江戸川乱歩

江戸川乱歩『人間椅子』あらすじ|醜い男が女性に触れる異常な方法。

ある日、美しい女性作家に届いた原稿用紙。『人間椅子』のあらすじと解説。世にも醜い椅子職人の男が考え出した、美しい女性に近づき触れる方法。触覚、聴覚、嗅覚で、女性を堪能する甘美でなまめかしい官能の世界。江戸川乱歩の描く幻想・怪奇小説。