小林多喜二

小林多喜二

小林多喜二『蟹工船』あらすじ|地獄の虐使に、決起する人々。

解説>「おい地獄さ行ぐんだで!」人権を剥奪され蟹工船に従事する人々の非人間的な生活と、その苦悶の連続から発生した未組織労働者のストライキの経緯を船内の過酷な描写とオホーツク海の荒涼たる漁場での死闘を通して伝えるプロレタリア文学の傑作。
シェアする