太宰治

太宰治の作品をまとめました

太宰治

太宰治『水仙』あらすじ|芸術家は自分の才能を信じ、世評を気にせず。

なぜ水仙の絵を破ったのか?その意味するものは何か?『水仙』のあらすじを読み解説する。芸術は常に煩悶と祈りの中にあり、世間のおだてやへつらいに乗じず、酷評や批判にも動ぜず、自分の才能を信じて疑わず。芸術家の生き方を理解しその謎を解く。
太宰治

太宰治『グッド・バイ』あらすじ|人生即別離、さよならだけが人生だ。

紳士淑女の別離の様相を描こうと構想され10回までの原稿を渡し絶筆、未完となる。太宰晩年の作品『グッド・バイ』のあらすじと解説。ユーモアとペーソスが入りまじるドンファンの別れの顛末。戦前、戦中、戦後と小説で愛を届けた無頼派の人生に合掌。
太宰治

太宰治『お伽草紙/カチカチ山』あらすじ|少女の心には、残酷な兎がいる。

十六歳のアルテミス型の美少女の兎に、痛めつけられ溺れ死ぬ中年の狸。太宰の『カチカチ山』のあらすじを読み主題を解説。女性には無慈悲な兎が住んでいる、狸は近寄るなかれ。新説、お伽草子「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」を1作ずつ紹介。
太宰治

太宰治『お伽草紙/舌切り雀』あらすじ|あれには、苦労をかけました。

欲の無いおじいさんは雀と楽しく過ごし、欲張りのおばあさんは金貨の葛籠に埋もれて死ぬ。太宰の『舌切り雀』のあらすじを読み主題を解説。勝手気儘は、すべて女房のおかげ。新説、お伽草子「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」を1作ずつ紹介。
太宰治

太宰治『お伽草紙/浦島さん』あらすじ|年月は、人間の救いである。

浦島は風流を求め竜宮に招かれるが、あまりの優雅に俗世が恋しくなる太宰の『浦島さん』のあらすじを読み主題を解説。長い年月が経ち、陸に戻り玉手箱を開け忘却に救われる。新説、お伽草子「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」を1作ずつ紹介。
太宰治

太宰治『お伽草紙/瘤取り』あらすじ|性格は、人生の悲喜劇を決める。

同じ行為をしても片方は瘤が取れ、片方は瘤が増えた。太宰の『瘤取り』のあらすじを読み主題を解説。この不平等となってしまった、二人のおじいさんの性格の違いに人生を学ぶ。新説、お伽草子「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」を一作ずつ紹介。
太宰治

太宰治『ヴィヨンの妻』あらすじ|荒んだ戦後に生きる、妻の覚悟。

神に怯えるエピキュリアン。都合の良い言い訳ばかりの放蕩な夫、大谷の言動に生を淡々とかみしめる太宰治『ヴィヨンの妻』のあらすじと解説。戦後の混乱の中、世間が道徳を見失い、生きることを優先する時代。太宰はそんな自分の生き方を妻に納得させたい。
太宰治

太宰治『桜桃』あらすじ|子育てと家事を横目に、創作の苦労を描く。

「子どもより親が大事と思いたい」で締められる太宰治の『桜桃』のあらすじと解説。これは夫婦喧嘩の小説と前置きがある。育児と家事に追われる妻を横目に、女のいる酒場に行く。桜桃を食べながら小説の産みの苦しみをペーソス溢れる太宰の文章に味わう。
太宰治

太宰治『きりぎりす』解説|お別れします、妻から夫への告白。

「背筋の下でこおろぎが鳴き、背骨の中できりぎりすが鳴く」とはどういう意味なのか?太宰治の『きりぎりす』のあらすじと解説。売れない画家と十九歳の妻、売れて俗物化したあなたと、二十四歳になった私。何故、きりぎりすなのか?鳴き声にその意味を考える。
太宰治

太宰治『走れメロス』あらすじ|死を越えた、友情の大切さ。

無頼派の太宰には珍しく快活で健康的な作品。正義と純真を信じ友情を守る『走れメロス』のあらすじと解説。信実は不信の王の心を打ち、勇者の姿に乙女は恥じらい、群衆は沸き立つ。明るく溌溂とした人間賛歌に、生に漲った太宰の幅の広さを楽しむ。
シェアする