サン=テグジュペリ『星の王子さま』あらすじ|大切なものは、目に見えない。

スポンサーリンク

概要>小惑星B612からやってきた星の王子さま。バラの花と喧嘩して、見聞の旅にでる。6つの惑星を経て地球に着いた王子さまは、砂漠に不時着したパイロットと友達になる。そして大切なものは心で見なくちゃいけないことを知り、星に帰っていく。子供から大人に贈るファンタジーな宝物。

スポンサーリンク

登場人物

飛行操縦士(僕)
パイロットで飛行機の故障でサハラ砂漠に不時着した僕。
小さな王子さま
小惑星B612から地球にやってきたバラと喧嘩をした王子様。

あらすじ(ネタバレあり)

6歳の僕は絵が好きで、大蛇のボアがゾウを飲み込んだ絵を描いた。大人たちに見せて「この絵こわい?」と聞くと、ただの帽子じゃないかと言われた。帽子なんかじゃないので仕方なく、ゾウを消化しているボアの絵を中が見えるように描くと、大人たちから、そんな絵よりも地理や歴史や算数や文法をやりなさいと言われた。

そういうわけで、画家と言う職業を目指すのをやめて僕は飛行機の操縦士になった。以来、サハラ砂漠に飛行機が不時着するまで、心から話ができる人がいないまま一人で生きてきた。

僕は、サハラ砂漠に不時着して不思議な小さな王子様と知り合った。

不時着してから、飲み水は1週間分。その間に、飛行機のエンジンを直さなければならなかった。最初の晩、僕は寝りについて夜明けに小さな声に起こされた。

「おねがい・・・・ヒツジの絵を描いて・・・」

そこには、金髪でマントを着た不思議な小さな男の子が立っていた。

人の住むところから千マイルも離れているので男の子は迷子いう感じでもない。僕は、ヒツジの絵は描いたことがなかったので、あの中が見えない大蛇のボアの絵を描いた。

すると男の子は「ちがうちがう!ボアに飲まれたゾウなんていらない、ヒツジの絵を描いて」という。

そこでいくつかのヒツジの絵を描いたけれど、全部違うというので、僕は、箱に穴が空いた絵を描いて、「きみがほしがっているヒツジは、その中にいるよ」っていうと、男の子は、まさにこんなのが欲しかったという、こうして僕は、小さな王子さまと知り合った。

バラと気まずくなり王子さまは、自分の住む小さな星から見聞の旅に出る。

僕が、この小さな王子さまのことで分かったことは、彼は惑星から来たこと、そしてその惑星は、やっと一軒家くらいしかない小惑星のB612だったこと、そして彼は友達を欲しがっていたこと。

それから、小さな王子さまは「バオバブ」と闘っていること。良い草と悪い草があり、バオバブの種は、悪い草。小さいときにつんでおかないと大きくなったら貫通して星を破裂してしまうこと。そして火山が3つあること、ひとつは休火山。

それから、小さな王子さまは「バラ」と喧嘩をして気まずくて逃げ出したこと。

どこからともなくやってきた種子が、芽を出し茎を伸ばしやがて花をつけた。この花はまばゆく、美しく輝きながら出てくるために身づくろいをして太陽の昇る時刻にバラの花として姿をあらわした。感動的に美しかったけれども、気むずかしく見栄っぱりで王子さまを苦しめた。バラの花は王子さまにわがままや嘘ばかり言った。

そうして王子さまは、愛のために何でもしてあげようと気持ちがあるのに、彼女のことを信じられなくなった。そしてどうやって愛していいか分からない王子さまは逃げ出した。別れの時、花は、本当は愛していて、私も愛し方が分からなかったと言った。

6つの惑星で、へんな変わった大人たちと出会いながら地球に辿り着いた。

王子さまは、見聞を広げようと小惑星325.326.327.328.329.330のあたりにやってきた。

1つ目の星は、権力ばかりを誇示して威張っている王様が住んでいた。

何でも命令をしたがる王様の星、王子があくびをするのも、しないのも許可を出す。権威が尊重されて守られることを望み、服従しないものを許さない。でも善良なこの王は、道理にかなわぬことは命令はせぬという。そろそろ旅立ちたくなった王子は、王様に旅立つ命令を出すようにお願いして旅だった。王子は「大人って変わってるな」と思った。

2つ目の星には、うぬぼれ屋で人によく思われたい男が住んでいた。

うぬぼれ屋は、他の人間が自分をこの星でいちばんハンサムで、いちばん格好よくて、いちばん金持ちで、いちばん頭が良いと称賛されたいと思っている。そして拍手をされると帽子を脱いで喜ぶ、王子は、面白がって拍手してたけれどすぐ飽きてしまい去っていった。王子は「大人って全く変わっているな」と思った。

3つ目の星には、理由をつけて酒ばかり飲む怠けもの男が住んでいた。

暗い面持ちの酒びたりの男は、忘れたくて酒を飲んでいるという。何を忘れたいのと聞くと、恥じているのを忘れるためと言い、何を恥じているのと聞くと、酒を飲むことを恥じているという。王子は憂鬱な気分になると同時に、とまどい去っていった。王子は「大人って決定的に変だ」と思った。

4つ目の星には、実業家でお金ばかり計算する男が住んでいた。

実業家は仕事中で星の数ばかりを数えている。五億百六十ニ万七百三十一の星の持ち主で、数えた数字を紙に書いて銀行に預けておく。金持ちになると、他の星をまた買える。自分が星を見つけ管理することを考えたから自分が所有者だと主張する。王様は「大人ってやっぱり、まったくどうかしている」と素直にそう思った。

5つ目の星には、休みなく街灯を点灯させる忙殺される男が住んでいた。

これまでの星でいちばん小さい。街灯がひとつ火を灯すとき星がひとつ生まれることは意味があるけれども、惑星の自転が早くなり一分ごとに一回転で点けたり消したり忙しい。眠る間もなく仕事をしている。まして家も住む人もいない星で役に立っているのか「あの星はやっぱり小さすぎ」と王子は考えた。

6つ目の星には、机の上の知識だけで行動しない地理学者が住んでいた。

地理学者はたくさんの知識はあるが現地に行ったことは無い。記すのは山や海などの永遠の事物だけ。花を記録しない理由は、はかなく永遠ではないから。王子は自分の星に花を残してきたことを後悔した。「次は地球に行きなさい」との地理学者の薦めを聞いて、王子は花のことを思いながら地球に向かった。

地球についた王子さまは、ヘビと会い元の場所に戻してくれる約束をする。

小さな王子さまは、6つの小惑星がひとつになったような大きな地球にやってくる。

王様は百十一人いて、地理学者は七千人、実業家は九十万人、酔っ払いは七百五十万人、大物気取りは三億千百万人、ざっと二十億人の大人と6つの大陸があった。

そして、黄色に光るヘビと会います。

ヘビは、小さな王子さまが着いたところは地球の砂漠で、ここは人がいないこと、そして王子さまは、花とうまくいかなくてここに来たこと、そしてヘビは王子さまが故郷の星に帰りたくなったときは力を貸してあげるといって別れます。

王子さまは高い山を抜けて、砂漠と岩と雪の中を歩き一本の道に出た。そこにはバラの花咲く庭園がありました。王子さまは暗い気持ちで胸が絞めつけられます。それは自分の星にしかないと思っていたバラの花が、たったひとつの庭園に五千本もあったからです。

そうして<この世に一輪しかない宝物のような花を持っているつもりだったけれど、ただのありふれた花だった>そう思うと王子さまは、草の上にうっぷして泣きました。

「心でみなければ、ほんとうのものは見えない」とキツネは教えてくれた。

そんな時に、キツネが現れます。

悲しくて遊んでほしい王子さまに、キツネは、初めて会ったばかりでなついてないから遊べないという。王子さまは「なつく」ってどういうことと尋ねた。王子さまは友達を探している。

キツネは、なつくってことは仲良くなって「絆を結ぶ」ってこと。お互いが世界にひとつだけの存在になること。絆を結ぶと、きみの足音は大切な音になるし、小麦畑の色はきみの金髪を思い出させてくれる。

キツネはなつかせて欲しいと王子さまに言いますが、王子さまは、友達を探したりしなきゃいけないので時間がないと言います。

そして、キツネは「人間たちは、もう時間がなくなりすぎて、ほんとうに知ることができない。何もかもが出来上がった品を店で買う。でも友達を売っている店なんかない。人間たちには、もう友達がいない」と言います 。

「どうすればいいの」と王子さまが聞くと、「がまんづよくなること、そして言葉は誤解のもとだから気をつけること、それから時間をきめて心を通じること」とキツナは言います。そうして王子さまは、孤独なキツネをなつかせます。でも、王子さまはもっと見聞を広げるために、キツネとお別れをしなければなりません。

王子さまは、なつかせているバラは、かけがいのないバラだと知ります。

小さな王子さまは、キツネに言われてもう一度、バラ園のバラたちに会いに行きます。

そして「きみたちは、ぼくのバラとぜんぜん似ていない。まだ、なついていないので、いてもいなくても同じ。」そして「外見だけで、中身はからっぽだね。きみたちのためにぼくは、死ねない」。

「ぼくのバラだって、他のひとからみたら同じだけど、ぼくのバラは、ぼくが水をあげたり、ガラスのおおいをつけたり、毛虫をやっつけたりしてあげて、時々は黙り込むバラに耳を傾けてあげたんだ」と小さな王子さまは言いました。

その後、小さな王子さまはキツネにお別れを言いに戻ります。キツネは秘密を王子さまに告げます。

「ものごとは、心でみなくてはよく見えない。いちばん大切なものは、目に見えない」

きみのバラをかけがえのないものにしたのは、きみが費やした時間。人間たちは忘れてしまったけれど、きみは忘れてはいけない。なつかせたもの、絆を結んだものには、永遠に責任があるということを。

砂漠が美しいのは、どこかに井戸をひとつ隠しているからなんだ。

それから僕は、王子さまから鉄道に乗って何千人も疲れた大人たちが目的もなく行ったり来たりしているという鉄道ポイントの話や、のどの渇きをいやすために薬を飲み時間を節約する大人の話を聞いた。

そして1週間がたち、飲む水がなくなり飛行機はまだ直っていなかった。「井戸を探しに行こう」という小さな王子さま。そこで、僕は、小さな王子さまと一緒に井戸を探しに歩き続けた。

「砂漠が美しいのは、どこかに井戸をひとつかくしているから」と王子さまは言った。

そうして僕は疲れて眠ってしまった王子さまを宝もののように抱えて歩いた。そして井戸についた。その井戸は不思議に滑車も桶も綱もぜんぶ揃っていた。滑車を動かすと、井戸が目を覚まして歌っているようだった。水を井戸の縁まで上げると、揺れる水は太陽が映って煌めいている。

それは体が必要とする水ではなく、祝祭の水のように心にしみる水だった。小さな王子さまが地球に来て明日で1年経つ。1年前に小さな王子さまが着いた場所がここだった。小さな王子さまは僕に飛行機の故障を直すのを続けてといい、明日また、ここへ来てねといった。

1年経って王子さまは星に帰っていく、星を見上げると王子さまがいる。

飛行機の修理がうまくいったことを伝えるために小さな王子さまのもとに戻ると、王子はヘビと話をしていた。「きみのは良い毒なんだね、ぼくを長く苦しめたりしないね?」

そんな話を聞いた僕は、なにもわからなかったけれど、胸がしめつけられた。

小さな王子さまは「バラの花の話や汲んでくれた祝福の水に似ているね、たいせつなことは、目では見えない」そして「小さな星に帰っていったら、友達のきみは、たくさんの小さな星たちを見上げて、ぼくのことを思うだろう」と言った。

僕は、小さな王子さまが今日、砂漠のこの場所にやってきたのは、ちょうど1年前と星の位置がぴったり同じになる日に、ヘビに咬まれることで自分の故郷に帰るためだったことを知った。

人はみんなその人なりの星をもっている、旅する人には星は案内役、学者にとっては研究するために、実業家にとってはお金を勘定するために、そしてきみにとっては星を見上げると僕が笑っているから。あの祝祭の水のお礼に、きみには笑う星々をあげるんだ。

その夜、王子さまは、こっそりでかけ、気づいた僕は追いかけた。そして最後は、王子さまは僕につらい思いをさせたくないから、ここからは、ひとりで行かせてほしいと言った。

「ぼくはあの花に責任があるんだ。弱く、ものも知らないし、世界から身を守るのに4つのトゲしか持っていないし」と言った。

王子さまの足首あたりが、ぴかっと黄色い光が走った。一瞬、王子さまは動かなくなった。そしてゆっくりと倒れた。

あくる朝、夜が明けると王子さまのからだはなく、僕は王子さまは星に帰ったのだと思った。

解説(ここを読み解く!)

●バラと喧嘩して旅に出た王子さまの見たものは、どれもへんなもの。

王子さまは、自分より少し大きいくらいの小さな星に住んでいます。ある日、どこからかやってきた種子を育てます。やがて一輪の大きなバラになり、王子はその美しく眩しいどこにも咲いていない花を大切にします。

ところが、バラは気むずかしい見栄っぱりで、やれ朝食はまだかかとか、トラが恐いとか、寒いので覆いを作ってほしいとか、我儘ばかり。そんなバラと喧嘩をして、見聞を広げるために旅に出ます。王子さまは、あんまり小さかったからバラを愛するということが分かりませんでした。

そして6つの小さな惑星をめぐります。

そこは、力を誇示して威張る人、うぬぼれ屋さん、飲んだくれの怠けもの、お金に貪欲な人、時間に忙殺される人、頭でっかちな人。出会った人たちは、それぞれに権力、人気、快楽、財産、労働、研究と皆、自分の姿を正当化しているけれど、王子さまから見たらどれもへんでつまらない生き方だと思う。

そしてそれを大きくしたような地球に着きます。

どの小惑星も、王子さまには理解ができない大人の生き方の象徴ですが、その小惑星のひとつひとつが、とてつもなく大きくなったのが地球です。その地球には、6つの小惑星のような人々がたくさんいるところでした。

●目の前にあるもの以上の、ほんとうに大切なものを探すということ。

そして王子さまが、落胆して心を傷ついてしまったのはバラの庭でした。自分の星で愛した一輪のバラは、宇宙にたったひとつしかないと思っていたのに、庭に5000本ものバラがあったのです。たったひとつと思っていたものが実はありきたりのどこにでもあるバラを1本持っていただけという不幸な気持ちになったのでした。

小さな王子さまは、賢者のキツネと会います。そして「なつく」ということ。つまり時間をかけてお互いを知り、絆を結びあうことの大切さと素晴らしさを知ります。

一緒に過ごした時間の大切さを胸に、もう一度、バラ園に戻ってみると5000本のバラは、ただそれだけで、王子さまの愛した一輪のバラとは全くに違うことを知ります。

それは、王子さまがバラに水をやり、虫をとり、我儘をしながらすきま風をしのぐ覆いをかぶせてあげるという絆づくりの時間のかけがえのなさを知ります。

キツネは、王子さまとなつくことを求めますが、王子さまは行かなくてはなりません。王子さまは、少し仲良くなったことを申し訳なくキツネに言いますが、キツネは喜んでいます。

キツネは、それまでは麦畑を何の意識もなく見ていたけれど、王子さまと出会ったことで、これからは小麦色の麦畑は王子さまの金髪を思い出し、ひいては、王子さまと過ごした時間を思い出すという幸せをもらったことを喜びます。

●気難しくて我儘で弱いバラだからこそ、きちんと向き合うということ。

小さな星に残したバラとの時間を育むことの大切さに気づいた王子さまは、約束された1年後に不思議な井戸の水で祝福し、最初に出会ったヘビに咬んでもらい星に戻ります。

ヘビに咬まれることは死を意味しますが、死よりも永遠の時間の大切さを王子さまは飛行士に話します。

祝福の水の御礼に、星に帰る王子さまは、小さくてどの星なのか分からない星から飛行士に微笑むといいます。夜空を見上げると笑う星々を王子さまは飛行士に贈り物にします。

小さな星の王子さまは、人生の見聞を探しに、そして貴重なことを学んで星に帰ります。

そして王子さまと仲良くなった飛行士にかけがえのない時を過ごしたお礼をします。

星は大切な輝きを持ちます。旅する人に、学者に、実業家に。そして飛行士にとっては、星は、王子さまとの出会いを思い浮かべながら微笑んでしまう対象になりました。

王子さまの欲しがったヒツジに口輪を描いた絵は渡しましたが、飛行士はうっかりして、ヒツジをつなぐ皮ひもの絵を忘れました。ヒツジが花を食べはしないかと心配する飛行士ですが、それでも、それだからこそ、もっと星を見上げるとどうしているのかなと王子さまを思えると納得します。そしてきっと王子さまはうまくやっていると想像できます。

●大切なものを感じるには、こころで見なければならないということ。

サン=テグジュペリの『星の王子さま』。それは小さな子供たちの想像力。あるいは子供を持つ親、そして見守る社会の受け入れる心の有り様かもしれないし、恋人たちの過ごす少し不器用な時間や、夫婦として流れる幾久しい年月の成熟かもしれない。もっと大きくいえば民族や国家間との悠久の歴史にも広げて喩えることができるかもしれない。

時間をかけて根気よく語りかけて話し理解しあうこと。そしてある時は、相手の我儘にも耳を傾けて、傷つけられそうな言葉も時には気にしすぎないこと。

すると必ず、お互いを分かり会い言葉ではなく、目の前に見えるものではなく、ほんとうに大切なものは、心で探さなければならない。

人間はもう取り返しのつかないところまできているとキツネは言います。多分、飛行士が幼いころにボアの絵を描いて、大人から分かってもらえなかったように、この『星の王子さま』の物語のことを大人たちはそんなことより、お金を稼ぐことや、出世をすることや、書物で知識を重ねることや、損をしない生き方を優先することを薦めるでしょう。

やっぱりどうしようもない現実がそこにあるかもしれません。だからキツネは人間を諦めています。

でも大人ではないこどものこころ、大切なものはこころでみなければならないことを教えることで、きっと、大人たちもこころでみることを忘れなくなるでしょう。

世界中で愛され、読み返され、読み継がれる理由がここにあります。

作品の背景

「いちばんたいせつなことは、目に見えない」。アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリは、作家としてだけでなく飛行士としても生きた人です。1900年、リヨンでフランスの由緒正しい貴族の長男として生まれます。金髪のアントワーヌは「太陽王」として可愛がられたといいます。金髪の王子さまは、彼の分身なのです。

20歳を過ぎ、あこがれて婚約したが破談となった自由奔放な女性ルイーズ、そして25歳の時、大空が大好きだった彼は紆余曲折を経て郵便輸送の路線パイロットになります。モロッコ南西部にあるジュビーの飛行場長時代には砂漠に囲まれた場所で周辺の遊牧民と交渉を重ねていたころ耳の長いキツネを飼っていたとのこと。そして飛行場長の任を終えて29歳の時に南米ブエノスアイレスに現地法人の支配人として赴任します。

ここで黒い髪、黒い瞳の運命のスペイン系女性コンスエロと出会い翌年、反対を押し切って結婚。喘息のため隙間風を嫌がり気難しくて見栄っぱりだが、おしゃれで芸術家肌の女性。その後、会社を離れフリーとなり35歳の時に、飛行中にリビア砂漠に不時着、生死の間をさまよいます。39歳の時に第2次世界大戦がはじまり偵察飛行隊に入ります。除隊後、出版社からアメリカに招かれ子供向けの本の依頼を受けて書いたのが本書“Le Petit Prince”。彼の人生の経験や、さまざまな出会いが、バラやキツネや飛行操縦士として登場します。

その後、連合軍の所属部隊に復帰。そして勇敢な飛行士は、44歳の時に、大戦の空に消息を絶ちます。大地は万巻の書より多くを教える、自分を確立するため、真実や本質を見抜かなければならない、そのためにも人と心を通じ思慮を巡らす必要がある。目に見えるものではなく自ら行動することが大切である。

発表時期

本作品は、1943年4月にニューヨークの「レイナル&ヒッチコック社」から英語版(『The Little Prince』)で出版された。フランス本国では没後の1945年11月に「ガリマール社」から出版。世界300以上の国と地域で翻訳出版され、総販売部数1億5000万部以上。発表の時期は、まさに世界が二度目の総力戦の中にありファシズムやコミュニズムが人間の感情や人生を寸断し殺し合い虐待するという悲劇の運命に翻弄された時代でもありました。