川端康成

川端康成『伊豆の踊子』あらすじ|野の匂いの好意に、癒される孤独。

概要>私は孤児根性の憂鬱に耐えきれず、一人、伊豆を旅する。知り合った旅芸人一行と心から語らい家族のような感情を知り、無垢な踊子の純情に淡い恋心を抱きながら別れる。そして私は、心を感じあえる人間に生まれ変われたことを素直に受け入れることができた。
志賀直哉

志賀直哉『城の崎にて』あらすじ|生から死を見つめる、儚き思い。

概要>電車に跳ねられ、後養生に城崎温泉にて療養をする。そこで観た蜂、鼠、蠑螈(いもり)の生物たちの死に、自身の事故と人間の生き死について思う。自然の風景や人間の営みのなかに、偶然すら「あるがまま」に心静かに生死を受け入れる死生観を漂わせる。
森鴎外

森鴎外『高瀬舟』あらすじ|あなたは喜助を、殺人罪で裁けますか?

要>決定的な死にいたる場合、その死を前に苦しむものがあったら、楽に死なせてその苦を救ってやるという死を幇助する行為、鴎外は江戸時代の随筆『翁草』の「流人の話」を題材に、従来の道徳観を超えて「安楽死」の問題を提起しました。
井伏鱒二

井伏鱒二『山椒魚』あらすじ|悪党になった山椒魚と、悟りをひらく蛙。

概要>山椒魚は二年の間に頭が大きくなり岩屋から外に出られない。次第に性格が悪くなり、たまたま紛れ込んだ美しい蛙を閉じ込め同じ運命に引き込むが、蛙は死を前にして悟りを開き、山椒魚を許して死んでいく。残された山椒魚は、ひとり孤独な死を待つのみとなる。
志賀直哉

志賀直哉『小僧の神様』あらすじ|少年の冒険心と、大人からの思いやり。

概要>秤屋の小僧の仙吉は、鮨が食べれずに意気消沈しているところを粋な客に腹いっぱいの鮨を食べさせてもらう。なぜ自分の気持ちだけでなく、行きたい鮨屋まで分かっているのか不思議に思いながら、きっと自分には神様が見てくれているのだと思う。
中島敦

中島敦『山月記』あらすじ|虎とは何か、尊大な羞恥心の変態した姿。

概要>李徴は比類ないほど優秀だが、我儘で自信家のため役人を辞め詩人を目指す。しかし詩作するも評価は上がらず「臆病な自尊心」と「尊大な羞恥心」により発狂し虎にかわる。そして親友の袁傪に人間として不適格な自分を恥じ、苦悩の中で虎として孤高に生きていく。
洋画

映画『ミリオンダラー・ベイビー』あらすじと解説/ここが見どころ!

概要>100万ドルを獲得する夢とその現実、そして尊厳死という大きなテーマを女性ボクサーのマギー、年老いたトレーナーのフランキーと相棒のエディの二人の視点で描く。尊厳を支柱に生とは何か、死とは何かを考させられるクリント・イーストウッド監督の珠玉の名作。
洋画

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』あらすじと解説/ここが見どころ!

概要>人生はチョコレートの箱、開けてみるまでは分からない。誠実さと足の速さはだれにも負けない知能指数75のフォレストは、ひたむきに生き、好奇心と強運で次々に人生が展開。アメリカ現代史も楽しみながら、心で見て心で感じることの大切さを教えてくれます。
宮沢賢治

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』あらすじ|ほんとうの幸いのために、生きる。

概要>ジョバンニは、貧しく、病気の母の看病と遠洋の父を待ちバイトで生活を支える。遊びや勉強の時間さえない孤独な日々を送る。そんなとき丘の上で銀河鉄道の旅に出る。親友のカンパネラと語りながら旅で知り会う人々と「ほんとうのさいわい」のために生きる意味を知る。
サン=テグジュペリ

サン=テグジュペリ『星の王子さま』あらすじ|大切なものは、目に見えない。

概要>小惑星B612からやってきた星の王子さま。バラの花と喧嘩して、見聞の旅にでる。6つの惑星を経て地球に着いた王子さまは、砂漠に不時着したパイロットと友達になる。そして大切なものは心で見なくちゃいけないことを知り、星に帰っていく。子供から大人に贈るファンタジーな宝物。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.