芥川龍之介『鼻』あらすじ|外見より内面の自尊心を笑われる辛さ。

スポンサーリンク

解説>顎まで届く5,6尺の長い鼻を笑われる高層が、鼻を低くしてからの笑われ方は、自尊心を貶め辱められる笑いだった。人は外面の笑いよりも、それを隠そうとする内面の弱さにこそ蔑みを含んだ笑いがこめられる。コンプレックスとの良いつき合い方を考える。

スポンサーリンク

登場人物

禅智内供(ぜんちないぐ)
宮中の内道場に奉仕する高僧。顎までとどく大きく長い鼻を持つ。
弟子
食事をするときに内供の鼻を木の片で持ち上げてやっている。
中童子
お寺での給仕や内供の雑用の世話をする十二、三歳の少年。
小法師
内供に仕える身分の最も低い僧

あらすじ(ネタバレあり)

高僧の禅智内供は、顎の下までなる長い鼻に気を病んでいた。

京都の池の尾(宇治市)の高層の禅智内供(ぜんちないぐ)の鼻と言えば、あたりに知らない者はいない。
長さは15センチ以上もあって、細長い腸詰のような鼻がぶらり顎の下まで下がっている。

禅智内供は、幼い修行時代から内道場供奉(ないどうじょうぐぶ=内供)の職になった五十歳まで、ずっとこの鼻が苦になってきたが、表面では、さほど気にならないような顔をしている。仏を仰ぎ慕う僧侶の身で、鼻のことなど心配してはいけないと思うし、それよりむしろ、鼻を気にしている自分を周囲に知られるのが嫌だったからである。

内供が、鼻の長いのが困るのは、ひとつには不便なこと。食事をするとき、鼻が食器に入って邪魔で一人では上手く食べることができずに、弟子に木の片で鼻を持ち上げてもらっている。

一度、弟子の代わりをした中童子がくしゃみをして手がふるえ、鼻を粥に落としときなどは京都まで言いはやし伝えられた。これによって自尊心がおおいに傷つけられた。

町の人々は、僧でよかった。普通の身分なら嫁の来てもないとか、あの鼻だから出家したと口々に言う。

自尊心を回復しようと、鼻が短くなる方法をあれこれ試した。

内供の自尊心はデリケートで、そこで何とかその自尊心を回復しようと試みた。

そのために、鏡の前で鼻が短くなる方向やしぐさを考えてみたがうまく行かなかった。また、同じような鼻の人間を見つけて安心したかったのだが、そのような者もいなかった。さらに仏典の中に、同じような鼻を探して気を晴らそうとしたが、目連(もくれん)や舎利弗(しゃりほつ)をはじめ誰も鼻の長い人物はいなかった。

内供は積極的に鼻の短くなる方法もことごとく試した。烏瓜を煎じて飲んだり、鼠の尿を鼻へなすったり、しかし何をしても鼻は依然として長かった。

ある年、弟子の僧が京都の医者から長い鼻を短くする方法を教わってきた。

内供は、自尊心が高く自分からはその方法を試すことを言い出せないのを弟子が察して、ぜひこの方法を試してみるべきと言われその熱心な勧告に聴従するということになった。

その方法は、簡単で、湯で鼻を茹でて、その鼻を人に踏ませるというものであった。

弟子は茹った湯に、顔に火傷をしないように折敷(おしき=木で出来た食台)に穴をあけて、その穴に鼻だけを入れるようにした。鼻は熱く感じず熱湯に蒸された。茹った時分に、今度は、弟子はその鼻を両足に力を入れて踏みはじめた。

鼻は痛くはなく、むしろむず痒い感じで踏まれると気持ちが良いくらいだった。しばらく踏むと粟粒のようなものが鼻に出来て、これを毛抜きで抜く。内供は不承不承に弟子のすることに従った。

そうしてもう一度、同じように茹でた。

鼻が短くなったのに、不幸を喜ぶ別の笑いが向けられた。

すると、鼻は嘘のように委縮して、なるほど、鼻が短くなっている。顎の下まで長かった鼻は、今は僅か上唇の上でとまっている。

もうこれで笑うもはおるまい、内供は満足そうに眼をしばたいた。

内供はまた元に戻るでは無いかと心配し、ことあるごとに鼻に手をあてて確かめたが、その日も、翌日も鼻は依然として短い。内供は、これまでにないほどのびのびとした気持ちになった。

ところが二三日たってみて内供は、周囲が変わっていることに気がついた。

池の尾を訪れた侍は前よりも一層可笑しそうな顔をするし、鼻ばかりをじろじろと眺めている。中童子などは、すれ違いに下を向いて笑いをこらえていたが、とうとうぷっと大きく吹き出す。下法師も、内供が後ろを向くとすぐにくすくすと笑い出す。

内供は、はじめは自分の顔がかわったせいだと解釈した。

もちろん中童子や小法師が笑う原因は顔かわりだろうが笑う様子が違う。

人間の心には、矛盾した二つの感情があり、誰もが他人の不幸には同情をするが、その人がどうにかして不幸を切りぬけると、何か物足りないような気持になる。誇張して言えば、もう一度その人を同じ不幸に陥れたいような気にさえなる。

これが、この傍観者の利己主義である。

もとの長い鼻に戻ると、もう笑うものは無く気持ちがはればれとした。

鼻の世話をしてくれた弟子は「内供は仏様の罪を受けるぞ」と陰口をたたき、悪戯な中童子は、長かった内供の鼻を支えたあの木の片で「鼻を打たれまい」と囃子ながら犬を追いかける。

内供は、鼻が短くなったのが、かえって恨めしくなった。

すると翌朝、内供の鼻はもとの顎の下までの昔の長い鼻にまた戻っていた。内供は、鼻が一夜のうちに元通り長くなったのを知った。

そして鼻が短くなった時と同じようなはればれとした気持ちがどこからともなく帰ってくるのを感じた。

こうなれば、もう誰も笑うものはないにちがいない。

内供は、こころの中でこう自分につぶやいた。

評価(おすすめポイント!)

5,6尺の長い鼻が、短くなったのになぜ笑うのか。

内供の5,6尺(15~18cm)の長い鼻を、知っているから短かくなったことが可笑しいのである。当り前だが、最初から短ければ可笑しくないし、内供の鼻が長かったことを知らない人は、可笑しくはないのだ。

では、長い鼻の内供を知っている人が、短くなって笑ってるんだから、これは、内供への侮辱となり自尊心を大いに傷づける。短い鼻が可笑しいのではなくて、長い鼻を短くした内供を笑っているのである。

『傍観者の利己主義』とあるが、人間は、このような残酷な一面をもっている。

さらにこの話は、仏の道を修業し説く僧の世界であり、高僧や中童子や小法師というお寺を中心にした話になっているところがよりシニカルで面白い。

長い鼻のときの笑いと、短い鼻の時の笑いの違い。

内供の長い鼻のときの笑いの本質は、外見上の異形です。

5,6尺(15~18cm)で顎の下まで届く腸詰のような長い鼻を笑っています。人間は、それほど徳の高い生き物でもなく、皆と同じでない異形を笑います。まして相手が高僧で、身分が低く、修行の足りない中童子や小法師や俗世間の話など含めて、『外見上の異形』が笑いの対象になるのは納得できそうです。

内供の短い鼻のときの笑いの本質は、何でしょうか。

普通の鍵鼻くらいになったのですから、間違いなく形状が可笑しいのではありません。では何が可笑しいか。この自尊心が、さらには高僧ともあろうに俗な気持ちが可笑しい訳です。これは見慣れると何でもなくなるということではなく、『内面の自尊心』から発した過度のコンプレックスを隠そうと対処したことを、さらに傷つける訳ですから残酷です。そしてこれは傍観者の利己主義のなす行為です。

顎の下まで鼻のある方は、実際には、そういなさそうだが、アフォリズムとして捉えてみると、外見より内面の方が、やはり傷は深い。コンプレックスにどう構えるかという生き方を問われます。

作品の背景

芥川龍之介の作品を、初期、中期、晩年の3つにわけると「鼻」は初期の短編小説。いわゆる王朝物という、わが国、平安朝に時代をとった作品群のひとつである。説話文学を典拠にしている。『今昔物語』の「池の尾の禅珍内供の鼻の語」及び『宇治拾遺物語』の「鼻長き僧の事」を題材としといる。人間の内面、「人の幸福をねたみ、不幸を笑う」という人間の心理、エゴイズムを描き出した作品だと言えます。

発表時期

1916年(大正5年)、『新思潮』の創刊号にて発表。この雑誌は、作者が菊池寛、久米正雄、松岡譲などと共に発刊した同人雑誌である。芥川龍之介、当時24歳。初期の短編小説。前年に、夏目漱石の門下に入っており、『鼻』は漱石に絶賛され、これを契機に新作の注文を受けるようになった。1918年2月、塚本文と結婚。その後、1919年(大正8年)海軍機関学校の教職を辞して新聞社に入社、創作に専念する。