夏目漱石『草枕』登場人物まとめ

スポンサーリンク

『草枕』は夢幻能に見立てられた世界なので死者も大事です。

画工 
「非人情」を気取っているけど、本当は東京に居ては画工になりきれない、
と自信が持てない30

志保田那美 
那古井温泉を仕切る若い女将、離婚して実家に戻ってきた。
気さくで気丈な美人 20代半ば

水死したシテ

長良の乙女 
二人の男に求愛され選べずに、淵川へ身を投げる
オフェリヤ 
ハムレットに尼寺に行けと言われ、小川を流れる
鏡が池の嬢様 
虚無僧に恋をするが、親に結婚を許してもらえず、池に身を投げる

物語の語り手

茶店の婆さん  
昔は志保田家で働いていた「長良の乙女」語り手
床屋の親方  
髪結い床の親方「ハムレットのパロディ」語り手
馬子の源さん  
志保田家の使用人「鏡が池伝説」語り手

観海寺のお坊さん

大徹和尚 
でっぷりと太って、間の抜けたところもあるが、時々凄いことを言う
泰安 
下っ端の僧侶、苦みばしったいい男、那美に恋文を書
良念 
気楽な小坊主、生意気な口をきくが、たいてい大徹和尚の受け売り

那美に関わる人達

那古井温泉の主
那美の父 骨董を集めるのが趣味 
久一さん  
那美の従弟 趣味で絵を描く 召集されてもうすぐ戦地に行く  20代半ば
野武士のような男
那美の元夫。城下の金持ちだったが、勤め先の銀行が倒産して、那美と離婚

謎解き『草枕』目次

【概要】夏目漱石『草枕』の解説です。有名な冒頭文に隠された主題は「智・情・意」と文芸。夢幻能に見立てられた物語。画工と那美の「芝居合戦」を丁寧に読み解き、誰も語らない複雑な『草枕』の構造を明らかにします。

謎解き『草枕』その1

  • 『草枕』には筋があります!
  • 「智・情・意」と「非人情・人情・不人情」
  • 芭蕉に導かれて
  • 「夢の女3人」と「シテの女3人」
  • 二人の芝居合戦

謎解き『草枕』その2ー「人情」対決

  • 「人情」に耽る画工
  • 懐に椿があるから死ねません

謎解き『草枕』その3ー「非人情」対決

  • 尼寺に行け!
  • 「非人情」とは何か?
  • 風に吹かれて

謎解き『草枕』その4ー「不人情」対決

  • 那美さん全裸になる!
  • サロメのように! 

謎解き『草枕』その5

  • 「智・情・意」と「真・善・壮」
  •  草枕変奏曲⁉ 

謎解き『草枕』その6

  • 現実世界で浮かぶ「憐れ」
  • 探偵が屁の勘定をするように
  • 「智・情・意」三部作?

『草枕』登場人物まとめ

『草枕』章ごとの概要

1章
転倒する画工  天狗岩に行く手を阻まれる
異界に入る。

2章
茶店で休憩 お婆さんの話を聞く 

3章
画工「竹影階払塵不動
3人の女の不思議な夢を見る
画工の人情(長良の乙女の和歌)

4章
画工の人情・余韻
5章
画工の非人情(ハムレットのパロディ)
6章
画工の非人情・余韻
7章
画工の不人情(長恨歌)
8章
画工の不人情・余韻

9章
休憩 地震が起こる
那美「竹影階払塵不動

10章
那美の人情(鏡が池伝説)
11章
那美の非人情(ハムレットのパロディ)
12章
那美の不人情(サロメ) 
藤村操の死

13章
現実世界に出る 天狗岩を振り返る
那美の顔に「憐れ」が浮かぶ

「智・情・意」(文芸の哲学的基礎より)

  1. 「我」を二つに分けると「身体」と「精神」
  2. 「精神」の作用を三つに区別すると「智」「情」「意」
  3. 「智」を主に使って、物の関係を明らかにする人は、哲学者とか科学者になる。
  4. 「情」を主に使って、物の関係を味わう人は、芸術家とか文学者になる。
  5. 「意」を主に使って、物の関係を改造する人は、軍人、政治家、豆腐屋、大工、百姓、車引などになる。
  6. 「智」「情」「意」の三作用は、別々に働くわけではない。たとえば文芸家が物の関係を味わうためには、物の関係を明らかにし、場合によって創作者として、この関係を改造しなくてはならないように、どんな人にも「智」「情」「意」の働きが必要である。

文芸家の4種の理想(文芸の哲学的基礎より)

  • 美の理想】感覚物(自然と人間)そのものに対する情緒
  • 善の理想】感覚物に対してが働く。愛、徳義的情操(忠、孝、義侠心、友情等)
  • 真の理想】感覚物に対してが働くことによって、情を満足させる
  • 壮の理想】感覚物に対してが働く。荘厳に対する情操 ヒロイズム(徳義的情操+意志が発現)
  • 4種の理想は、平等な権利を有している。もちろん人によって好き嫌いの好みがあるのは仕方がない。しかし、ある理想が主張する上で、多少他の理想を損ねることがあっても、踏み潰すことがあってはいけない。
  • 現代の文芸においては「壮の理想」、とりわけ“heroism”がほとんど欠乏していて、「真の理想」が他を圧する程に勢力を得ている。

文芸家の4種の理想と『草枕』4人のヒロイン