梶井基次郎『桜の樹の下には』あらすじ|絶対の美しさと死は表裏一体

スポンサーリンク

解説>桜の樹の下には屍体が埋まっている!で始まる有名な短編。どうして桜はあんなに美しいのかが信じられない。それはきっと死とつながっているからだと思う。神秘的な美しさと、醜い屍体。表裏の一体を幻想的に表現し不安や憂鬱から解放されていきます。

スポンサーリンク

登場人物


話者、語り手としての立場
おまえ
話の聞き手としての立場

あらすじ(ネタバレあり)

桜の樹の下には屍体が埋まっている!これは信じていいことなんだよ。
なぜって、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。

桜のあの美しさが、信じられないもののようで不安になっていた。

どんな樹の花でも、それが真っ盛りになると、一種、神秘的な雰囲気を撒き散らすものだ。

それは、人の心をうたずにはおかない不思議な生き生きした美しさだ。

ただ、俺は、逆にその美しさが信じられずに、不安で憂鬱で空虚な気持ちになる。

それは、桜の樹の下には屍体が埋まっているからなんだ。

美しく咲き乱れている桜の樹の下に、屍体が埋まっていると想像してみる。

それは、馬や犬猫や人間の腐乱した屍体で、うじが湧き、たまらなく臭い。

でもそこから、美しい水晶のような液をたらしていている。

それを蛸のような根が抱きかかえ、いそぎんちゃくの食糸のような毛根から、その液体を吸っている。

あの花弁も蕊も、あの屍体からでていると思うと不安から自由になった。

透視術でみると、屍体の養分を毛根が吸い上げ、維管束を上がっていくのが見える。

あんなに美しい花弁や蕊(しべ)は、水晶の液を養分に作られていくのだと分かった。

これで、俺を不安がらせた神秘から、俺は自由になることができた。

信じられないほどの美しさと惨劇の平衡の中でこそ、心象が明確になる。

この渓間で見る鳥や植物は、ただそれだけでは、もうろうとした心象に過ぎない。

俺には惨劇が必要で、目に映る自然の美しさと、その裏の惨劇との一体の関係の中でこそ、

不安がなくなり、そこで美しさがはっきりと表れ見えてくるのだ。

評価(おすすめポイント!)

肺病に侵され、自然の中で療養をしている梶井基次郎にとって、忍び寄る死は大きな不安であり小説家としての焦燥もあったと思われます。

交友のあった川端康成への書簡からも題材はこの伊豆湯ヶ島で見た自然ですが、話者の「俺」と聞き手の「おまえ」の関係で書かれており、山里の風景や四季折々の花々、生物の営みが、作者自身の研ぎ澄まされた感覚の中、その透明な感性が、不安、倦怠、焦燥などを取り除いていきます。

結果、この「俺」と「おまえ」は、ともに梶井自身でもあり、生命の誕生と死が一体であることを理解しあいます。

何故、美しいのかという問いや、美しいことへの不安に対し、叙述として、屍体の存在、その醜なるものからしたたる水晶のような滋養を吸い上げるところを見たという透視術、その養分のおかげで美しくなるのだという結末。

さらにこれを空想としながらも、この感覚こそが美しさの実相なんだとしています。

尚、モチーフとして、ウスバカゲロウがアフロディーテのように生まれ来て空めがけ舞い上がり求愛し、その後で、何万匹もの屍体が水面を覆う姿を目の当たりにしています。

その現実からも、桜の花と屍体、美と醜は一体であり、作者の感覚の中に存在しています。

梶井基次郎著「桜の樹の下には」生と死、美と醜の表裏一体を感性で理解する作品です。

作品の背景

肺を病む梶井基次郎が1926(昭和元)年に転地療養で伊豆湯ヶ島に訪れ、翌年から川端康成の紹介で、長期滞在をした当地で、静かな山里から見た八重桜やツツジやシャクナゲ、川にいる河鹿ガエルやウスバカゲロウなどの自然の美しさや生態などが題材になっています。

発表時期

1931(昭和6)年5月、武蔵野書院より刊行の作品集「檸檬」に収録。
当時、梶井基次郎は、30歳。肺結核を患っており死の前年にあたります。