夏目漱石

夏目漱石

夏目漱石『草枕』完全解説!全ての謎と物語の構造を解く|謎解き『草枕』その6

「憐れ」が那美の顔に浮かんだ理由を徹底的に考察。答えはやっぱり「文芸の哲学的基礎」にあり。/「探偵」とは誰の事?「屁の勘定」って何?/「智・情・意三部作」?『草枕』と『三四郎』を併せて読むと面白い!謎解き『草枕』最終回です。
夏目漱石

夏目漱石『草枕』完全解説!全ての謎と物語の構造を解く|謎解き『草枕』その5

二人の芝居合戦に何故「憐れ」は浮かばなかったのか?『草枕』の主題と構造から解説します。鍵は夏目漱石「文芸の哲学的基礎」にあり。/非人情を気取る画工に欠けていたものは何だったのか?オスカー・ワイルドの説、芸術家として最高の態度とは?「藤村操の死」が喚起する「覚悟」。ついに画工の勇気も湧きます。
夏目漱石

夏目漱石『草枕』完全解説!全ての謎と物語の構造を解く|謎解き『草枕』その4

那美が全裸を披露するのは何故なのか?九寸五分は何故閃くのか?男の身勝手「長恨歌」VS女の暴走「サロメ」、物語中の絵になる場面「不人情」対決編。謎解きも、いよいよ難解になってきます。
夏目漱石

夏目漱石『草枕』完全解説!全ての謎と物語の構造を解く|謎解き『草枕』その3

「非人情」の真の意味を問う「非人情」対決編。「非人情」を乱用する画工との洒脱な会話に隠れた那美の問いかけとは?泰安の首にかじりつき、狂気を演じる那美の真意を大徹和尚が語ります。芸術論が難しい6章には『草枕』の秘密が書かれていますよ。
夏目漱石

夏目漱石『草枕』完全解説!全ての謎と物語の構造を解く|謎解き『草枕』その2

近々身を投げるかも知れない、と言う那美の真意とは?地震で揺れる椿は何を意味する?画工が描く水死した女と散った椿の絵のもう一つの意図。二人の芝居合戦「人情」対決編。長良の乙女VS鏡が池の嬢様、あなたが共感できるのはどっち?
夏目漱石

夏目漱石『草枕』完全解説!全ての謎と物語の構造を解く|謎解き『草枕』その1

有名な冒頭文に隠された主題は「智・情・意」と文芸。夢幻能に見立てられた物語。画工と那美の「芝居合戦」を丁寧に読み解き、誰も語らない複雑な『草枕』の筋と構造を明らかにする、全6回のシリーズです。
夏目漱石

夏目漱石『草枕』登場人物まとめ

『草枕』の登場人物を整理しました。夢幻能に見立てられた世界ですから死者も大切です。/謎解き『草枕』目次、謎解き『草枕』文中の図等もまとめて掲載しています。
夏目漱石

夏目漱石『こころ』あらすじ|厭世的な心が、自死にむかう。

概要>自由や自我の追求が、心のうちにある自己本位や独占欲を曝け出す。結果、人間不信に陥り厭世的な心持ちを引きずり淋しく生きさらばえる。恋や財産、友情など物我の関係で人は試練に出会う。<K>との出来事を語る<先生>の遺書を、<私>はいかに捉えたのか。
夏目漱石

夏目漱石『三四郎』あらすじ|人はみな、ストレイシープ。

概要>九州から上京し、東京大学に学ぶ三四郎。都会の景色、知識人や友人との人間関係に、郷里と学問と恋愛の三つを束ねる人生を夢見る。そして自由な恋愛観に生きる美禰子への初恋と失恋。明治日本の自我と自由に対して、警句を交え描く悩める青春小説。
夏目漱石

夏目漱石『坊ちゃん』あらすじ|明治を生きた漱石の、本統の歴史観。

概要>曲がったことが大嫌いで、正義のためなら自身を顧みない坊ちゃん。ずる賢い赤シャッに立ち向かい、そして潔く美しく敗北する。東京から松山の中学校に赴任した、坊ちゃんが巻き起こす正義感あふれる痛快で純朴な物語。漱石は近代日本をどう捉えていたのか。
スポンサーリンク
シェアする