江戸川乱歩『押し絵と旅する男』あらすじ|絵の中の恋は、時空を越えた。

解説>男が恋焦がれた女性は、額のなかの押絵細工だった。それでも男は、自ら求めて自分自身も押し絵となる。仲睦ましい二人の押し絵をもって旅をする男、その男の話を聞きながら遠眼鏡で覗く額のなかの世界は、蜃気楼のように漂う私の幻想だったのか。

登場人物

登場人物

押し絵と旅する男
汽車のなかで「私」が出会った四〇歳にも六〇歳にも見える男性で絵の額を持つ。

語り手で、汽車のなかで「押し絵と旅する男」の不思議な物語を聞いている。

押し絵と旅する男の兄で、浅草の凌雲閣十二階から眺めた美しい女性に恋をする。

あらすじ(ネタバレあり)

この話は、私の夢か、狂気の幻でなかったなら、押し絵と旅をしていた男こそ狂人に違いない。だがこれは、私が不可思議なレンズ仕掛けを通して、この世の視野の外にある別の世界の一隅を、ふと隙見したものかもしれない。

蜃気楼を見た帰りの汽車で、私は絵の額の表を車窓に向ける男にあった。

その時、私は能登半島に近い魚津へ蜃気楼を見にでかけた帰り道であった。

私がこの話をすると、友達に、お前は魚津なんか行ったことはないじゃないかと突っ込まれる。そう言われると、私は、それは夢だったのかと思うが、夢ならば色彩を伴わぬものなのに、あの折りの汽車のなかの景色は濃厚な色彩を持ち、とくに押し絵の画面が中心で生々しく私の記憶に焼きついている。

私はその時、生まれて初めて蜃気楼というものを見たのだ。

遥かな能登半島の森林が、喰違った大気の変形レンズを通して、すぐ目の前の大空に、焦点のよく合わぬ顕微鏡の下の黒い虫みたいに、曖昧に、しかも馬鹿々々しく拡大されて、見る者の頭上においかぶさって来るのだった。

蜃気楼の魔力が、人間を気違いにするものなら、恐らく私は、帰りみちの汽車のなか、その魔力に逃れることが出来なかったのだ。

夕方の六時頃、魚津の駅から上野の駅への汽車に乗った。私の外にはたった一人の先客が、向こうの隅の席にいた。

男は、古風で黒の背広服を着て、背が高く足が長くて意気でスマートな感じだった。一見、四十前後だが、よく見ると顔におびただしいしわがあり六十位にも見えた。

彼は、大きな風呂敷をひろげ絵のがく表側おもてがわを窓ガラスに向けて、まるで外の風景を見せるように立てかけ、その後、しまっているようであった。そのとき、表面に描かれた極彩色の絵が妙に生々しかった。

荷物を包み終わると、ひょいと私に顔を向け二人の視線がぶつかった。彼は何か恥ずかしそうにかすかに笑い、私も挨拶した。

額には老人と若い女性の押絵細工があり、まるで生きているようだった。

私はその西洋の魔術師のような風采の男が怖かったが、遂に、たまらなくなって立ち上がり男の方へ歩いて行った。男は目で私を迎える様にして、あごで傍らの荷物を指示して、

「これでございますか」と、当たり前のような口調で云った。

「これがご覧になりたいのでございましょう」もう一度同じことを繰り返した。

「見せて下さいますか」私は相手の調子に引き込まれてつい変なことを云ってしまった。

がくには、歌舞伎御殿の背景のように青畳の格子天井が向こうまで続き、左手前方には書院風の窓が描かれ、傍には角度を無視して文机ふみづくえがあった。背景は、絵馬札の画風に似ていた。

そこに一尺位の二人の人物が浮き出していた。それは押絵細工で出来ていた。黒天鵞絨くろビロードの古風な洋服を着た白髪の老人がいた。不思議なことにその容貌は髪の色を除くと、絵の持ち主の老人そのままだった。

隣には、緋鹿ひかの振袖に黒繻子くろじゅずの帯で、一七八の結綿ゆいわたの美少女が恥じらいながら、老人の洋服の膝にしなだれかかっている。いわゆる芝居の濡れ場の場面であった。

この押絵の細工の精巧さは驚くばかりで、顔の部分は細い皺まで現わしてあり、娘の髪は本当の毛髪を植えつけてってあり、白髪も植えつけたものであった。洋服も正しい縫い目や、粟粒のぼたんまである。娘の胸のふくらみ、腿の艶めかしい曲線、肌の色、指のさきの貝殻のような爪、虫眼鏡で覗いたら、毛穴や産毛まであるのではないかと思われた。

しかし何よりも私が奇妙に思えたのは、押絵の人物が、生きている瞬間をそのまま板に、貼り付けたように永遠に生きながらえているように見えたことである。

老人は、いとも楽しげな口調で、ほとんど叫ぶように

「アア、あなたは分かって下さるかも知れません」と云いながら双眼鏡を出した。

押絵の娘は、双眼鏡の中で、私の目の前に姿を表し実物大の一人の生きた娘としてうごめき始めた。

十九世紀の古風なプリズム双眼鏡の玉の向こう側には、思いも及ばぬ別世界があって、そこに結綿ゆいわたの色娘と古風な洋服の白髪男が奇怪な生活を営んでいる。

娘は、若い女の生気が蒸発して居るように思われた。白髪男の方は幸せそうだが、同時に、しわの多い顔には悲痛と恐怖の混ざり合った一種異様な表情であった。

老人はがくを窓のところへ立てかけ「あれらは、生きて居りましたろう」と云った。

女に恋焦がれる兄は、額のなかに入り自らも押し絵となってしまった。

そして老人は世にも不思議な、物語をはじめたのである。

明治二十八年の四月、兄が(と云って老人は押絵の老人を指して)あんなになりましたのが、二十七日の夕方でした。当時の兄が二十五歳の時の話だと云う。

その頃の浅草公園といえば、蜘蛛男の見世物、娘剣舞、玉乗り、駒廻し、覗きからくりなどであったが、当時、凌雲閣という十二階の展望建築ができ、高さ四十六間、八角型の頂上があり兄はそこに登って楽しんでいた。

そのうち兄の変なそぶりが心配になる、飯もろくに食べず、家内のものとも口をきかず閉じこもり、身体はせ顔は肺病みたいに土気色で青ざめて沈んでいる。

そのくせ毎日、昼から日暮れまで出かけている。男は心配した母のいいつけで兄の跡をつけると、行き先は浅草の観音様で、仲店なかみせからお堂の前を素通りし見物小屋の間を通り凌雲閣の十二階に行っているのでした。

頂上は八角形の欄干で、そこからは東京中の屋根が見えます。兄は、そこからしきりと浅草の境内を眺めまわしていました。何をしているのかと私が兄に訊ねますと、兄の煩悶の原因はこの十二階から境内を見たときに、この世のものとも思えない美しい人に、すっかり心を乱されたのでした。

それ以来、毎日毎日、十二階に登っては、その美しい女を探すために双眼鏡を覗いていたのでした。恋というものは不思議なものでございますね。

ところが突然、兄は「さあ行こう。早く行かぬと間に合わぬ」と云い、あの娘を見つけたというのです。しかし、そこへ行っても娘は見つかりませんでした。

ふと見ると、一軒の覗きからくり屋で、兄が一所懸命に覗いているじゃありませんか。

「私が探していた娘さんはこの中にいるよ」と兄は申すのです。私は覗きの眼鏡を見ますと、それは「八百屋お七」の覗きからくりでした。

覗き絵の人物は押絵になっていて、お七の顔は生々しく奇麗で本当に生きているようでした。

兄が申すには「たとえこの娘さんが、こしらえの押絵だと分かってもあきらめきれない。私も吉三の様な、押絵の中の男になってこの娘さんと話がしてみたい」と云うのです。

考えてみますと、その覗きからくりの絵が、光線をとるために上の方が開けてあり、それが斜めに十二階の頂上からプリズムのように見えたのに違いありません。

そして兄は私に「この望遠鏡をさかさにして、大きなガラス玉の方を目に当てて、そこから私を見ておくれ」と云いだし、仕方なく言われた通りにして覗いたのです。

闇の中に浮き出て見える兄は、後ずさりに歩きとうとう一尺位の人形みたいになり宙に浮いたかと思うと、闇の中に溶け込んだのでございます。こうして私の兄は、この世から姿を消してしまったのです。

男は、額の中の男と同じ人物なのか、それとも私が幻想をみているのか。

長い間、兄を探しましたが私はハタと気づきました。兄は魔性の遠眼鏡とおめがねの力を借りて自分の身体を押絵の娘と同じ大きさに縮めたのではと見ますと、兄は押絵になって吉三の代わりにうれしそうな顔をしてお七を抱きしめているではありませんか。

私は悲しいとは思わず、本望を達した兄の幸せに涙が出るほどうれしかったのです。

私は、母に金をねだりその絵を買って、それを持って、箱根から鎌倉の方へ旅をしました。兄に新婚旅行をさせてやりたかったのですよ。

二人は本当の新婚者のように、恥ずかしそうに顔を赤らめながらお互いの肌と肌とを触れ合って、むつまじく尽きぬ睦言を語り合ったのです。

娘の方は人のこしらえたものですから年をとることはありませんが、兄の方は年をとります。二十五歳の美少年だった兄は、白髪になって醜い皺が寄ってしまいました。

相手の娘がいつまでも若く、自分ばかりが汚く老いていく。兄は数年前から悲しげな苦しそうな顔をしております。私は気の毒でしょうがありません。

「アア、飛んだ長話を致しました。あなたは分かって下さいましたでしょうね。どれ兄さんたちもくたびれたでしょうし、さぞかし恥ずかしがっておいででしょう」と云いながら風呂敷に包むのでした。

その一瞬、押絵の人形の顔が、少しくずれ恥ずかしそうに私に挨拶の微笑みを送った様に見えたのです。

ではお先へ、と老人は立ち上がり外へ出て行ったが、細長い老人の後姿(それが何と押絵の老人そのままの姿であった)は闇のなかへ溶け込むように消えて行ったのです。

解説(ここを読み解く!)

●幻想の世界に誘うための素材の工夫とその合理的かつ感覚的な説明

この「押し絵と旅する男」は、奇妙なタイトルである。ここに乱歩の幻想世界をつくりだすための工夫がある。

人形が語りかける話は、比較的にある。パペットをつかった劇などは誰にでも馴染みがある。しかしこれでは幻想とは言えない。例えば、幼い子供を失くし悲しみのあまり親が人形と共に旅をしてみたりする。これは幻想の世界に近いが、むしろ悲しみの果ての妄想のように解釈できる。

幻想の世界は、もっと広く一般の人々の精神の倒錯を引きずリこむような力が必要である。この押絵細工は、細部が本物のようで生きているような描写である。あたかも表情や仕草をつくる人形浄瑠璃文楽を想起させる。名人の手で人形に一瞬、生命が宿るような日本の伝統芸能である。

場所は浅草公園の蜘蛛男の見世物、娘剣舞、玉乗り、駒廻しなど。そして浅草六区に新築された高さ40m位の眺望用の高層建築物。外国の品物を売る店が並んだり、戦争絵巻が飾られたりしている。ここでも大道芸や覗きからくりなど日本の俗的な見世物の煌びやかな色彩と新しい洋風建築の凌雲閣、煉瓦造りの蝸牛かたつむりのような螺旋階段を上り、この十二階から双眼鏡で境内を見ている場面の和洋の対比がある。

既にこの絢爛な世界の美しさそのものが万華鏡のようで、夢か現実か、蜃気楼さながらの目のくらむような幻視の舞台になっている。

そして多くの人の中に見つけた美しい女性は、実はこの押し絵のなかの女性がプリズムで反射して双眼鏡に映っているという設定になっている。

そしてこの遠眼鏡とおめがねは、三十年来の舶来もので時間の針を戻すような異様な形のプリズム双眼鏡として描かれ、それを“さかさ”に覗くことで不思議なことが起こる。

●読み手を参加させて一体化させるための共有体験のつくり方の工夫。

素材の工夫は出来上がっても、そこに心理作用を反映させるには、人間の深い感情や強い思いがなければならない。

この男はプリズムで反射して現れた押し絵の、この世のものとは思えない美しい女性に恋をする。その気持ちは、恋のやまいさながらに思い焦がれて健康を壊すほどで、日々、凌雲閣りょううんかくへ向かい、十二階から双眼鏡を覗き女性を探す。

ついに女性を見つけると、心配し尾行してきた弟に、双眼鏡をさかさにして兄を見るようにといい、すると兄はみるみる小さくなって絵の中に入っていく。そして押し絵となり二人は仲睦まじくなるが、兄は生身の人間なので年を取っていく。弟は、兄と女性の二人のために押し絵を抱えていろいろな景色を見せてあげようと旅をする。

この心理がもたらす幻想は、この「弟」の妄想なのか、それとも蜃気楼を見にやってきた「私」の中にある精神の倒錯現象なのか、もしかしたら押し絵の中に「弟の兄」は、ほんとうに生きているのか。

怪奇性というよりもそれが「恋ごころ」という淡い甘さなので、「私」と弟である「押し絵と旅する男」と、兄である「押し絵の男」の三者の関係が不思議な幻想のなかにある。

娘はもともと造作物で年をとらないが、押し絵の中の男はもう三十五年も前の出来事であり、つまりこの三十五年間、弟は押絵を抱いて生きており、たまにこうして旅をしている。その歳月をかけて年老いて行き、やがて白髪になり顔の皺はふえていく。

物語の最後に、押し絵を抱えた老人の後ろ姿と、押し絵の老人が同じに見えたと描かれることで、この幻想は「私」が見た幻想のようだが、読み手が抱いた幻想は、「押し絵と旅する男」と「私」に対する幻想で、蜃気楼のように宙に浮きあがった状況になっている。

※江戸川乱歩おすすめ!

江戸川乱歩『人間椅子』あらすじ|醜い男が女性に触れる、異常な方法。
江戸川乱歩『屋根裏の散歩者』あらすじ|節穴から覗く、完全犯罪。
江戸川乱歩『二銭銅貨』あらすじ|南無阿弥陀仏の、暗号を解く。

作品の背景

江戸川乱歩の作品は1920-1930年代に多く執筆されている。乱歩の作品は大きく3つに区分される。ひとつは有名な明智小五郎もの短中長編の探偵推理小説、もうひとつは、明智小五郎以外で初期の「二銭銅貨」「小さな切符」をはじめとする探偵推理小説、そして「人間椅子」などの幻想・怪奇小説である。この「押し絵と旅する男」は幻想・怪奇小説に区分される。在りし日の兄は、浅草の凌雲閣十二階の双眼鏡から見つけた美しい女を忘れられない、弟は、兄を思い押し絵のなかで女性とともに生き長らえさせ、そして一緒に旅をする幻想的な世界を描いている。そして、この幻想を見たのは「私」だったのかもしれないとして、読者を幻想の世界に招待する乱歩の傑作である。今風で云えば本物と見分けのつかぬ3Dメガネやアンドロイドが着物をまとったようなリアリティ。ある意味で、より現代にも起こりうる幻想かもしれない。

発表時期

1929年(昭和4年)、雑誌『新青年』6月号に掲載される。当時、34歳。1927年(昭和2年)3月に、休筆を決意して乱歩は放浪の旅に出る。この時、蜃気楼を見るために魚津を訪れたこと(実際には蜃気楼は見れなかったが)が、本作の題材になる。当時、雑誌『新青年』の編集長の横溝正史から原稿依頼を受けるが、約束の日に書けなかったと乱歩は返答。実際は出来が悪くて捨ててしまってた原稿が「押し絵と旅する男」の原型になったとされている。

タイトルとURLをコピーしました