太宰治『道化の華』あらすじ|人と繋がるための道化と弱者への慈悲

スポンサーリンク

解説>ここを過ぎて悲しみのまち。葉蔵は心中をはかり、自分だけが助かる。自殺の原因は何か、心身は傷つき、それでも、こころの内面を容赦なく暴いていく。そんな葉蔵を「僕」が見守っている。道化の華に、繋がることが難しい人間社会のせつなさを感じます。

スポンサーリンク

登場人物

大庭葉蔵
入水自殺をはかり、青松園に入院します。

葉蔵とともに自殺をはかり、死んでしまいます。
飛騨
葉蔵を尊敬する、中学時代からの友人。
小菅
葉蔵の親戚で、大学の法科に通う。
真野
葉蔵を担当する献身的な若い看護婦。

あらすじ(ネタバレあり)

心中を行うが、女性は死に、葉蔵は生きのびてしまった。

大庭葉蔵は、1929年12月に海浜の療養施設、青松園に入院します。

“園”という名の女性と一緒に入水自殺をはかり、園は死に、葉蔵は生き残ったのでした。

入所した青松園は、36人の肺結核患者が収容されていました。

真野という二十くらいの看護婦が葉蔵の担当で、失意の葉蔵を献身的に看病しています。

そこに、友人の飛騨と小菅が、葉蔵を見舞いにやって来ます。

飛騨は、名のない彫刻家で、同じく無名の洋画家である葉蔵とは中学時代からの友人です。

昔から、葉蔵を尊敬しており、彼が絵をかくことから離れても畏敬を感じています。

小菅は、葉蔵の親戚で大学で法律の勉強をしています。年は3つ下ですが臆することなく、3人は対等につきあっています。

葉蔵は、気の置けない二人の友人に励まされ元気になっていきます。

二人は、葉蔵の心中の理由を、それぞれに推測しています。

何故、葉蔵は自殺をしようとしたのか、この謎を、二人は、それぞれの意見を述べます。

飛騨は、マルキシズムのせいだ、左翼思想運動が激しくなって、体の弱い葉蔵は体力的に疲れ切ってしまったのだと言います。

小菅は、それは主観的に過ぎる、葉蔵の実家でも女が原因だと皆が決めてかかっているようだが、そのどちらでもなく、もっと大きな原因があったのだと思う。

その上で、女はただの道連れだと言います。

道化をしながら大声で笑いあうなか、自殺の理由を葉蔵に訊ねます。

二人は、葉蔵の心情や体を気遣いながら、できるだけ楽しい話をします。

笑わせることで相手を傷つけず、自身も傷かないすべをお互いが、よく分かっています。

だから3人は、どんなことにも大声で笑いあっています。

笑いの中で、飛騨と小菅は、葉蔵に、なぜ自殺に及んだのかを訊ねます。

思想の行き詰まり、惚れた女だった、葉蔵は “何もかも”が原因のような気がしてと答えます。

葉蔵のこころの中にある、混沌、反発、自尊心、“なにもかも”が、原因ということでした。

実家では大問題となり、警察では自殺幇助罪に問われる。

葉蔵の兄が、見舞いに来ます。

笑い声が聞こえ、元気になっていることに安堵しますが、起こした事件は、想像以上に家族では大きな問題になっており、父親を怒らせていることを伝えます。

兄は、葉蔵の自殺の理由は、放蕩して金に窮したからだとの考えでした。

兄は、手際よく今回のことに対処してくれています。

死んだ園の夫も良い人のようで、葉蔵と面会したいとの申し出がありましたが、兄は、うまく断ります。すると、お元気になられますようにと言い残して東京へ帰ります。

兄は、今後の関係を一切断つために、慰謝料のような金も渡し理解してもらいます。

さらに、自殺幇助に問われている葉蔵に、起訴猶予のために奔走しています。

葉蔵は、死ぬことを思いほっとした気分になった。

葉蔵は真野と二人になったときに、園との自殺の理由を話します。

園は、銀座のバーの女給で、そのバーには三、四回しか行っていないこと。

園は生活苦のために死んだのだが、海に飛びこむ前に先生に似ているなぁと言われたこと。

園には、 学校の先生をしている内縁の夫がいたこと。

自分がどうして一緒に死のうと思ったのかの理由については、

女給が好きだったから、左翼運動に疲れていたから、金が無かったから、などと語ります。

葉蔵は死のうと思ったときに、ほっとしたと話します。

借金も、学校も、故郷も、後悔も、傑作も、恥も、マルキシズムも、友だちも、森も花も、どうでもよくなったと話します。

それに気づくと笑えたと話します。

退院の日がやって来ました。「僕」は、葉蔵を救いたかった。

真野は、その朝、葉蔵に富士山を見にいこうと誘い裏山に行きます。

山の頂上に、たどり着いたけれど、曇った空で富士山は見えませんでした。

断崖のふかい朝霧の奥底に、園が死んだ海が見下ろせるだけえした。

評価(おすすめポイント!)

人間の本質を追求し、そして弱いものを慈しむ「僕」。

人間失格の主人公である大庭葉蔵が、この「道化の華」にも登場します。

“園”という女性と鎌倉の海で心中をはかり、女性だけが死んでしまいます。

「僕」という人物は、この小説の作者で、太宰自身だと思われます。

小説「人間失格」の最初の“はしがき”と最後の“あとがき”を書いた人物と同じでしょう。

“道化の華”では「僕」は、物語の中にも入ってきます。

自殺直後の生き残った葉蔵と周囲の人間模様を描写しながら、内面に迫ります。

葉蔵と、飛騨と、小菅と、そしてこの小説を書いている「僕」。

太宰にとって、新しい技法を取り入れた実験的な試みです。

「僕」は、執拗に罪を問い詰めたかと思えば、弱者をいたわり慈しんだりもします。

葉蔵と、葉蔵を評価する「僕」の内面と外面の両方の描写と捉えることができます。

突然、「僕」が、物語に口を挟み、小説としての完成度を評価したり、読者の意見を代弁したりしながらも、葉蔵や弱い者たちのこころを救おうとしています。

物語自体の進行と、外から見た客観性とが交差します。

技法の斬新さと同時に、登場する「僕」自身への自虐にもナルシズムにも感じられます。

例え人間失格となっても、道化こそが救済の手段である。

人間の本質を見れば、知れば、触れれば、さらに、自分の心は蝕まれていく。

元来、人間は未成熟なものだと知っているからこそ、その本質から回避しながらも、人間を求愛し、繋がるための作法が道化である。

罪も恥も充分に理解しているつもりである、それでも、なぜ死のうとしたかの原因が判然としない葉蔵に、できるだけ飛騨も小菅も道化で振る舞います。

それにこたえる葉蔵も、同じように道化をすることで落ち着きを取り戻します。

人間の罪に神が罰を与えないのであれば、自身の罪と恥の意識を、道化に代えるしかない。

道化こそが、生きるための方法としての神の救済に代わる手段であるようです。

つねに絶望のとなりにいて、傷つきやすい道化の華を風にもあてずつくっているこのもの悲しさを君が判ってくれたくれたならば

「道化の華」は、若い時から自殺を前提に、遺書のつもりで書き始めたと言われる創作集「晩年」のなかの一作品で、太宰が二十三、四歳の頃。そして遺作となる「人間失格」を書いたのは三九歳でした。

裕福な家に生まれた太宰は、社会に抵抗をします。

マルキシズム運動への幻滅、さらに自身がプロレタリアではなく、搾取する側の大地主の子であることから、滅ぼされる側の人間であることを自覚し、絶望に追い込み、自殺を試みます。

そして、一方で、せめて「僕」だけは、そんな自分を慈悲深く見つめています。

太宰治著「道化の華」繊細なほどの弱者への慈しみのこもる作品です。

作品の背景

1930(昭和5)年、太宰21歳の時。直接的には、この年の11月28日にカフェで知り合った女給と鎌倉で薬物心中を図りますが、女性のみが死亡し、太宰は、自殺幇助罪に問われ起訴猶予となります。この記憶は太宰にとって大きなもので、後年の「人間失格」のベースになっています。尚、同年4月には東京大学仏文学科に入学するも学校には登校せず非合法活動に参加したり、前年のカルモチンでの自殺未遂や警察沙汰など挫折と波乱の時期でもありました。

発表時期

1935(昭和10)年5月、太宰治26歳の時に日本浪漫派に入り発表、翌年、砂小屋書房より刊行された最初の創作集「晩年」の中に収録。太宰前期の作品にあたります。「晩年」のタイトルは、自殺を前提に書き始めたとの理由で、作品15編を集めたものに収録されています。