芥川龍之介『藪の中』完全解説|その真相に涙する「文芸的な、余りに文芸的な」嘘

猫枕読書会

構成に注目すると全ての謎が解ける!

 藪の中での殺人事件、当事者三人の証言は矛盾しています。しかしこの作品の構成に注目して丁寧に読めば、事件の真相、3人が嘘を付く理由が解ります。読者が真相にたどり着けるように、作者はヒントをちゃんと書いているのです

 はじめに、死体の第一発見者、容疑者を逮捕した検非違使けびいしの役人、被害者の家族等から事件の様相と容疑者、被害者の情報が次々と明かされます。

  • 山中の馬なぞには入れない、藪の中。烏帽子をかぶった、胸もとに突き傷のある男の死体発見。(その傷口には一匹の馬蠅がべったり食いついている
  • 傍らには縄が一筋と櫛が落ちていて、周辺の草や竹の落ち葉は一面に踏み荒らされていた。
  • 容疑者、名高い盗人、多襄丸たじょうまる。被害者の持ち物だった弓矢を所持。落馬して、うんうん唸っているところを逮捕された。馬は、被害者が連れていた妻が乗っていた馬であるようだ。多襄丸は女好きで、神社にお参りに来た女と少女が殺された事件も彼の仕業であるらしい。
  • 被害者の身元判明。あるおうなが自分の娘の婿むこに間違いない、と確認。
  • 被害者は、金沢武弘(26歳)若狭の国府の侍。優しい気立てで、怨恨を受けるはずはない。
  • 武弘が連れていた妻、真砂まさご(19歳)は行方不明。男にも劣らぬくらい勝気だが、まだ武弘の他には、男を持った事はない。浅黒い、小さい瓜実顔うりざねがお眼尻めじり黒子ほくろ

 ここまでの事件関係者たちの証言で、注目したいのは、当事者三人の性質です。(第一発見者の意味ありげな言葉については、後で触れます。)
 三人の性質を単純に抜き出すと、

  • 多襄丸 女好き
  • 真砂  勝気
  • 武弘  優しい

 となりますが、注意が必要です。
 言葉の上では、たった一言で表される彼らの「性質」ですが、その実態「本質」を見究めなければいけません。その「本質」が真相を見抜くヒントになります。そして当人たちは、嘘をついて自身の「本質」を隠すという構成の話なのです。

 多襄丸の本質は既に明らかです。彼を逮捕した放免によると、多襄丸は鳥部寺にお参りきた女と少女を殺したようですから、「女好き」と言っても「色好み」なんてものではなく、暴力的な卑しい肉欲の持ち主、というのが、その実態です。

 では、真砂の「勝気」の実態は?多襄丸のような挿話はありません。代わりに外見の特徴が述べられています。「瓜実顔」は平安時代の美人の条件ですが、「浅黒い肌」にたくましさを「目尻の黒子ほくろ」になまめかしい色気を作者は添えたのでしょうか。それにしても真砂の母である媼の言葉『これは男にも劣らぬくらい勝気の女でございますが、まだ一度も武弘のほかには、男を持った事はございません。』がなんだか奇妙に感じられます。「勝気」であるのにもかかわらず、今のところは武弘以外に男を持った事が無いのだ、と言っているようにも聞こえます。真砂の「勝気」とはいったいどんなものなのか、要注意です。武弘の「優しい気立て」についても媼の証言からは、詳しいことは分かりません。
 という訳で、ヒントは

  • 多襄丸 女好き(と言っても、卑しい肉欲の持ち主)
  • 真砂  勝気(?)
  • 武弘  優しい(?)

 3人の本質に注意しながら、証言を順序通りに読みます。
 彼らは「自身の本質を隠す嘘をつく」という点にだけ気を付けましょう。

①「女好き」な多襄丸の白状

 多襄丸は、昨日の昼すぎ、金沢夫妻を見かけた。女の顔が「女菩薩のように見え」て、「たとえ男を殺しても、女を奪うと決心した」と言っています。菩薩に見えた女を犯そうとは、なんという罰当たり。だから馬から落ちたのでしょう。

 多襄丸は、この若い夫婦を山の中へ連れ込む作戦を実行しました。古塚で発見した宝物を山に隠してあるので、安い値段で売りたい、と儲け話を武弘に持ち掛けたのです。武弘は、欲に目が眩んで、まんまと騙されました。彼は、山中の藪の中に連れ込まれ、あっという間に組み伏せられ、杉の木に括りつけられてしまいます。口に竹の落葉を詰められ声も出せません。

 次に多襄丸は、その藪の中へ真砂を連れ込みました。夫が杉の根に縛られているのを見つけた途端に真砂は、懐から小刀さすがを引き抜きます。確かに「勝気」な女です。山賊相手に、小刀ひとつで立ち向かうなんて。この時の立ち回りで、死体の周辺が踏み荒らされ、真砂の櫛が落ちたのです。結局多襄丸が真砂の小刀を打ち落とし、縛られている夫の前で手ごめにします。で、その後どうなったか?多襄丸の証言を引用します。

 男の命は取らずとも、――そうです。わたしはその上にも、男を殺すつもりはなかったのです。所が泣き伏した女をあとに、藪の外へ逃げようとすると、女は突然わたしの腕へ、気違いのようにすがりつきました。しかも切れ切れに叫ぶのを聞けば、あなたが死ぬか夫が死ぬか、どちらか一人死んでくれ、二人の男にはじを見せるのは、死ぬよりもつらいと云うのです。いや、その内どちらにしろ、生き残った男につれ添いたい、――そうもあえぎ喘ぎ云うのです。わたしはその時猛然と、男を殺したい気になりました。(陰鬱なる興奮)

多襄丸の白状

 驚くべき展開です!「勝気」な真砂が、自分を辱めた男にすがりつくとは!
 さっさと立ち去ろうとする多襄丸に、わざわざ真砂みずかすがりつき「どちらか一人死んでくれ」と男達に決闘を促します。「生き残った男につれ添いたい」―­­―生き残った男がたとえ卑しい盗人でも、彼女は全く気にしない。強いほうにつれ添いたい。

 真砂の母が言った言葉の意味が、ここで解けます。真砂の「勝気」の本質とは、敗者を捨て、勝者に寄り添うという意味だったのです。武弘より強そうな男を見つけた真砂が、今その「勝気」な本性をあらわにしたのです。
 で、彼女の発言を聞いた多襄丸はどうしたか?

わたしは女と眼を合せた時、たとい神鳴かみなりに打ち殺されても、この女を妻にしたいと思いました。妻にしたい、――わたしの念頭ねんとうにあったのは、ただこう云う一事だけです。これはあなた方の思うように、いやしい色欲ではありません。

多襄丸の白状

 「卑しい色欲」しかない盗人、がその本質を隠そうと、嘘をつきました。彼は「たとえ殺されてもこの女を妻にしたい」なんて事は思いません。卑しい色欲しかないので、コトが済めば、女に用は有りません。縛った武弘をそのままにして太刀、弓矢、馬を奪って、さっさと逃げたはず。武弘は烏帽子を被ったまま死んでいたのですから、男同士の決闘は行われなかったのです。

 けれど、多襄丸には真砂の発言がよほど愉快だったのでしょう。そこから「女のために武士と決闘する己」の華麗な物語を思い付き、語ってみたのでしょう。どうせ、極刑です。卑しい色欲しかない盗人として死ぬより面白い。そうそう、彼は検非違使の前で、盗人猛々しく偉そうな口を利いてましたね。
 この部分こそが本当の「多襄丸の白状」です。

どうせ女をうばうとなれば、必ず、男は殺されるのです。ただわたしは殺す時に、腰の太刀たちを使うのですが、あなた方は太刀は使わない、ただ権力で殺す、金で殺す、どうかするとおためごかしの言葉だけでも殺すでしょう。なるほど血は流れない、男は立派りっぱに生きている、――しかしそれでも殺したのです。罪の深さを考えて見れば、あなた方が悪いか、わたしが悪いか、どちらが悪いかわかりません。(皮肉なる微笑)

多襄丸の白状

 この言葉、そっくりそのまま彼自身に当てはまります。
 多襄丸は太刀を使わずに、武弘を殺しました。夫の目の前で妻を犯す、という蛮行によって。言い換えれば、もうひとつの「腰の太刀」!を使って殺したのです。なるほど血は流れない、武弘は立派りっぱに生きている、――しかしそれでも殺したのです。罪の深さを考えて見れば、実際に刺殺してしまった真砂が悪いか、多襄丸が悪いか、どちらが悪いかわかりません。