太宰治

太宰治『斜陽』あらすじ|恋と革命に生きる、新しい女性の姿。

概要>戦闘開始!人間は、恋と革命のために生まれてきたのだ。裕福な家系に生まれ戦後の没落する貴族階級のなか、母の死を見とどけ、かず子の道徳革命が始まります。変化する社会の中、シングルマザーとして生きる決意をする逞しい女性の生き方を描きます。
梶井基次郎

梶井基次郎『桜の樹の下には』あらすじ|絶対の美と死は、表裏一体。

概要>桜の樹の下には屍体が埋まっている!で始まる有名な短編。どうして桜はあんなに美しいのかが信じられない。それはきっと死と繋がっているからだと思う。神秘的な美しさと、醜い屍体。表裏一体を幻想的に表現し不安や憂鬱から解放されていく。
芥川龍之介

芥川龍之介『蜜柑』あらすじ|目に写る色彩が、心を癒した瞬間。

概要>疲労と倦怠をかかえ電車に乗る私。そこに下品な小娘が乗り込んだ。その姿や態度は、まるで世間のように不可解で、下等で、退屈なものだった。 突然、娘はある行動をとり、私に一瞬、人生のつまらなさを忘れさせてくれた。娘がとった行動とは何だったのか。
スポンサーリンク
太宰治

太宰治『道化の華』あらすじ|人と繋がるための道化と、弱者への慈悲。

概要>ここを過ぎて悲しみのまち。葉蔵は心中をはかり、自分だけは助ってしまう。自殺の原因は何か、体は傷つきながらも、心の内面を容赦なく暴いていく。そんな葉蔵を「僕」が見守っている。道化の華に、繋がることの難しい人間社会の哀しみを感じる。
村上春樹

村上春樹『パン屋再襲撃』あらすじ|非現実的で不思議な、襲撃の結末は。

概要>僕と妻は、耐えがたいほどの空腹感に同時に襲われる。その理由は、僕が昔、相棒とパン屋を襲撃したときの呪いが、かかったままだからだと妻が言う。結婚したての二人に訪れた都合よく行かない問題と修復のための共同作業。心理療法のような村上春樹の世界。
浅田次郎

浅田次郎『月島慕情』あらすじ|身請け話に、月島で見た真実は。

概要>吉原で生きる女郎ミノは、いなせな侠客の時次郎に苦界から身請けされ、やっとの思いで強運を引き寄せる。夢のような幸せのなか、憧れの月島でみた光景とは。時次郎とミノのそれぞれの「ばっかやろう」に涙する、浅田次郎の大正ロマンな人情お伽噺し。
洋画

映画『アメリカン・ビューティ』あらすじと解説/ここが見どころ!

概要>素晴らしき理想が崩れていく現代のアメリカの姿を描く。夫婦の関係、親子の関係、会社の関係、隣人の関係、友人の関係。全ての関係が壊れていく。リベラルな個人主義が暴走する。ケビン・スペーシー演じる、悲劇的で喜劇的な、哀れで少し幸せな結末。
洋画

映画『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』あらすじと解説/ここが見どころ!

概要>盲目の退役軍人フランクは生きることに絶望しニューヨークへ自殺の旅に出る。同伴するチャーリーは学校で苦境に立つ。岐路に直面し思い悩むとき、損得では選ばない、真の人間の高潔さとは何かをアル・パチーノが熱演。アカデミー賞の主演男優賞受賞作品。
梶井基次郎

梶井基次郎『檸檬』あらすじ|レモン爆弾が、憂鬱を吹き飛ばす快感。

概要>私の心を抑えつける得体の知れない不吉な魂のせいで、私の生活は蝕まれ街を彷徨する。ある時、店で見つけた一顆の檸檬の単純な色、匂い、重さ、形。この完璧な檸檬が私を重苦しい憂鬱から爽快な気持ちにしてくれる。色彩を思い描きながら読み進む感覚の世界。
洋画

映画『恋のためらい/フランキーとジョニー』あらすじと解説/ここが見どころ!

概要>男は、もう一度恋をしたいと誓い、女は、もう二度と恋をしないと誓う。ニューヨークの小さなレストランで芽生えそうな小さな恋。忘れられない心の傷に月の光が優しく降りそそぐ。アル・パチーノ×ミシェル・ファイファー。せつない大人の恋愛映画。
スポンサーリンク