浅田次郎

浅田次郎『ラブレター』あらすじ|ひたむきな手紙に涙する、大人の恋。

概要>高野吾郎の仕事は、歌舞伎町にある裏ビデオ屋の雇われ店長。偽装結婚をした中国人女性の突然の訃報に対処するなかで、なぜか感じる憤りとせつなさ。それは、女性がしたためたひたむきな手紙のせいだった。見知らぬ妻からのラブレター、ぜひ読んでください。
芥川龍之介

芥川龍之介『トロッコ』あらすじ|人生の昂揚と、訪れる不安の記憶。

概要>大人になり妻子と暮らす良平は、世の中に疲れた時にふと、何の理由もなく八歳の時のトロッコの出来事を思い出す。目の前に広がる美しい景色と大人との会話、ひとり帰る暗く遠い家路。 昂揚と一転して訪れる不安。良平二十六歳、漠然と持つ同じ気持ち。
夏目漱石

夏目漱石『坊ちゃん』あらすじ|明治を生きた漱石の、本統の歴史観。

概要>曲がったことが大嫌いで、正義のためなら自身を顧みない坊ちゃん。ずる賢い赤シャッに立ち向かい、そして潔く美しく敗北する。東京から松山の中学校に赴任した、坊ちゃんが巻き起こす正義感あふれる痛快で純朴な物語。漱石は近代日本をどう捉えていたのか。
江戸川乱歩

江戸川乱歩『人間椅子』あらすじ|醜い男が女性に触れる、異常な方法。

概要>世にも醜い椅子職人の男。内気で才能も金も無いが、甘美な夢だけは持っている。そんな男が考え出した方法。そこだけが、現実とは違う世界に自分を連れていってくれる。触覚、聴覚、嗅覚で、女性を堪能する。その方法とは何か、甘美で幻想的な怪奇物語。
スポンサーリンク