、二極分断される世界と人々。

都市化とは近代産業化のことである、その最たるものがデジタルを中心とする情報化である。「ハードボイルド・ワンダーランド」は、近未来の高度情報化テクノロジーのサイエンティフィックなファンタジーでもある。

この物語は、意識と無意識が交差しているような仮想の現実社会を描くが、ここでは情報戦争の対立構造が設定されている。

計算士や組織システムは、暗号を作り守る=秩序、記号士や工場ファクトリーは暗号を解読し盗む=混沌。この混沌には、東京の地下の暗闇を支配するおぞましく邪悪な生き物で、目をもたず、死肉をかじる人間嫌いの「やみくろ」も襲いかかってくる。博士は、組織システムに属していたが、研究の中立性のため組織を辞める。肥満でピンクカラー好きの孫娘は、博士の言葉をこう伝える。

「計算士の『組織』と記号士の『工場』は同じ人間の右手と左手だと祖父は言っていたわ」「つまり『組織』も『工場』もやっていることは技術的には殆ど同じなのよ」「『組織』と『工場』が同じ一人の手によって操られているとしたらどう?つまり左手がものを盗み、右手がそれを守るの」(29章)

東西関係、冷戦、イデオロギー・・・秩序と混沌が交差する。構造化された世界、二極分断される対立軸。そして上層部は結託しているという。その中で、個々人は常に弱者である。だからこそ強い自己本位で固い殻に閉じこもる。

老博士は、生物学者で「音抜き」などさまざまな研究成果を持つ。大脳生理学で深層意識の核を埋め込む研究を行い、優秀で自由気儘な独り身の「私」を人体実験につかい、無意識の核に「世界の終わり」を映像化させることに成功する。しかし情報戦争に巻き込まれて博士の研究室は破壊され、「私」は深層意識に繋がったままの世界から戻れなくなる。それは表層意識(記憶や心)の死を意味する。

「やれやれ」が口癖の主人公。これも飽食の時代の無色透明な都市生活者の象徴である。

真相解明のため冒険する「ハードボイルド・ワンダーランド」。

無意識の核が埋め込まれる「ハードボイルド・ワンダーランド」が展開される。そしてバーチャルリアリティな世界への冒険が繰り広げられる。

厭世と楽観が同居したような主人公は、社会と距離を置く自己本位な「私」でありたいのだが、巻き込まれ型の「私」は、この情報戦争の善意の被害者になってしまう。

「私」は、仕事の要請であるビルの一室に向かう。そこで待っていたピンクの服を着た太った娘に会い、部屋のクローゼットの奥の壁から抜け出て地下に降り、水脈に従い滝をくぐり抜け博士の研究室を訪問する。そこでシャフリングを依頼され、土産にレプリカの一角獣の頭骨を受取る。

私は図書館の女の子と親しくなり、一角獣のことを調べる。突然、太った娘から「祖父がやみくろに襲われたのでは」との連絡が入り、娘と外で待ち合わせするが会えなかった。部屋に戻ると、謎の二人組のちびと大男がやって来て、部屋を壊滅的に破壊され、「私」は腹をナイフで刻まれる。

この太った娘とは、老博士の孫娘で一七歳。肥満なのに美しい娘で、ピンク色が好きで、スーツもピンク。サンドウィッチがとても上手でおいしく、外国語も4か国語に堪能で、アルトサックスも出来て通信機も組み立てる、暗闇もものともしない勇敢なスーパーガール。男と付き合ったことがなく主人公の「私」に好意を抱いており、叱咤激励し私と伴走してくれる。物語の中で唯一、陽性なキャラクター。

「でも愛というものがなければ、世界は存在しないとのと同じよ」(21章)

と太った女の娘は、愛の大切さを「私」に説き、

「これはみんな過ぎていくことなのよ。悪いことはかさなるものかもしれないけれど、いつかは終わることなのよ。永遠につづくことじゃないわ」(23章)

と、くじけそうな「私」を励まし勇気づける。

真相を解明すべく、<私>は、太った娘と一緒に、シャフリングの謎を解くために、東京の地下に生息する化け物のやみくろに邪魔されながらも、老博士の研究室を再度訪れ、ショッキングな事実を聞かされる。

ふたつの物語を繋ぐ、大きな役割を持つシャフリング。

優秀な計算士の能力を有していること、自由気ままな独り身であること、そして何よりも強い自我ゆえに、唯一「私」はシャフリングの脳手術に耐えることができた。そして、「私」の意識の表層を削って、中心の核をビジュアライズした「世界の終わり」が現れる。

「つまり、シャフリングシステムは新しい世界の扉で、僕がそのキイになるってわけかな?」(17章)

博士は、この研究成果を悪用されないために組織システムを辞めたという。「私」の個人的なデータを持ち出し、それをプライベートな研究に利用し、「私」をメインサンプルとしてシャフリング理論をずっと先のほうまで推しすすめたのだ。

普通に考えれば、たまったものではないが主人公の口癖は「やれやれ」である。

博士の実験で、私は無意識の核の「世界の終わり」で永遠に生きることを知る。

博士は「音抜き」を研究するような最高の部類の科学者で、相当に偏屈な人間。この先必ずや世界は無音になるという。何故なら人間の進化にとって音声は不要で、寧ろ有害である。だから早晩音声は消滅するという。そして老博士は言う。

「進化は常につらく、そしてさびしい。楽しい進化というものはありえんです」(5章)

そして「僕」は、博士に何をしようとしていたのか?何をしたのか?その結果どうなるのか?僕は何をすればよいのか?を訪ねる。順番に記すと、以下。

01.博士は「組織システム」につとめ、個人的な別動隊を持っていた。

02. 当時、様々なデータスクランブル方式が記号士に解読され危機的な状況だった。

03.組織システムは、単純で解読不能なデータスクランブル方式の開発を目指す。

04.そこで、この老博士がその開発スタッフの長として招かれる。

05.博士は大脳生理学の分野で、最も有能かつ意欲的な科学者であった。

06.完璧な暗号とは、誰にも理解できないシステムでスクランブルすることと考える。

07.つまり完璧なブラックボックスで、情報をスクランブルして処理をすること。

08.その処理したものを同じブラックボックスを通して、逆スクランブルする。

09.こうすれば使用はできるが本人が分からないから、他人が盗むことができない。

10.ここでいうブラックボックスとは、人間の深層心理のことである。

しかしここで、2つの問題が立ちはだかった。

要するにアイデンティティーの問題で、一人の人間の過去の体験の集積によってもたらされた思考システムの独自性、簡単に呼べば「心」(25章)

ひとつはこのアイデンティーつまり「心」をどうするかという問題。

もうひとつの問題は、人間の深層心理が常に変化していること。(25章)

以上の2つの問題が確認される。表層行為のレベルにおける偶然性と、新たなる体験の増加の問題を解決するためにブラックボックスの変化に着目する。そこで瞬間におけるブラックボックスの固定化を考えた。そしてコールして呼び出す。瞬間冷凍のように。

一人の人間に、二種類の違った思考システムを内蔵させることになる。

つまり意識の核だけを残すのです。そしてその表層を削り取った思考システムを冷凍して井戸の中に放り込むんですな。どぶん、とね。これがシャフリング方式の原理です。(25章)

11.その実験に、私を人体実験として使い脳手術を行った。

12.脳に電気的刺激を与え、脳のサーキットの流れを人為的に変える。

13.手術は成功して、私の頭の中には電池と電極が埋め込まれている。

それからもうひとつ申しあげておかねばならんと老博士は言って、

オリジナル思考システム、つまり、止まった時計の回路はブラインド回路で、自分の思考の流れを一切認識することができない。そして博士は、ブラックボックスの意識の核の映像化を実現した。

僕のシャフリングのパスワードは<世界の終わり>と呼ばれている。(17章)

この実験で計算士26人のうち25人が死んで、何故、「私」だけが可能だったかと言うと、

あんたは極端に、自己の殻を守ろうとする性向があるからという。(25章)

そして渡された計算データのなかには、第三の思考システムに切り替わるためのコールサインが隠されていた。しかし研究室が破壊され大事な資料は全て持ち去られた。このままだと第三回線のままで永久にもとには戻れない。つまりは・・・

世界の終わりの中で暮らすことになる。(25章)

そこは時間もなく空間の広がりもなく生も死もなく、正確な意味での価値や自我もない。

しかし、その世界で失ったものをとりもどすことができるという。

思念というものは時間を永遠に分解している。思念の中に入った人間は不死なのです。正確には不死でなくても、限りなく不死に近いのです。永遠の生です。人間は時間を拡大して不死に至るのではなく、時間を分解して不死に至る(27章)

そして「私」の意識は次第になくなり、無意識の核の「世界の終わり」に向かうことになる。私の知らない間に、私の意識の回路は変えられて私の表層の意識世界は終わろうとしている。私に残され時間は29時間。何をするかをいろいろと考え、結局、図書館の女の子と過ごすことにした。

情報戦争に翻弄された私が、私の意志で選んだことは、博士を許したことと、その孫娘と寝なかったこと。この世界から消え去る最後に、自分の部屋に電話をかけてみる。すると博士の孫娘のピンクカラー好きの太った女の娘が出た。

それでね、あなたの意識がなくなったら、私あなたを冷凍しちゃおうと思うんだけれど、どうかしら?(中略)怖がらないでね。あなたがもし永久に失われてしまったとしても、私は死ぬまでずっとあなたのことを覚えているから。私の心の中からはあなたは失われないの。それだけは忘れないでね。(39章)

冷凍すれば、科学の進歩で蘇りの可能性もあると、太った博士の孫娘は、どこまでも優しい。それは厭世的で楽天的な「私」にぴったりのお別れの挨拶だった。

無意識の核が映し出された「世界のおわり」

「ハードボイルド・ワンダーランド」に繋がっている「世界の終わり」の物語は、高度な情報技術の進化と対比された精神世界、スピリチュアルなファンタジーでもある。

それは、「僕」が外の世界から「世界の終わり」の<街>にやってきたところから始まる。

「とにかくあんたはこれから毎日、図書館に行って古い夢を読むんだ。それがつまりあんたの仕事だよ」(4章)

僕は名前を失い、眼球に印をつけられ<夢読み>と呼ばれる。そして光の無い世界で生きる。名前がないということはアイデンティティーが無いということである。

「世界の終わり」には、心を失っていく人たちが住む<街>がある。「僕」も入り口で僕の心(僕の影)を門番によって切り離され、やがて心を失うことになる。「僕」は<街>の図書館の番を一人でしていた女の子に手伝ってもらい<古い夢>を読むという<夢読み>を日課にさせられる。

街に入るには、門番に自分の影を預けなければならない。そこで、「僕」は影を捨てた。「僕」と離された「僕の影」はこう言う。

「君はこの先後悔することになるんじゃないのかな?」「人と影が離れるなんて、なんだかおかしいじゃないか。これは間違ったことだし、ここは間違った場所であるように俺には思えるね。人は影なしでは生きていけないし、影は人なしでは存在しないものだよ。それなのに俺たちはふたつにわかれたまま存在し生きている。こんなのってどこか間違っているんだよ」(6章)

影は、この街は「僕」に良い影響を与えないと言う。影はチャンスを見つけてここを抜け出し、二人でもとの世界に戻ろうと言う。そして影は門番に預けられる。

「この街ではだれも影を持つことはできないし、一度この街に入ったものは二度と外に出ることはできない」(6章)

と門番は言う。そして僕は、影を失う。

「僕」は、「影」と一緒に街を脱出しようと計画する。「影」が死んでしまえば、街に住めるが「心」を失ってしまう。「街」は、不安も苦悩も無いかわりに、喜びも至福もない。固く閉ざされた自我の世界。

街は、壁に囲まれた閉鎖的な世界。それは、世界の終わりだった。

影は、僕に森を調べろと言う。森の奥はひっそりと平和な世界が広がっていた。深い自然のもたらす大地の鮮やかな息づかいがあたりに充ち、僕の心は静かに解きほぐされた。

「僕」は、図書館で彼女に手伝ってもらいながら<夢読み>をして生活をする。そして門番と会話し、老大佐とチェスをしながら「街」について調べる。そして門の外と内を行き来する獣たちや、壁や森や川や時計塔や季節の移り変わりを感じながら過ごす。

何かが、何かの力が、僕をこの世界に送り込んでしまったのだ。何かしら理不尽で強い力だ。そのために僕は影と記憶と失い、そして今心を失おうとしているのだ。(10章)

「この街は不自然で間違っている」と影は言う

君は自己を失ってはいない。ただ記憶が巧妙に隠されているだけなんだ。だから君は混乱することになるんだ。(中略)心というものそれ自体が行動原理を持っている。それがすなわち自己。自分の力を信じるんだ。(24章)

鳥を見ていると自由を感じる、自分が間違っていないことが解る。