田山花袋

田山花袋

田山花袋『蒲団』解説|中年男のキモイ、恋の妄想。

日本の自然主義文学を代表する田山花袋の『蒲団』のあらすじを読み主題を解説。現実を赤裸々に描き、衝撃を与える手法が、その後の私小説の方向性を決める。明治の女性の自我の開放という何とも自由な気風のなかで、キモイ男の恋の妄想感こそが衝撃なのだ。
シェアする