カポーティ『ティファニーで朝食を』解説|自由を追い求める、ホリーという生き方。

映画は、主演オードリー・ヘプバーンの輝きと共にハッピーエンドで終わるが、小説は、共産主義を意識した「いやな赤」や束縛からの絶対の自由をテーマに、資本主義の象徴としてティファニーが存在する。そして消費文明にも充足しきれないホリーは、隷属を嫌い野生の安住を求め彷徨し、アフリカに辿り着く。カポーティの原作は、ホリーという自由を愛す、強がりで脆くも美しい女性の物語。

あらすじ

それは作家である「私」の10年数前の回想である、当時は第2次世界大戦下だった。

ニューヨークのアパートメンに念願の一人住まいを始め作家を目指す「私」が、ふとしたことで階下のホリーという女性と知り合いになる。「私」は、ホリーの自由奔放な生き方に興味を持ち、彼女と過ごした出来事を思い起こす。

「私」は次第に恋心を抱いていくが、ホリーは「私」を兄妹のように身近に思う。女優の卵かモデルのようなホリーはニュヨ―クの社交界で有名な人気者。イノセントで美しく可愛いくお洒落な19歳の女性は、セレブな男たちの求愛をふわりとかわす。

彼女の催すカクテルパーティには多くのゲストー大金持ちや著名人、作家、芸術家、芸能関係―が招かれ幅広い交友関係で賑わう。

ホリーという女性は、客観的に見れば、金持ち男を漁る成り上がり志向の女、性に開放的で僅かばかりのお金でパウダールームに入る気軽な女、マフィアと関係を持ち連絡係を務める危ない女だ。

華やかな世界で自由気ままに生きる女性。部屋はいつでも旅立てるように荷物がなく、飼っている猫の名前すらない。ハリウッドの女優になる機会を自ら捨て、毎週木曜に刑務所シンシンに服役する麻薬密輸団の首領 “サリー・トマト” に会いに行く。慰問して、合言葉のような “天気予報” を自称 弁護士に連絡し100ドルを受け取る。

ある日、ホリーの夫でドグ・ゴライトリーというテキサスで獣医と農場を営む男が現れる。あまりの年の差や不釣り合いに驚く「私」に、ゴライトリーは経緯を語る。ホリーの本名はルラメー・バーンズで、フレッドと卵泥棒をしていたところを拾われ、14歳で後妻として結婚するが、飛び出してしまう。5年ほど行方を探していたが軍隊にいるフレッドの手紙で居場所を知りホリーを連れ戻しに来たと言う。

しかしホリーは「私は過去のルラメーではなく、自分は自由の身で帰ることは無い」とゴライトリーを説得する。

上流階級の社交の夜を過ごすホリーはブラジルの裕福な金持ちホセと結婚話が持ち上がるが、そこに、フレッドの死を報せる手紙が届く。最愛の唯一の肉親のフレッドを失い、取り乱し混乱するホリー。

さらに、サリー・トマトとの関係が疑われ、警察に部屋に踏み込まれ逮捕される。そのニュースは大々的に新聞ネタとなる。自称 弁護士のサリーの右腕のオショーネシーも逮捕され、社交界は大騒ぎでホリーは時の人となる。

俳優エージェントのO・J・バーマンらの尽力で何とか釈放されるが、スキャンダルを嫌うホセは婚約を解消する。ホリーはホセとの間で身籠った子も流産した。もうニューヨークに自分の居場所がないことを知ったホリーは、新天地を求めてブラジルへと旅立つ。50人のブラジルきっての金満家のリストを携えて。

ホリーにとっては、自分が寛げる地が安息の地だった。そして10年ぶりに、ホリーとそっくりの木彫りの写真を見て、さらに彼女はアフリカへと彷徨の旅に出たことを「私」は知る。