三島由紀夫

三島由紀夫『英霊の聲』あらすじ|などてすめろぎは人間となりたまいし。

天皇に殉じた青年の魂の復権を目指し、天皇制批判の問題作として物議をまきおこした三島の『英霊の聲』のあらすじを読み主題を解説。2・26事件と神風特別攻撃隊を題材に、日本を愛した青年将校や特攻隊員の激烈な歎きと純潔の死の意義と国体を考えてみる。
村上春樹

村上春樹『1Q84』あらすじ|大衆社会に潜む、リトル・ピープルと闘う。

リトル・ブラザーとは何か?『1Q84』のあらすじを読み主題を解説する。青豆と天吾は、大人になり再会するが、そこは20年後の1984年ではなく不思議な「1Q84年」。カルト教団の奇怪な観念世界と闘い、ふかえりに導かれ二人が愛を誓うまでの物語。
村上春樹

村上春樹『蜂蜜パイ』あらすじ|愛する人々が、新たな故郷になる。

震災で故郷は崩れたが、新たな絆が生まれる『蜂蜜パイ』のあらすじを読み主題を解説する。淳平と高槻と小夜子は昔から仲の好い3人グループ。高槻と小夜子の結婚を祝ったが、二人は離婚する。淳平は娘の沙羅に童話を作る。そして淳平は小夜子と未来を考える。
村上春樹

村上春樹『かえるくん、東京を救う』あらすじ|見えないところで、守ってくれる人がいる。

意味不明な『かえるくん、東京を救う』のあらすじを読み主題を解説する。ある日、かえるくんが片桐のアパートに来て、一緒に東京を地震から救うため、みみずくんと闘って欲しいと言う。風変わりでファンタジーな物語に潜むメッセ―ジは何か?その答えを解明!
F.スコット.フィッツジェラルド

フィッツジェラルド『グレート・ギャツビー/華麗なるギャツビー』あらすじ|狂騒の時代、幻を追い続けた男がいた。

狂騒の1920年代。夢を追い、一人の女性を愛し続けた男がいた。彼の名は華麗なるギャツビー。『グレート・ギャツビー』のあらすじを読み主題を解説。活況に沸くジャズ・エイジに儚く消えた悲愴の物語に、自身の人生を投影したフィッツジェラルドの最高傑作。
村上春樹

村上春樹『アフターダーク』あらすじ|損なわれたエリと危ういマリを、朝の光が救う。

それは11:56pm~6:52amの夜の闇に起きた出来事。『アフターダーク』のあらすじを読み主題を解説。深夜のデニーズでマリは高橋に声をかけられる。ラブホでは中国人娼婦が客に殴られる。夜に蠢く人々と、眠り続ける浅井エリ。<異界>の謎を解く。
J.D.サリンジャー

サリンジャー『キャッチャー・イン・ザ・ライ/ライ麦畑でつかまえて』あらすじ|ホールデンの魂が、大人のインチキと闘う。

ライ麦畑で遊ぶ無垢な子供を想う『キャッチャー・イン・ザ・ライ』のあらすじを読み主題を解説。社会の欺瞞にうんざりな16歳のホールデン。インチキと闘いながら、ニューヨークを暴走する魂が危うく彷徨し、やがて心癒され自身を回想する。村上春樹新訳。
村上春樹

村上春樹『海辺のカフカ』あらすじ|運命の呪縛に、どう生き抜くか。

世界でいちばんタフな少年『海辺のカフカ』のあらすじを読み主題を解説。父親を殺し母親と交わる、オイディプス悲劇の呪縛のような運命。記憶を失ったナカタさんが、自分を取り戻すための天岩戸の神話みたいな話。メタフォリカルな15歳の成長物語の謎解き。
村上春樹

村上春樹『スプートニクの恋人』あらすじ|自分の知らない、もうひとりの自分。

ドッペルベンガーとは何か?『スプートニクの恋人』のあらすじを読み主題を解説する。ギリシャの小さな島で失踪したすみれと残された二つの文書。すみれの見た死んだ母の夢と、ミュウの見た観覧車からの光景。<向こう側>の世界へ導かれていく理由と謎を解く。
村上春樹

村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』あらすじ|時空を繋ぐ、人間の邪悪との闘い。

人間の表層と深層が交錯する『ねじまき鳥クロニクル』のあらすじを読み主題を解説。猫が消え、妻のクミコが突然、行方不明になる。僕は妻を探し続け、不思議な人々と出会い、そこに隠された謎を解き明かしながら、悪の根源の綿谷ノボルと闘うことになる。