芥川龍之介『桃太郎』あらすじ|鬼が島は楽土で、桃太郎は侵略者で天才。

スポンサーリンク

概要>伊弉諾(いざなぎ)の国産みの神話の桃の木は八咫烏(やたがらす)に啄まれ、落ちた桃から生まれた桃太郎が、犬猿雉を伴い鬼退治。鬼たちは平和で静かに暮らすなか、何故、征伐されるのか分からない。芥川の桃太郎、侵略者なのに天才とされる理由を考えます

スポンサーリンク

登場人物

桃太郎
国生みの神話由来の桃の木から産まれた、腕白な日本一の男の子。

野良犬で、ひもじいため黍団子半分で桃太郎の家来になる。

鬼ヶ島の打ち手の小槌づちに欲がくらんで、家来になる。

皆と同じ黍団子半分で家来になる、地震予知の能力がある。
鬼の酋長
鬼ヶ島をなぜ侵略するのか、桃太郎にその理由を質問する。

あらすじ(ネタバレあり)

話し伝えられる昔話には、いろいろなストーリーや類型があり、同じような話が日本だけでなく世界にあります。まず、標準を確認して芥川の『桃太郎』を味わっていきます。

標準的な「桃太郎」のお話。

一般的に普及している物語は、お婆さんが、川で洗濯をしていると川上から大きな桃が流れてきて、家で食べようとすると桃が割れて中から男の子が出てきます。

お爺さんとお婆さんは喜び”桃太郎”と名づけます。若者になって、力持ちの桃太郎は、鬼退治に行くことになります。黍団子(きびだんご)を腰に鬼を探し歩いていると、犬がやってきて、黍団子をもらって加わります、同じように、猿も雉も加わり一行は鬼の棲家に辿り着き奮戦します。

犬は足にかみつき、キジは目をつつき、猿はひっかきます、そして桃太郎は投げ飛ばします。鬼たちは降参して、盗んだ財宝を返します。村に帰りお爺さんもお婆さんも村人も喜び、それから平和に暮らしました。という話で、皆で力を合わせての勧善懲悪となっています。

桃太郎は一万年に一度の運命で、お婆さんの前に現れた赤子だった。

むかしむかしの大むかし、人間の知らないある深い山に大きい桃の木がありました。枝は雲の上に広がり、根は黄泉の国まで及ぶほどの、それはとんでもない大きさでした。

何でもこの桃の木は日本神話の国産みの伊弉諾(いざなぎ)の尊が投げた桃の実が大きくなり枝になったというもので、一万年に一度、花を咲かせ実をつけます。そして不思議な事に、その実の中に赤子を一人づつ孕んでいます。ある朝、運命は一羽の八咫烏(やたがらす)となり、そのひとつを啄み落としました。それは遥か下の谷川へ落ちます。

そしてこの赤子を孕んだ桃の実は、深い山の奥から谷川を流れていき、下流で一人、洗濯をしていたお婆さんのところへ流れつきました。

桃太郎は、鬼ヶ島征伐を思い立ち、お爺さんもお婆さんも喜んで送り出す。

桃太郎は、お爺さんやお婆さんのように、山や川で仕事をするのがいやで、鬼ヶ島征伐を思い立ちます。老人夫婦も腕白な桃太郎に愛想をつかしていたので、旗や太刀や陣羽織と出陣の支度をして、食糧に注文通り黍団子をこさえます。

桃太郎が意気揚々と黍団子を腰に結わえ鬼退治の途に就くと、野良犬がやってきて「お腰につけたものは何ですか?」と訊ねるので、桃太郎は「日本一の黍団子だ」と答えます。犬は黍団子欲しさに家来になると言います。

「一つください」「半分ならやろうと」と繰り返し問答になるが、持たぬものは持つものの意志に服従するしかなく、半分貰う代わりに伴をする事になります。桃太郎が、半分を餌食に、猿や雉も家来にします。しかし3匹は仲が悪く、また欲張りで桃太郎はこれをまとめていきます。

鬼ヶ島は美しい天然の楽土で、鬼たちは平和で安穏に暮らしていました。

鬼ヶ島は絶海の孤島ですが、椰子がそびえたり、極楽鳥が囀ったりする天然の楽土でした。

鬼も琴を弾いたり踊りを踊ったり、詩を歌ったり安穏に暮らしています。鬼の妻や娘も機をおったり、酒を醸したり蘭の花束を拵えたり人間と変わらず暮らしていました。

そして「悪戯をすると人間の島にやってしまうよ。そこでは、嘘は言うし、欲は深いし、焼餅は焼くし、自惚れは強いし、仲間同士殺しあうし、火はつけるし、泥棒はするし、手のつけようのない毛だものなのだよ・・・」と鬼の母は孫を守りしながら話します。

桃太郎は、こういう罪のない鬼に建国以来の恐ろしさを与えたのです。

桃太郎と犬猿雉はあらゆる罪悪を行い、とうとう鬼の酋長は降参しました。

桃太郎は桃の旗を片手に、日の丸の扇を打ち振り「進め!進め!鬼という鬼は見つけ次第、一匹残らず殺してしまえ!」と犬猿雉の三匹に号令します。

犬猿雉は、仲の良い家来ではないのですが、飢えた動物ほど忠勇無双の兵卒の資格をそなえており、犬は鬼の若者を噛み殺し、雉は嘴で鬼の子どもを突き殺し、猿は鬼の娘を殺す前に凌辱をします。

そして、桃太郎は力に任せて片っ端から鬼を投げ飛ばします。

とうとう酋長の鬼は、命をとりとめた数人の鬼と、桃太郎の前に降参します。

鬼ヶ島は、楽土から変わり果て、椰子の林は鬼の死骸を撒き散らしました。

鬼ヶ島を何故、征伐されたのかが、鬼の酋長には分からず質問します。

そして「格別の憐憫により命は許してやるので、鬼ヶ島の宝物はひとつ残らず献上せよ、さらに子供を人質に差し出せ」と桃太郎は厳かに言います。

鬼はそれに従い平伏しながら質問をします。「わたくしどもはあなた様に何か無礼でもしたため、ご征伐を受けたことと思っていますが、思い当たる節が無く、教えてくれませんか」と。

すると桃太郎は「日本一の桃太郎は犬猿雉の三匹の忠義者を召し抱えたゆえ、鬼ヶ島へ征伐に来たのだ」と答えます。

鬼の酋長は「ではお三方をお召し抱えなさったのは、どういう訳でしょうか」と訊ねると、

桃太郎は「鬼ヶ島を征伐したいと志したゆえ、黍団子をやっても召し抱えたのだ、どうだ、これでも分からなければ貴様たちも皆殺しだ」と言います。

鬼の酋長は驚いたように三尺ほど後ろへ飛び下がり丁寧にお辞儀をしました。

宝物を持って凱旋した桃太郎だが、鬼の反逆に不安のなかで嘆息する。

日本一の桃太郎は、犬猿雉の三匹と人質の鬼の子どもに宝物の車を引かせて故郷へ凱旋します。しかし、必ずしもそれ以降、幸せに一生を送った訳ではありません。

鬼の子どもは一人前になると番人の雉を噛み殺し鬼ヶ島へ逃げ帰り、時々、海を渡ってきては、桃太郎の屋形へ火をつけたり、寝首をかこうとします。猿が殺されたのは人違いという噂でした。

桃太郎は、嘆息を漏らし「鬼は執念深くて困ったものだ」と言い、「命を助けていただいたのにご恩を忘れるとはけしからぬ」と犬も悔しそうに唸ります。

鬼ヶ島の磯には、鬼の若者が五六人、鬼ヶ島の独立を計画するため、椰子の実に爆弾を仕込んでいます。優しい鬼の娘たちに恋をすることも忘れ、黙々と、しかし嬉しそうに目を輝かせながら。

あの人間の知らない深い山の桃の木は、累々と無数の実をつけています。あの八咫烏は、今度はまたいつ姿をあらわすのでしょうか。未来の天才はまだ何人とも知らず眠っています。

解説(ここを読み解く!)

●鬼ヶ島が楽土で、人間の島が野蛮。何故、攻めたかの理由がない。

芥川の物語の鬼ヶ島は、美しい天然の楽土で、鬼たちは平和を愛しています。

そこに、桃太郎一行が傍若無人にやってきて、犬は噛み殺し、雉は突き殺し、猿は凌辱する。あらゆる罪悪が行われた後、鬼たちはついに降参します。

酋長は、攻められる理由を聞くと「犬猿雉の三匹の忠義者を召し抱えたから」と答え、さらに「お三方を召し抱えなさったのはなぜですか」と聞くと、「鬼ヶ島を征伐したいから、黍団子をやって召し抱えた」と答え「まだわからなければ貴様たちも皆殺しだ」と言います。つまり問答無用なわけです。

そして人質ならぬ、鬼質で子どもの鬼を人間の島に奪ってきます。ところが、大人になった鬼たちは、逃げだし鬼ヶ島に帰り復讐心を燃やします。そして屋形に火をつけたり、寝首をかこうとします。桃太郎は「鬼たちの執念深いのは困ったものは」と嘆息をもらします。

鬼の側に立てば、なんという不条理、さらに理由なく侵略されたのですから鬼の復讐は当然ですが、そのような展開ではなく、やはり桃太郎の武勇伝になっています。当時の世界通念として、戦争を始める理由は嘘やいいがかり、弱肉強食がまかり通る、時代的に、そのようなことが前提となっています。

●桃太郎の犬猿雉の統治管理と暴力での侵略、そして“天才”と称する意味。

芥川の桃太郎の物語は、強欲でお互いに仲の悪い犬猿雉をうまくまとめながら、平和な鬼ヶ島を、桃太郎一行が傍若無人に滅ぼし、平伏させて財宝を持ち帰り凱旋し自分たちは幸せになると言うお話です。これは、どう考えても侵略です。

それなのに、“天才”としてしめくくられています、ヒントは冒頭と最後にあります。

まず、冒頭には、桃あるいは桃の木について、以下のように記されています。

何でも天地開闢(かいびゃく)の頃おい、伊弉諾(いざなぎ)の尊は黄最津平坂(よもつひらさか)に八つの雷(いかずち)を却(しりぞ)けるため、桃の実を礫に打ったという

この神話の伊弉諾の国産みの神代の桃の実から、枝がなり、一万年に一度、花を開き、実をつける。その実の中に美しい赤児を孕んでいた。そしてこの実は、一千年の間は地に落ちないのだが、運命が、一羽の八咫烏(やたがらす)となって、ひとつ啄み、それが人間のいる国へ流れたと、由来を前置きしています。

そして、物語の最期には、

しかし未来の天才はまだそれらの実の中に何人とも知らずに眠っている。あの大きい八咫烏(やたがらす)は、今度はいつこの木の梢へもう一度姿をあらわすであろう?ああ未来の天才はまだそれらの実の中に何人とも知らずに眠っている。・・・

“未来の天才”と二度も繰り返してしめくくられています。芥川がこう書いている以上、そうそう単純な話では片付かないはずです。

時代の背景では、明治からの近代日本の構築、富国強兵と殖産興業、そして膨張する世界の中で日清・日露の両戦争を経て、日本は、列強に侵略されたアジアの諸国に比べて有色人種ながら一等国になります。そして、執筆の前年1923年には、関東大震災が起こっています。

是非はともかく、時代背景としては覇権主義、帝国主義の西欧列強に対して、日本も強いリーダーシップが求められる。国を守り国を繁栄させるためにはやはり天才の為政者が待望される、この時代背景の中に、桃太郎の物語があります。しかし、皇国史観とともに民意の尊重が大正デモクラシー運動の中で芽生えます。

この統治者と一般の人々との、あるいは統治者と文豪との複数形の価値の中にあると捉えることで、当時の時代感覚の中での運命の翻弄とぎりぎりの人間性への問いかけと考えられます。

生き残った鬼たちが、復讐や反撃を誓い、試みるのもまた、時代の連続性であり、運命であり、無常観でもあります。

作品の背景

明治25年に生まれ昭和2年に自殺した芥川ですが、時代は西洋列強のアジアへの覇権主義を唱えていたし、侵略された側は、何故という意識が高かったはずです。大きな世界史的な時代の運命に日本も巻き込まれ、日清・日露の自衛の戦いから第一次世界大戦を経て、次第に陸軍の拡張となっていきます。芥川は当然、侵略を是としているわけではありません。しかし時代の中で強いリーダーシップが必要な現実もあります。芥川の桃太郎はパロディですが、当時の世界の弱肉強食の時代にあっての寓話としても楽しめます。

余談ですが、それから24年後、芥川を尊敬する太宰治は、御伽草子として「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」の4編を書きますが、「桃太郎」は書きませんでした。日本一の桃太郎は、完璧な話なのでとの理由で書かないことを、「舌切り雀」の篇の冒頭で語っています。太宰が師と仰ぐ芥川への敬意であり、芥川と太宰のお伽噺の現代風解釈の違いを楽しめます。

発表時期

1924(大正13)年7月、サンデー毎日 夏季特別号「創作」欄に掲載。芥川龍之介は32歳。芥川は24歳で「鼻」を発表し、尊敬する漱石より大絶賛され、その後、人気作家としての道を歩みます。この「桃太郎」は、冒頭の神話からはじまり、最後に冒頭の神話を受けて終わるところが意義深い。