洋画

映画『ニューヨーク眺めのいい部屋売ります』あらすじと解説/ここが見どころ!

解説>画家の夫アレックスと元教師の妻アレックス、仲睦ましい二人が40年暮らす眺めのいい部屋だが、欠点はエレベーターが無い事。愛着のある街の中で老いゆく二人が選んだ決断は。モーガン・フリーマンとダイアン・キートン、静かな大人の演技が優しい。
邦画

映画『壬生義士伝』あらすじと解説/ここが見どころ!

解説>幕末の激動期、仇花として咲いた新選組。そこに、生きるために人を斬り、愛するために生き抜いた男がいた。壬生の狼と恐れられた南部盛岡藩脱藩、新選組隊士、吉村貫一郎の故郷と家族への愛を描いた浅田次郎原作、中井貴一主演の義に生きた男の物語。
洋画

映画『ティファニーで朝食を』あらすじと解説/ここが見どころ!

解説>ニューヨーク五番街、ティファニー。早朝、クロワッサンとコーヒーを手に佇む黒いドレスの女性。あまりに有名な映画のオープニングシーン。自由奔放に生きるホリー。美しいオードリー・ペプバーンの全てを余すところなく魅せる、映画史上の不朽の名作。
スポンサーリンク
短編小説

太宰治『グッド・バイ』あらすじ|人生即別離、さよならだけが人生だ

解説>太宰最晩年の作品、紳士淑女のさまざまな別離の様相を描く、と構想され10回までの原稿を渡し絶筆、未完となる。一部のみの作品だがユーモアとペーソスが入りまじりのドンファン別れの顛末エピソード、戦前、戦中、戦後と小説で愛をとどけた人生に合掌。
短編小説

太宰治『お伽草紙/カチカチ山』あらすじ|少女の心には、残酷な兎がいる

解説>戦時中、安全を求め転々と疎開する家族、落下する焼夷弾に防空壕の中で子ども抱きあやしながら絵本を読み聞かす傍ら太宰流の新説、お伽噺し。「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」を1作ずつ紹介。その創作意欲と、子どもに向ける愛情を思う。
短編小説

太宰治『お伽草紙/舌切り雀』あらすじ|あれには、苦労をかけました

解説>戦時中、安全を求め転々と疎開する家族、落下する焼夷弾に防空壕の中で子ども抱きあやしながら絵本を読み聞かす傍ら太宰流の新説、お伽噺し。「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」を1作ずつ紹介。その創作意欲と、子どもに向ける愛情を思う。
短編小説

太宰治『お伽草紙/浦島さん』あらすじ|年月は、人間の救いである

解説>戦時中、安全を求め転々と疎開する家族、落下する焼夷弾に防空壕の中で子ども抱きあやしながら絵本を読み聞かす傍ら太宰流の新説、お伽噺し。「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」を1作ずつ紹介。その創作意欲と、子どもに向ける愛情を思う。
短編小説

太宰治『お伽草紙/瘤取り』あらすじ|性格は、人生の悲喜劇を決める

解説>戦時中、安全を求め転々と疎開する家族、落下する焼夷弾に防空壕の中で子ども抱きあやしながら絵本を読み聞かす傍ら太宰流の新説、お伽噺し。「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」を1作ずつ紹介。その創作意欲と、子どもに向ける愛情を思う。
洋画

映画『キングオブコメディ』あらすじと解説/ここが見どころ!

解説>一夜だけでもコメディ王になる。妄想癖の強いルパートが計画したテレビショーの出演。幻想と現実の境が分からないサイコパスの精神病理をロバート・デ・ニーロが淡々と不気味な演技で迫る、ニューヨーク派のスコセッシ監督が贈る孤独な悲喜劇。
洋画

映画『アフター・アワーズ』あらすじと解説/ここが見どころ!

解説>マンハッタン、退屈な仕事を終えて深夜のカフェで出会った女性、ほんの興味心のつもりが、次々に起こる不思議な因果。ソーホーで体験するついてない男の悪夢のような出来事の連鎖。帰るに帰れない不運な男ポール。ニューヨーク派のスコセッシ監督が贈るブラックユーモア。
スポンサーリンク