映画『沈黙ーサイレンスー』あらすじと解説/ここが見どころ!

スポンサーリンク

概要>神が存在するのならば、なぜ救わない。禁教令下の長崎で棄教を迫られ拷問に耐え殉教する信徒たちの苦悩に対して、宗教とは何か、祈りとは何か、救いとは何かという信仰の根源的な問題をテーマとする。遠藤周作の原作をマーティン・スコセッシが映画化。

スポンサーリンク

登場人物

セバスチャン・ロドリコ神父(アンドリュー・ガーフィールド)
イエズス会の最後の宣教師として、フェレイラの棄教の真相を確かめに日本に派遣される。
フランシス・ガルペ神父(アダム・ドライヴァー)
ロドリコと伴にフェレイラ神父の消息を尋ねるが、棄教を迫られ信徒とともに殉教する。
キチジロー(窪塚洋介)
棄教してもなお信仰心を持ち告解を重ね、人間の弱さやみじめさ、卑しさを持っている。
井上筑後守(イッセー尾形)
長崎奉行の禁教政策の中心人物、元はキリシタンだが今は厳しい弾圧政策を指揮している。
通辞(浅野忠信)
ロドリコに棄教を迫る通訳、仏教とキリスト教の比較と日本人の価値観について説得する。
イチゾウ(笈田ヨシ)
トモギ村のキリシタンで洗礼の儀式ができる指導者的な立場で、棄教せずに磔刑で死ぬ。
モキチ(塚本晋也)
トモギ村の信仰心の強いキリシタンで、イチゾウとともに棄教せずに磔刑で死ぬ。
モニカ(小松菜奈)
洗礼によりモニカとなり、死ねば天国に行けると信じ死ぬことを恐れていない。
ジュリアン(加瀬亮)
洗礼によりジュアンとなり、踏み絵を拒み首を跳ねられて死んでしまう。
クリストヴァン・フェレイラ神父(リーアム・ニーソン)
イエズス会の神学者で赴いた日本で、棄教を強制され日本名を名乗り仏教を学ぶ。
ヴァリニャーノ院長(キーラン・ハインズ)
イエズス会の司祭としてマカオに赴任。ロドリコとガルペの日本行きを許可する。

Amazon.co.jp | 沈黙-サイレンス- [Blu-ray] DVD・ブルーレイ - アンドリュー・ガーフィールド, アダム・ドライバー, 浅野忠信, 窪塚洋介, イッセー尾形, 塚本晋也, 小松菜奈, 加瀬亮, 笈田ヨシ, リーアム・ニーソン, マーティン・スコセッシ
Amazon.co.jp | 沈黙-サイレンス- DVD・ブルーレイ - アンドリュー・ガーフィールド, アダム・ドライバー, 浅野忠信, 窪塚洋介, イッセー尾形, 塚本晋也, 小松菜奈, 加瀬亮, 笈田ヨシ, リーアム・ニーソン, マーティン・スコセッシ

あらすじ(ネタバレあり)

キリスト教は弾圧され、信仰する人々は迫害にあい死んでいく。

江戸初期、キリシタン弾圧下の長崎。

辺り一面に熱水泉ねっすいせんが噴き出す雲仙岳うんぜんだけの火口付近で、はりつけにされた神父と修道士たちが熱湯を顔面や体に浴びせられ悲痛な叫びをあげています。

神父は「主イエス・キリストに栄光あれ」と祈ります。

役人は「お前らの信じているゼウスはどうして助けに来ないのか」と問います。

長崎奉行の役人は、修道士4人とイエズス会の神父1人に向かって神と福音を捨てろと迫り、彼らはそれを拒み続けます。それは、信仰の強さと “内なる神” の存在を示すためでした。彼らの勇気は、潜伏する神父たちに希望を与えます。

イエズス会に7年の歳月を経て、日本から1通の手紙が送られ、次のように記されていました。

「1633年、キリストの平安、神をたたえよ。我々にとって、この地に平安はない。光りの国、日本を知らないし、闇の国、日本も知らない。我々の布教は、新たなる迫害と圧迫、辛苦によりついえた。」

ロドリコとガルペは恩師フェレイラの消息を尋ね、日本に向かいます。

ヴァリヤーノ院長は、ロドリゴ神父とガルペ神父に手紙を読み聞かせ、信じられないことを伝えます。

それは、フェレイラ神父が棄教したというのです。公然と神を非難し、信仰を棄てたうえに日本人として暮らしているというのです。

ポルトガルから来たフェレイラの弟子のロドリゴ神父とガルペ神父は、師であるフェレイラ神父が、強い意志の持ち主であり、日本に命懸けで布教に赴いたことを知っていて、俄かには信じられません。

ヴァリニャーノ院長は、「我々の布教が原因で数千人が殺され、多くが信仰を棄てた」と言います。

信じられず、またその消息が気にかかるロドリコとガルペの二人は、院長の許可を得て、危険を承知のうえでイエズス会が日本へ渡る最後の宣教師として旅立ちます。

二人は、香港で密航しマカオで棄教したキチジローを紹介されます。

1640年5月25日

ロドリコとガルペの二人は、香港で、日本への密航船に乗り込むことができ、マカオで英語ができる日本人を紹介されます。日本人の名前は、キチジロー。長崎で漁師をしていたという酒浸りで信用ならない男でした。中国の案内人は、キチジローをキリシタンと呼びますが、キチジローは、「自分はキリシタンではない、キリシタンは殺される」と言います。

キチジローは、かってはキリスト教徒だったのですが、今は違うようでした。彼は、キリストを嫌い、長崎で人が死んでいることを憂いていました。キチジローは「金のためではなく、日本に家族がいるので帰りたいのだ」と言います。

ロドリコとガルペの二人は、うさんくさいキチジローですが外国語を話せ案内役がでるので、伴にすることにしました。

ロドリコとガルペの二人とキチジローは夜、長崎の五島列島の一つトモギ村に着きます。陸に上がるとすぐにキチジローは姿を消してしまいます。二人が洞窟に隠れていると信者たちが現れます、彼らは密かに隠れ祈り暮らしています。司祭は存在せず、村の長のイチゾウが洗礼をしています。弾圧はさらに厳しく、見つかれば処刑されると村人は話します。

パードレとして迎えられた二人は、村人の信仰の深さに感銘します。

長崎奉行の井上筑後守は、キリシタンの弾圧を奨励し信徒の密告で銀100枚、修道士で200枚、司祭で300枚と賞金をかけており、村々の人々は恐怖とお互いが密告者かもしれないとの不信のなか生活しています。

信徒たちはロドリコとガルペの二人をパードレ神父として迎えます。

二人は、トモギ村の信徒たちに深い愛を感じます。昼は炭焼き小屋で姿を忍ばせ、真夜中、ミサをあげます。村人たちはパードレが現れたことで、毎日、告解をはじめます。人々は罪を赦す司祭が現れたことをイエスさまの使いとして崇め感謝します。

貧しい村人たちの信仰は熱烈ですが、厳しい迫害のために他の地域のキリシタンとの交流はなくフェレイラ神父の情報は得られません。

ある日パードレを訪ねて、二人の信徒がやってきます。「自分たちの住む五島にも来てほしい、信仰が揺らいでいてミサも告解もない」と言います。

二人の信徒はキチジローに教えられて小屋を訪ねてきたといいます、不審がるロドリコとガルペに対して、キチジローは五島の出身で信徒だといいます。

二人の信徒はキチジローについて説明をします。

「キチジローは、かつて井上筑前守の前で神を否定した。踏み絵を行い彼は助かったが、行わなかった家族は全員殺された。キチジローは神を否定したが、今も神を信じている。」と言うのです。

五島では100人に洗礼を授け、信徒への激しい弾圧を知ります。

トモギの村人はパードレ二人が五島に行くことを拒み、どちらか一人は残ってほしいと願います。同じ信徒の苦しみに向かうためロドリコが五島に向かうことになります。

ロドリコは、五島の信徒に迎えられます、そこにはキチジローの姿もありました。また新たな気持ちでミサを行います。五島だけでなく山を越え、よその村からも信徒がやってきます。そして五島ではフェレイラ神父を知っているという信徒にも会います。

信徒たちは、“信仰のしるし”を欲しがるので、ロドリコはできるだけ形あるものを授けますが、同時に、信仰よりも形あるものを崇めることに不安を感じます。ロドリコは、五島では100人以上に洗礼を授け多くの告解を聞きます。

ロドリコは、ロザリオを受け取らないキチジローに質問をすると、キチジローは、かって井上筑前守が家族全員の棄教を迫った時にイエスの聖画を足で踏めと言われ、家族は踏まなかったが自分は踏んだ。そして、家族が殺されるのをただ見届けた。以来、キチジローの脳裏には、燃える炎と肉の焼ける臭いが甦ります。

キチジローはロドリコに告解して信仰への再開を誓います。