志賀直哉『小僧の神様』あらすじ|少年の冒険心と、大人の思いやり。

スポンサーリンク

概要>秤屋の小僧の仙吉は、鮨が食べれずに意気消沈しているところを粋な客に腹いっぱいの鮨を食べさせてもらう。なぜ自分の気持ちだけでなく、行きたい鮨屋まで分かっているのか不思議に思いながら、きっと自分には神様が見てくれているのだと思う。

スポンサーリンク

登場人物

仙吉
神田の秤屋に奉公する一三、四の小僧で、番頭たちの鮨の話を羨ましがる。
番頭
仙吉の奉公する秤屋の番頭たち、鮪の脂身を食べに行く相談をしている。
貴族議員A
妻がいて、娘の体重計を買いにいった秤屋で鮨の屋台にいた小僧と会う。
貴族議員B
同僚のA議員に、通の鮨の食べ方について自慢げに伝授してみせる。
細君
Aの細君で、娘がいる。体重計を喜びAの小僧の話を聞き考えを述べる。
作者
小僧に残酷なので筆を止め、書くつもりだった文章を読者に紹介する。

小僧の神様・城の崎にて (新潮文庫) | 志賀 直哉 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで志賀 直哉の小僧の神様・城の崎にて (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。志賀 直哉作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また小僧の神様・城の崎にて (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

あらすじ(ネタバレあり)

仙吉は番頭たちの話を聞き、自分も鮨を腹いっぱい食べてみたいと思う。

仙吉は、神田の秤屋の店に奉公をしている。

店には客がおらず、帳場格子に座っていた番頭が、若い番頭に「そろそろ鮪の脂身が食べられるころだから、今日あたり店が終わったら行かないか」と誘い、神田から電車で十五分くらいだと話している。番頭は「あの店で食ったら、このへんのは食えないな」と言い、若い番頭も「そうですね」とうなづく。

仙吉は「ああ鮨屋の話だな」と思って聞いている。そして、早く自分も番頭になって、そんな店の暖簾をくぐりたいもんだと思う。

番頭たちは、他の店のことも話していて「与兵衛やその息子が今川橋の松屋のところにも店を出して、そっちも評判だ」と言い、仙吉は「色々と美味しい店があるのだな」と思い、「旨いというが、どのくらいに旨いのだろう」と口の中に唾がたまりながら想像をする。

使いの帰り道、噂の鮨屋に入るもお金が足らず、仙吉はおおいに恥をかく。

それから二、三日後、京橋まで使いを仰せつかり貰った往復の電車賃のうち片道分、四銭を浮かせて鍜治橋で降りて、番頭たちが話していた鮨屋を見ながら通り過ぎた。

使いの用事を済ませて、帰り道で同じ名前を付けた屋台の鮨屋をみつけそちらに歩いて行った。

一方、若い貴族議員のAは、議員仲間のBから、鮨は手掴みで食う屋台の鮨が通だと説かれ、では立ち食いしてみようと、屋台で旨いという鮨屋に銀座の方から京橋を渡ってその店に行った。

既に三人ばかりが立っていてAは割り込まずに後ろに立っていた。そこに小僧が割り込んできて「海苔巻きはありませんか」と訊ね、無いと言われると、勢い良く手を伸ばし鮪の鮨を摘まんだが「一つ六銭だよ」と言われて、その鮨を返した。そして何も云わず一寸動けなくなるが、勇気を振るって店から出ていった。

そのことをAは友人のBに話すと、Bから「ご馳走してやればいいのに」と言われたが、「そんな勇気は無いよ」とAは返した。

貴族議員のAは配達のお礼に、 仙吉にお腹いっぱい鮨を食べさせる。

Aは、幼稚園に通う子供の発育を測りたくて体重計を買いに、偶然、仙吉のいる神田の秤屋に入った。仙吉はAのことを気づかなかった。Aは小さな体重計を買い、小僧に家まで運んでもらうことにした。Aは、その慰労の名目でどこかで鮨を小僧にご馳走してやろうと考えた。番頭に住所を確認されたが、後で知られるとまずいので出鱈目な住所を書いて渡した。

そうして体重計を車宿に持って行ったあと、Aは仙吉に何か御礼をしたいといって、「一緒においで」と言って、小僧を連れ蕎麦屋や鮨屋や鳥屋をすぎていく。そして神田橋駅の高架の下を潜って、松屋の横を出て電車通りを越して、ある鮨屋の前に来た。そしてAは店に勘定を先に払い、小僧に食べさせるようにいいつけて出てきた。

いいつけを受けた店のかみさんは、「小僧さん、お入りなさい」と言い、Aは「私は先に帰るから、十分食べておくれ」と言っていなくなった。仙吉は、三人前の鮨を平らげて、「もっとあがれませんか」とおかみに言われたが、恥ずかして顔が赤くなり帰り支度を始めた。

Aは自分のしたことに淋しく嫌な気持ちになり、偽善のように思えた。

Aは、小僧と別れて逃げるような気持ですぐにBの家に行った。Aは変に淋しい気持ちになった、先日の小僧の気の毒な様子を見て、偶然、今日のことを遂行できたのだが、小僧も満足して、自分も満足していいはずなのに、淋しく嫌な気持ちになっている。

まるでこっそり悪いことをした後の気持ちに似ていると思った。

それは、自分のしたことが善行だという意識があり、それを本当の心から批判され、あざけられているからこんな淋しい気持ちになるのかと思った。

その後、Bと一緒にY夫人の音楽会を聴いたりしてその気持ちも収まっていた。

家に帰ると細君は、体重計を大いに喜んでいた。。そして小僧のことを話すと「貴方がそんな気持ちになるのは不思議ね」と言った後、「その気持ちわかるわ。でも小僧さんも喜んだことでしょう。」と言った。

仙吉はすべてお見通しの「あの客」は、神様に違いないと信じた。

仙吉は、空車を挽いて帰った。今日のことを考え、先日の屋台の鮨屋で恥をかいたことと関係している事に気づいた、あの場にいたのだと思った。しかし自分のいるところをどうして知ったのだろう、そして今日の鮨屋は、番頭たちが話していた鮨屋なのをどうして知っていたのだろうと不思議に思った。

仙吉は、番頭たちと同じようにAやBも美味しい鮨屋の噂話をすることなど想像できなった。すると仙吉は、自分が番頭たちの話を聞いていて、それも知っていて、自分をあの店に連れて行ってくれたと思い込んだ。

仙吉は、自分が屋台の鮨屋で恥をかいたこと、番頭たちの話していた噂の鮨屋、そして自分が鮨を食べたくてたまらない気持ちだったこと、そして充分に、ご馳走してくれたことをいろいろと思う。

こんなことは人間業ではない、きっと神様だ。神様でなければ仙人か、お稲荷様かもしれないと考えた。

お稲荷様と考えたのは、仙吉の叔母で、お稲荷信仰の人がいて乗り移ると体を震わして予言をしたり、遠いところで起こった出来事を言い当てたりする。仙吉はそれを見たことがあったので、超自然なものだという気が段々と強くなっていった。

仙吉は辛いときに「あの客」を思い、いつか自分に恵みをくれると思った。

Aの淋しく変な気持ちは跡形なく消えていったが、彼は、神田の秤屋にも、あの鮨屋にも足が遠のいた。自分のような気の小さい人間は、軽々しくあんなもことをするもんじゃないと思った。

仙吉は、「あの客」がますます忘れられなくなり、ただただありがたかった。仙吉もあの鮨屋には再び、ご馳走になることはなかった。そうつけあがるのが恐ろしかった。

仙吉は、悲しいとき、苦しいときに必ず「あの客」を想った。思うだけで慰めになった。いつかまた思わぬ恵みをもって自分の前に現れてくれることを信じていた。

作者はここで筆をおくことにする。

仙吉が「あの客」が何者かを知りたい要求から番頭に住所を確認して、そこへ尋ねてみるとその番地には人は無くて、小さい稲荷の祠があった。そして小僧はびっくりした。

・・・というふうに書こう思ったが、そう書くことは小僧に対して残酷な気がした。それで、作者はその前で筆をおいた。

解説(ここを読み解く!)

●小僧の境遇と心の中にある、大人への好奇心や背伸びと現実。

上方言葉の「丁稚」に対して江戸言葉では「小僧」となる。小僧は、一〇歳前後で商家に住み込み使い走りや雑役をする。客や外の人からは「小僧さん」と呼ばれる。仕事は多岐にわたり力仕事も多い。

一〇年くらい経て「手代」、そして「番頭」となるのが三〇歳前後である。もちろん奉公なので給与など無い。給与は手代より上からである。物語の仙吉は、一三、四であるから「手代」になるまでにあと六、七年はかかりそうだ、それまでは辛抱する必要がある、鮨屋の話を楽しそうにしている「番頭」になるには、さらにその先となる。

仙吉の言葉を順に連ねていくと「ああ鮨屋の話だな」→「色々そう云う名代の店があるものだな」→「然し旨いと云うと全体どう云う具合に旨いのだろう」→「一つでもいいから食べたいものだ」→「四銭あれば一つは食えるが、一つ下さいとも云われないし」

ここまでは、仙吉は番頭たちの話を聞きながら鮨のことを思い、早く気軽に入れるような身分(番頭)になりたいなぁと思いながら、唾を飲み込んでいる。苦しい毎日だろうが、未来を思えば、ほほえましくもある。

そして小僧は、大人への背伸びや好奇心で鮨屋の暖簾をくぐるという冒険をする。

使いの往復の片道分を浮かした四銭で鮨屋に入る。そして「海苔巻きはありませんか」と変に大人びるが、あいにく海苔巻きは無く、もう成り行き任せで、憧れの鮪の脂身に手を伸ばすが、「六銭だよ」と言われ、持った手を放し何も言わず一寸動けなくなるも勇気を振るい起して店を出る。

この描写は、貧しさというよりも、寧ろ、小僧の大人への冒険心を感じさせる、そしてその敷居が高かったこと、この残念なうらめしい気持ちなど、小僧の少年らしい無念さが読者に細やかに伝わってくる。

●心優しいAの試みの実行とその後の淋しさ、小僧にとっての神様。

芥川龍之介は、文芸評論『文芸的な、余りに文芸的な』の中で、「最も純粋な」小説の名手として、志賀直哉をあげている。そして人生を清潔に生きている作家として、道徳的なテーマとそこに潜む苦痛と人間愛が底流にあると評する。

大正という時代であり、その時代の商売人の風景であり、番頭‐手代‐小僧という使用人たちの日常の会話であり、そこから偶然、起こった小僧にとって不思議な体験なのだ。

志賀直哉の人物評からこの作品を素直に読むと、裕福な貴族議員のAは、たまたま居合わせた鮨屋で、小僧の所作の一部始終を見てしまい、可哀そうだなぁと思う。

偶然、秤屋でその小僧と再会したことで、鮨屋の出来事を気にかけていた心優しいAは一計を講じる。まだまだ長い小僧の奉公の修行、けなげな少年に対して、鮨を腹いっぱい食べさせてあげたい。

そこでAは、秤屋で購入した体重計を運んでくれる代わりとの名目で、鮨を食べさせようと案じる。ここで、お腹いっぱいに三皿を平らげた小僧だが、あとあとあの時の四銭で訪れた鮨屋に居合わせた人なんだなと考える、でもどうして番頭さんの話にでた鮨屋の店まで知ったのだろうと不思議がる。

一方のAは、自分のした行為が、まるで小さな悪事をした時の後味の悪さを感じる。自分のような気の小さい人間のすることではなかったと後悔する。友人の貴族議員のBや妻に話しても納得する答えは無く悩んでしまう。

それでも小僧は、神様がいるような気持がして苦しいときには、そのことを思いながら仕事に励みます。

作者の思いは偽善の話ではありません。その証拠にAは自分の成したことに悩んでいます。せめて荷を運ぶ代償ということにしています。そして、最後に作者は、住所には「お稲荷の祠があった」などの部分は小僧に残酷なので割愛したと書いています。

まだ「お天道様が見ている」ような世間がこの日本にあった時代の物語なのです。

※志賀直哉のおすすめ!

志賀直哉『城の崎にて』あらすじ|生から死を見つめる、儚き思い。
志賀直哉『小僧の神様』あらすじ|少年の冒険心と、大人の思いやり。

作品の背景

志賀直哉の中期の作品である。大正3年に武者小路実篤の従妹と31歳の時に結婚。この結婚は父の反対を押し切って行われ、長い父との不和はこのとき極限となり、自ら除籍し別の一家を創設する。さらに師とする漱石に朝日新聞の執筆をすすめられるも約束を果たせず、大正3年から5年までは空白期となり、漱石没後、解放感もあり動から静へ、反抗から和解へ。そして「佐々木の場合」「城の崎にて」などに続く。「小僧の神様」で志賀直哉は『小説の神様』と呼ばれた。この作品は、偽善を戒めるような内容ではなく、寧ろ人間愛や道徳観を疑い苦渋しながらも、この貴族議員Aやその妻の会話の中には、清々しさがあり、やはり最終的には人間賛歌で結んでいる。

発表時期

1920年(大正9年)1月、『白樺』にて発表。志賀直哉は当時、37歳。この作品で「小説の神様」とよばれるほど知名度を上げる。代表作に、「暗夜行路」「和解」「小僧の神様」「城の崎にて」などがあり、白樺派を代表する小説家の一人。白樺派は、親友でもあった武者小路実篤と志賀直哉が中心となり学習院の十数人で発刊。大正デモクラシーと自由主義の空気を背景に人間の生命を謳い、理想主義や人道主義的な人間肯定を指向した。