坂口安吾『桜の森の満開の下』あらすじ|桜の下に、棲む魔性。

スポンサーリンク

概要>峠を支配する山賊も「桜の森の満開の下」だけは怖れている。山で捕えた女を女房にして都で暮らすが、我儘で残酷な日々に飽きて山に戻る。帰り道、満開の桜の下で女は鬼に変わり男を殺そうとする。男は鬼を殺したが実はそれは女房で、一人残された男は花に埋もれ孤独に佇む。

スポンサーリンク

登場人物

山賊
山に住むが、桜の森の満開の下だけは怖れている、捕らえた美しく我儘な女に翻弄される。

山道で捕らわれて山賊の女房となる、美しい女だがとても我儘で残酷、都での首遊びを好む。

あらすじ(ネタバレあり)

桜の花が咲くと、人々は酒を飲んで春爛漫と浮かれ陽気になるが、大昔は、桜の花の下は怖ろしい処でした。愛児を人さらいにさらわれた母親が発狂して桜の花の満開の下で子供の幻を描いて、狂い死にし花びらに埋まったという話もあります。昔、鈴鹿峠すずかとうげにも旅人が桜の森の花の下を通らねばならない道があったのですが、花の季節にはみな桜の下で気が変になり、やがて桜の森は、人が通らず山の静寂へととり残されてしまいました。

山賊は美しい女を女房にするが、我儘な女で前の女房を殺してしまう。

この山に一人の山賊が住みはじめました。街道に出て旅人の着物をぎ命を絶つほどの残酷な男でしたが、こんな男でも桜の森の花の下では、怖ろしくて気が変になりました。

それ以来、山賊は桜の花は怖いもので、厭なものだと感じ、花の下では風もないのにゴウゴウと風が鳴っている気がしました。花びらが、散るように魂が散って命が衰えていくように思われます。山賊は、これはおかしいと考えながら何年も経っていきました。

街道で女をさらい、始めは一人だった女房が七人になり、八人目の女房をまた街道から女の亭主の着物と一緒にさらってきました。女が美しすぎたので、ふと亭主は斬り殺してしまいました。

今日からお前は俺の女房だというと、女はうなずきました。女はすごく我儘わがままでした。山道は歩けないからおぶってくれといい、疲れたので降ろそうとすると「厭よ、こんな淋しいところにひとっときもジッとできない、急いでくれ。さもなきゃお前の女房になんかならず、舌を噛んで死ぬ」と言います。

それでも山賊は、この美しい女に「この山も、木も、谷も、雲もみな自分のものだ」と自慢しますが、女は取り合いません。女は男に「早く歩いておくれ」「走っておくれ」「もどかしいねぇ」「もう疲れたのかえ」と次々に指図し文句を言います。

山賊は、身体が節々からバラバラになったように疲れました。家に帰ると、これまでさらってきた七人の女房は、新しい女の美しさに心を打たれましたが、女は七人の女房の汚さに驚きました。

女は「私を女房にするなら、その山女を斬り殺しておくれ」と言い、「殺さなくっても」と男は言いますが、「私の亭主は殺したのに、自分の女房は殺せないのか」と言われ、男はうめきながら、女が指さしたいちばん顔形のととのった女を殺します。女は「今度は、この女」「次は、それ」と指示し、男は女のくびへザクリとダンビラを斬りこみます。

首がコロコロと転げとまらぬうちに「この女よ、今度は」と言い、残る女は四方に散りますが、「やぶの蔭にも一人」「上手かみてへ一人逃げていくよ」と指示され、斬り殺していきました。そうして、いちばん醜くてビッコの女は、「女中にするから」というので殺さずに生かされました。

女の悪魔と美に吸い寄せられ、それは桜の花の満開の下を通る感覚に似る。

男は、疲れがどっとこみあげて目がくらみます。静寂に気づき怖ろしさがこみ上げ、ぎょっとして振り向くと、女はやる瀬ない風情でたたずんでいます。男は、悪夢から覚めたような気がしますが、目も魂も、自然に女の美しさに吸いよせられて動かなくなってしまいました。

男は、なんだか、似ているようだ思いました。似たことが、いつか逢ったと考え、ああ、そう、あれだ。桜の花の満開の下です。あの下を通るときに似ていると思いました。

山の長い冬が終わり、花の季節が訪れようとしています。今年、桜の花が咲いたら、と男は考えました。

花の下にさしかかる時はそれほどではないが、花の下を歩くうちにだんだん気が変になり、前後左右、どちらを見てもかぶさる花ばかり、森の真ん中に近づくと怖ろしさにたまらなくなるのでした。

今年はひとつ、花ざかりの林のまんなかで、ジッと動かず、地べたに座ってやろうと考えました。そしてこの女もつれて行こうかと考えました。

女は大変なわがまま者でした。どんなに心を込めたご馳走をこしらえても必ず、不服を言いました。

山賊にとっては、十日に一度くらいのご馳走ですが、女にとっては、喉も通らぬもので、せめて食べ物ぐらいは都に劣らぬものを食べたいと思うのに、都の風をせきとめられた思いの切なさをえんじます。

男は、都の風がどうなのかを知りません。

女はくしだのこうがいだのべにだのを大切にします。また山の木で男に肘掛けや椅子を作らせ、ビッコの女は、女の長い髪をくしけずります。

男に都を怖れる心が生まれました。怖れは恐怖ではなく知らないことへの羞恥と不安、ただ彼はこれまで目に見える何物にも怖れなかったので、怖れの心に馴染みがなく、じる心にも馴れていません。そして都に対して敵意だけを持ちました。

女は「お前が本当に強いのなら私を都へ連れて行き、お前の力で、私の欲しいもの、都の粋を飾っておくれ、そしたらお前は本当に強い男なのさ」と言います。

男は都へ行くことに心を決めました。

彼は、都にあるくしこうがいや着物や鏡や紅を三日三晩とたたず、女の廻りへ積み上げて見せるつもりでした。何の気がかりもありません。

一つだけ気にかかることは、桜の森でした。

二日か三日の後に森の桜の満開が訪れようとしていました。彼は、桜の森の花ざかりのまんなかでジッと座って見せる。あと三日、彼は出発を急ぐ女に言いました。

男は、桜の花が咲くから桜の森の下へ行かねばならぬ、花の下は冷たい風がはりつめて、はてがないと説明すると、女は「私も花の下へ連れてっておくれ」と言い、男は「一人でなくちゃ、だめなんだ」と言うと、女は意地悪く苦笑いしました。

三日目がきました。

彼はひそかに出かけました。桜の森は満開でした。

一足ふみこむとき、男は女の苦笑を思いだし混乱しました。花の下の冷たさははてのない四方からどっと押し寄せ、身体は風に吹きさらされ透明になり風はゴウゴウと吹き通り、張りつめ声だけが叫びました。彼は走りました。

何という虚空でしょう。彼は泣き、祈り、もがき、逃げ去ろうとしました。花の下を抜けだしたとき、夢の中から我にかえった気持ちになりました。

都に住み女は不気味な骨遊びに興じ、男は飽きて山へ帰ろうとします。

男と女とビッコの女は都に住みはじめました。

男は、夜毎に女の命じる邸宅へ忍び入り着物や宝石や装身具を持ち出しました。しかし、女が何より欲しがるのは、その家に住む人の骨でした。家には首が集められました。

男には首の数が多すぎてどれがどれやら分からなくても、女は一々どこのたれということを覚えていました。毛が抜け、肉がくさり、白骨になってもどこのたれと覚えていました。

女は毎日<首遊び>をしました。

首が家来をつれて散歩に行き、首の家族同士が遊びに来たり、首が恋をします。女の首が、男の首をふり、又、男の首が女の首を捨てて女の首を泣かせます。

姫君の首が、大納言の首にだまされて契りを結んだり、姫君の首がこれを気づくが憎めず、悲しみに泣き尼になったり、それでも大納言の首は、尼になった首を犯したり、姫君の首は死のうとしたが死ねず山科の里に隠れ、大納言の首のかこい者となったりします。それを二人の首をくっつけながら遊ぶのです。

二人の首は酒盛りをして恋にたわぶれ、歯の骨と噛み合ってカカチカチ鳴り、くさった肉がぺちゃぺちゃくっつき合い鼻もつぶれ目の玉もくりぬけていました。

坊主の首は、女に憎がられてなぶり殺しに処刑され白骨になります。女は新しい若い坊主の首を命じ、その首を舐めたりくすぐったりします。じきに飽きるとまた男に新しい首を命じます。

美しい娘の首は、清らかな静かな高貴な首で、女はこの首を可愛がりました。娘の首のために若い男の首が必要で、二人の若者の首は燃え狂うような恋の遊びにふけります。

男は都を嫌いました。珍らしさに慣れ、なじめない気持になります。

彼は毎晩人を殺していることを昼は忘れていました。人を殺すことにも退屈していました。刀で叩くと首がポロリと落ちているだけでした。

彼は女の欲望にキリがないので、そのことにも退屈していました。

家へ帰ると、女はいつものように首遊びにふけっていました。彼の顔を見ると女は、「今夜は白拍子の首を持ってきておくれ。舞を舞わせて、私が今様を唄ってきかせるのだから」と言います。

男は「俺は厭だよ」と言うと、女はびっくりして、そのあげくに笑い出しました。

「キリがないから厭だ」という男に、「毎日毎日ごはんを食べるのも、毎日毎日ねむるのもキリがないじゃないか」と女は言いました。

「それと違うのだ」「どんな風に違うのよ」男は、女に言いくるめられる苦しさに逃れて、外へ出ます。そして、何故違うのか考えますが、分かりません。

空は昼から夜になり、夜から昼になり、無限の明暗が繰り返します。

女を殺すことによって、この無限の明暗をとめることができます。

あの女が俺なんだろうか?女を殺すと俺を殺してしまうのだろうか。

男は、数日、山中をさまよいました。ある朝、目が覚めると、彼は桜の花の下に寝ていました。その桜の木は一本でした。桜の木は満開でした。彼は、鈴鹿の山の桜の森のことを突然、思い出します。あの山の桜の森も花盛りに違いありません。山へ帰ろうと思いました。

桜の森の満開の下で女は鬼に変わり、男は女の首を絞め殺し孤独を知る。

男は家に帰りました、女は嬉し気に彼を迎えました。「俺は山へ帰ることにしたよ」と言うと、女は怒りに燃え裏切られた顔でしたが「お前が山へ帰るなら、私も一緒に帰るよ」と言って、女の目は涙にぬれていました。熱い涙を流しています。

新しい首は、女のいのちでした。女のために首をもたらすのは彼以外にいなかったのです。彼は女の一部でした。女はそれを放すわけにはいきません。

「でもお前は、山で暮らせるかえ」と言うと「お前と首と、どちらか一つを選ばなければならないなら、私は首をあきらめるよ」と言われ、夢ではないかと男は疑りました。

二人は直ちに出発しました。目の前に昔の山々の姿が現れました。「背負っておくれ」

男は始めて女を得た日のことを思い出しました。

「ほら、見えるだろう。あれがみんな俺の山だ。谷も木も鳥も雲まで」

男は桜の森の花ざかりを忘れてはいませんでした。然し、この幸福な日に、あの森の花ざかりの下が何ほどのものでしょうか。彼は怖れてはいませんでした。

桜の森が彼の眼前に現れてきました。男は満開の花の下へ歩きこみました。あたりはひっそりとだんだん冷たくなっていき、女の手が冷たくなっているのに気がつきました。

俄かに不安になりました。とっさに彼は分かりました。女が鬼であることを。

突然どっという冷たい風が花の下から四方のはたから吹き寄せました。背中にしがみついているのは全身が紫色の顔の大きな老婆でした。その口は耳までさけ、髪の毛は緑でした。男は走りました。鬼の手が喉にくいこみました。

彼は夢中で、鬼の手をゆるめ、手の隙間から首をぬくとどさりと鬼は落ちました。今度は彼が鬼に組みつき鬼の首をしめました。ふと気づいたとき、彼は女の首をしめつけ、そして女は息絶えていました。

女の死体には、幾つかの桜の花びらが落ちてきました。彼は女をゆさぶり抱きましたが無駄でした。彼はわっと泣き、背には白い花びらがつもっていました。

彼は始めて桜の森の満開の下に座っていました。いつまでもいることができました。桜の森の満開の下の秘密はだれにも分かりません。

「孤独」というものかもしれません。彼自らが孤独自体でありました。

頭上に花がありました。その下にひっそりと無限の虚空がみちていました。ひそひそと花が降ります。

女の顔の花びらをとってやろうとしたときに、女の姿は掻き消えて、幾つかの花びらになっていました。その花びらを掻き分けようとした彼の手も身体を延ばしたときに、もはや消えていました。

あとには花びらと、冷たい虚空がはりつめているばかりでした。

解説(ここを読み解く!)

●静寂や透明感の中に、狂気や血塗られた記憶が閉じ込められている。

この山賊は、鈴鹿峠の、山という山、木という木、谷という谷、その雲まですべてが自分のものだと威張っているのですが、唯一、「桜の森の満開の下」だけは近寄らず怖れています。

冒頭に桜の森の満開の下に、昔から伝わる説話を紹介し、そこだけに漂い棲む、誰にも侵しがたい魔性があるとしています。

下賤の男が都の美しくきらびやかな女を女房にする、残虐だが美しい女の気を引こうとして、冷酷で無慈悲だった山賊が、下僕のように振る舞い昔の女房を次々に殺す。

男は、なぜかこの気持ちを、なぜそうなるのか分からないのですが、あの「桜の森の満開の下」にいるときと似ていると感じます。

女の魔性に従うあまりに、さらに惨忍さが剥き出しになっていきます。我儘な「骨遊び」に興じる女に、云われるままに人を殺し首を集めてくる男、しかし女の美しさには、静寂や透明感が漂います。

都では、山賊の男は孤独な虚無を感じます、そして都を愛する女が、首遊びに興ずるのもまた孤独な虚無です。それは繰り返し行われていき無限の明暗を走りつづけているようです。

それを止めるには、女を殺すことでしか解決できないと考えます。同時に、あの女が俺なんだろうか?
あの女を殺すと、俺を殺してしまうのだろうかと考えます。

都に行く前に、男は「桜の森の満開の下」を訪れましたが、既にこの時、女の残虐と美しさに誘惑され幻影に導かれていたのかもしれません。

●「桜の森の満開の下」の美しく残酷な中に閉じ込められた虚無と孤独。

男は都の暮らしを断ち切り、山に帰ることを決意します。女も一緒についてくるというので男は夢のように嬉しくなり新たな希望が湧きます。

帰り道、桜の森は一面の満開です。男は、女と一緒なので幸せで怖れはありません。

男が満開の花の下に歩きこむとだんだん冷たくなり、女の手も冷たくなります。女は鬼に姿を変え、全身が紫の顔の大きな老婆になります。

鬼は男を殺そうと手を喉にくいこませます、逆に男は鬼の首を絞めます。気づくと、それは女の首で、女は息絶えました。死体には桜の花びらが落ちてきました。

触れようとすると女は消え花びらとなり、掻き分けようとする自分も消えていきました。あとには、花びらと冷たい虚空がはりつめているばかりです。

男と女は、山と都で嗜好する世界は異なりますが、ともに孤独と虚無の中にいたのです。卑しい男は、都の匂いのする美しく恐ろしい女を欲するあまり自ら隷属します。それでも結局、女の孤独と虚無に、男はついていけず山に帰ろうとします。しかし、すでに女も男なしには望みが叶わぬことを知っています。そして殺し合います。

孤独とは、人との関係の中に於いて思う感情です。「男」と「女」は一体だったのです。

ここで女を失った男は、相手がいなくなってしまい彼自らが孤独自体となります。

「桜の森の満開の下」は、男にとっては「女」の魔性だったのです。その魔性は、異常さや妖しさを持っています。謎めき、恐ろしく、幻惑し、美しく、そして狂った血の匂いがします。それは「男」の孤独や虚無の眼を通して見える幻覚なのです。

男は女を殺すことで、自らも殺してしまったかのような虚無の底にいます。このとき怖れや不安は消え、冷たい風もありません。ひっそりと花が散りつづけるばかりです。

静寂や透明感の中に、狂気や血塗られた時間が閉じ込められたような不思議な幻想。美しくエゴイストで残虐なものに翻弄されていく、人間の「虚無と孤独」を描きます。

※坂口安吾のおすすめ!

坂口安吾『白痴』あらすじ|墜ちることで、人間は救われる。
坂口安吾『桜の森の満開の下』あらすじ|桜の下に、棲む魔性。
坂口安吾『夜長姫と耳男』あらすじ|好きなものは、呪うか殺すか争うか。

作品の背景

敗戦日本の状況下、人間の本質をえぐるようなメッセージです。坂口安吾は、幅広いジャンルの作品がありますがやはり、人間の本性そして時代的にも神経症的な不安と狂気を捉えた作品が真骨頂です。代表作の「堕落論」や「白痴」は、戦争が大きなテーマとなっています。この「桜の森の満開の下」は戦争を題材にしたものではありませんが、東京大空襲の死者たちを上野の山に集めて焼いたとき、桜が満開で人気のない森に風だけが吹き抜けていたのが「原風景」となったと記されています。説話形式の小説ですが、基底には多くの安吾の作風と同じように、不安や狂気を「女」の愛欲のなかに描きます。『堕落論』の「生きよ、墜ちよ」の一節が有名ですが、「彼自体が孤独自体」という表現にも通じます。

発表時期

1947年(昭和22年) 6月15日、暁社雑誌『肉体』創刊号に掲載される。当時、40歳。坂口安吾は、戦前から戦後にかけて活躍した作家で、太宰治と並ぶ無頼派とされています。戦後、「堕落論」と「白痴」の二作で流行作家となります。安吾文学は、神経症的な不安と狂気を描くことが多い。「桜の森の満開の下」は、説話形式の小説だが、幻想的な世界を描いている。