太宰治

太宰治『グッド・バイ』あらすじ|人生即別離、さよならだけが人生だ。

概要>太宰晩年の作品、紳士淑女のさまざまな別離の様相を描こうと構想され10回までの原稿を渡し絶筆、未完となる。一部のみの作品だがユーモアとペーソスが入りまじり、ドンファン別れの顛末エピソード。戦前、戦中、戦後と小説で愛を届けた無頼な人生に合掌。
太宰治

太宰治『お伽草紙/カチカチ山』あらすじ|少女の心には、残酷な兎がいる。

概要>戦時中、安全を求め転々と疎開する家族。落下する焼夷弾に防空壕の中で、子ども抱きあやしながら絵本を読み聞かす傍ら太宰流の新説、お伽噺し。「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」を1作ずつ紹介。その創作意欲と、子どもへの愛情を思う。
太宰治

太宰治『お伽草紙/舌切り雀』あらすじ|あれには、苦労をかけました。

概要>戦時中、安全を求め転々と疎開する家族。落下する焼夷弾に防空壕の中で、子ども抱きあやしながら絵本を読み聞かす傍ら太宰流の新説、お伽噺し。「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」を1作ずつ紹介。その創作意欲と、子どもへの愛情を思う。
スポンサーリンク
太宰治

太宰治『お伽草紙/浦島さん』あらすじ|年月は、人間の救いである。

概要>戦時中、安全を求め転々と疎開する家族。落下する焼夷弾に防空壕の中で、子ども抱きあやしながら絵本を読み聞かす傍ら太宰流の新説、お伽噺し。「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」を1作ずつ紹介。その創作意欲と、子どもへの愛情を思う。
太宰治

太宰治『お伽草紙/瘤取り』あらすじ|性格は、人生の悲喜劇を決める。

概要>戦時中、安全を求め転々と疎開する家族。落下する焼夷弾に防空壕の中で、子ども抱きあやしながら絵本を読み聞かす傍ら太宰流の新説、お伽噺し。「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」を1作ずつ紹介。その創作意欲と、子どもへの愛情を思う。
洋画

映画『キング・オブ・コメディ』あらすじと解説/ここが見どころ!

概要>一夜だけでもコメディ王になる。妄想癖の強いルパートが計画したテレビショーの出演。幻想と現実の境が分からないサイコパスの精神病理をロバート・デ・ニーロが淡々と不気味な演技で迫る、ニューヨーク派のスコセッシ監督が贈る孤独な悲喜劇。
洋画

映画『アフター・アワーズ』あらすじと解説/ここが見どころ!

概要>マンハッタン、退屈な仕事を終えて深夜のカフェで出会った女性、ほんの興味心のつもりが、次々に起こる不思議な因果。ソーホーで体験するついてない男の悪夢のような出来事の連鎖。帰るに帰れない不運な男ポール。ニューヨーク派のスコセッシ監督が贈るブラックユーモア。
洋画

映画『狼たちの午後』あらすじと解説/ここが見どころ!

概要>杜撰な計画の銀行襲撃で、瞬く間に警察に包囲される。目当ての現金も無く、安全な脱出だけがソニーとサルの問題だった。人質、野次馬、TVカメラ、警察、FBI。晒されるソニーの私生活と神経質なサル。アル・パチーノとジョン・ガザールが演じる劇場型犯罪。
洋画

映画『アンタッチャブル』あらすじと解説/ここが見どころ!

概要>禁酒法時代のシカゴを舞台にアメリカ財務省捜査官たちの戦いを描いた映画。主任捜査官エリオット・ネスの自伝を元に映画化。警察すら手を出せないロバート・デニーロ演じるアル・カポネの凄まじい権力支配と非情な暴力のなか、4人の捜査官の不屈の正義が戦いを挑む。
洋画

映画『スカーフェイス』あらすじと解説/ここが見どころ!

概要>トニー・モンタナは、キューバから米国に亡命し、チンピラからフロリダの麻薬王に成りあがる。度胸と暴力で上昇するアメリカンドリームの壮絶な生き様。アル・パチーノの完璧な演技、オリバー・ストーン脚本、ブライアン・デ・パルマ監督のカルトなギャング映画。
スポンサーリンク