洋画

映画『スタンド・バイ・ミー』あらすじと解説/ここが見どころ!

概要>あの12歳の時のような友だちは、もうできない。大人になり小説家になったゴディは、遠い昔を思う。仲間4人で2日をかけた死体を探す冒険。僕たちのかけがえのない友情。50’sに育まれたスティーヴン・キングの自伝的なノスタルジックな少年たちの物語。
洋画

映画『レオン』あらすじと解説/ここが見どころ!

概要>ニューヨークで孤独に生きる殺し屋レオンと、幼い弟を殺された可憐な少女マチルダ。二人は組んで復讐に向かう。暗く悲しいレオンの運命と、レオンに恋するマチルダの瞳。ジャン・レノの哀愁とナタリー・ポートマンの眩しさ。美しく悲しい大人と少女の物語。
洋画

映画『パルプフィクション』あらすじと解説/ここが見どころ!

概要>タランティーノ監督のくだらない話(パルプフィクション)と題したギャング映画。オムニバス形式で、始めと終わりが円弧のように繋がる。セリフが楽しめて、お洒落なユマ・サーマンとトラボルタのダンスシーンは最高。全てがファッショナブルな作品。
スポンサーリンク
太宰治

太宰治『ヴィヨンの妻』あらすじ|荒れたこの世に生きる、妻の覚悟。

概要>神におびえるエピキュリアン。都合の良い言い訳をする放蕩な夫、大谷の言動に生きていることを淡々とかみしめる妻。戦後の混乱の中、世間が道徳を見失い悪徳が避けられない時代に生のみを肯定する新しい倫理。生きていくことを優先する時代感。
洋画

映画『ショーシャンクの空に』あらすじと解説/ここが見どころ!

概要>銀行の副頭取のアンディは冤罪だが終身刑が下り、ショーシャンク刑務所に収監。絶望の中で見た刑務官の横暴さ、囚人のいじめや暴力。それでも希望を失わず、諦めずに最後は脱獄して夢を実現する、ティム・ロビンスとモーガン・フリーマンの友情が二人を繋ぐ。
太宰治

太宰治『桜桃』あらすじ|子育てと家事を横目に、創作の苦労を描く。

概要>われ、山にむかいて、目を挙ぐ。(詩編第百二十一) これは夫婦喧嘩の小説であると前置きがある。妻と三人の子を抱え育児と家事に追われながら、創作に苦悩する小説家の日常を題材にしたペーソスあふれる作品。子どもより親が大事と、思いたい。
洋画

映画『愛と青春の旅立ち』あらすじと解説/ここが見どころ!

概要>リチャード・ギア若き頃の代表作。不遇な青年が士官になるまでの物語。孤独・利己・反抗を克服し、協調・利他・人格をそなえた男になるまでの成長を描く。フォーリーの教練、ポーラの愛情、感動のラストシーンは、まさにオフィサー&ジェントルマンとなっていく。
太宰治

太宰治『きりぎりす』あらすじ|お別れします、妻から夫への告白。

概説>売れない画家をひたむきに愛して支えたかった十九歳の私と、成功し俗っぽく醜くなったあなたの姿に別れを告白する二十四歳になった私。変わらない私と変わってしまったあなた。きりぎりすとは、どのような思いでつけられたタイトルなのか。
洋画

映画『タクシードライバー』あらすじと解説/ここが見どころ!

概要>男はベトナム戦争の帰還兵で、精神を病みひどい不眠症に悩まされる。退廃するニューヨーク、男の孤独と焦燥は、吐き気のする嫌悪にかわり、悪を洗い流す浄化への妄想はやがて現実になっていく。ロバート・デニーロ演じるトラヴィスの狂気が覚醒する。
太宰治

太宰治『走れメロス』あらすじ|死を越えた、友情の大切さ。

概要>妹の結婚祝いのため親友の命を身代わりに再び戻ることを約束するメロス。走り続けるメロスに様々な障害と邪念がよぎる、ひたすら走り、友との約束を果たす。その信実は不信の王の心を打ち、勇者の姿に群衆も沸き立つ。明るく溌溂とした人間賛歌の物語。
スポンサーリンク