森鴎外『舞姫』あらすじ|エリスへの愛か自己の保身か、青年の葛藤。

スポンサーリンク

概要>近代日本をつくるためドイツに留学する豊太郎。そこで美しい踊子、エリスと出会い、暮らし始める。職を辞し生活に窮するも幸せな日々を過ごすが、自身の将来への苦悶から身籠ったエリスを捨て日本に帰る。発狂するエリスを残し出世の道を選んだ悲恋の物語。

スポンサーリンク

登場人物

太田豊太郎
将来が期待されるエリート官僚。二十二歳で国費留学でドイツに来て踊子と恋に落ちる。
エリス・ワインゲルト
下層階級に育ち父を亡くしたヴィクトリア座の十七歳の踊子、青い瞳と金髪が美しい。
相沢謙吉
天方伯爵の秘書官としてドイツを訪れる、豊太郎の大学時代の同級生で将来を心配する。
天方伯爵(大臣)
ドイツからロシアを廻る外交を行い、通訳として豊太郎を同道させ能力を認める。

あらすじ(ネタバレあり)

帰途につく豊太郎が、ドイツの日々を回想するシーンから物語は始まる。

五年前、望みが叶い洋行の命令を受けてサイゴンの港に寄港した頃は、見るもの聞くもの全て新鮮で、私の書いた紀行文は新聞に載り世間に注目された。帰国の途につく今、私の日記は白紙のままである。これはドイツで学問をしていた間に、無感動になったのが理由ではない。

今、東に帰る私は、西に向かったころに比べて、世の中の辛さも知り、人の心が信じられぬのは言うまでもないが、自分で自分の心さえも変わってしまうことを知った。昨日の正義は、今日の不正となる。

ブリンジイシイの港を出て二十日余りたった。初対面の客であっても会話を交わすのが船旅の礼儀だが、とてもそんな気分になれず頭を悩ましてばかりいる。

書を読んでも、物を見ても、懐かしい思いばかりが心を苦しめる。この悔恨は、詩や歌をよんでもうまくいかないものだ。そのことを文章に綴ってみよう。

豊太郎は学問に励み、官庁に入り志高くドイツの大都会ベルリンを訪れた。

私は父を早く亡くしたが、幼いころから学問をして東京大学予備門、大学法学部と進み、太田豊太郎の名はいつも首席だった。私を頼りにしている母は、とても安堵した。

十九の春に学士を取得し、某省に勤め、母を東京に呼んで楽しく暮らした。仕事の評価も上々で、官庁の仕事で洋行を命じられ、べルリンの都にやって来た。

私は、功名心と勉強心でヨーロッパの大都会の只中ただなかに立った。

ウンテル・デン・リンデンに来て、石畳を歩く男女や胸を張る背の高い将校などを見る、まだヴィルヘルム一世が王宮の窓から外を眺めていたころで、礼装の姿やパリふうの容姿、いろいろな馬車、雲にそびえる高い建物、噴水の水、ブランデンブルグ門から隔てた凱旋塔の女神の像、すべてが目を驚かせるものだった。

しかし私は、無用な美観に心を動かさないよう誘惑する外界をさえぎりりおさえた。

二十五歳の私に芽生えた自我のせいで、冤罪と苦難とを受けてしまう。

訪問先のプロシアの官吏は、皆、快く迎えてくれた。周囲は、私のドイツ語やフランス語の語学の堪能さに驚いた。私は、官庁の仕事の合間あいまにはベルリン大学で政治学を学んだ。

やがて三年ほどが過ぎた。

私は、父の遺言を守り、母の教えに従い勉強し、官長から良い評価を得るために、ただ受動的で、機械的な人間になっている自分を嫌った。そして、二十五歳になり自我が現れてきた。

私は、政治家にも法律家にも興味がなく、母は私を物知りに、官長は私を生きた法律にしようとしているように思えた。こうなると、今まで丁寧だった官長への手紙に「法の精神さえあれば細々したことは自ずと解決する」などと偉そうなことを書いた。大学も法科ではなく歴史や文学に興味を持つようになった。

私は官長の反感を買い立場が危うくなった。友好的でない私は、留学生仲間からも悪口を言われた。私が官吏を選んだのは優秀で忍耐が強いからであった。私は度胸のある人間だと思っていたが、これほど後悔に涙する人間だったとは、早く父を亡くし母一人で育てられたことが理由なのだろうか。

嘲られるのは仕方ないことだが、こんな憐れな心を妬むのはおろかである。カフェに座る女と話す勇気もなく、ギャンブラーたちと遊ぶ勇気もない。交際が苦手な私を嘲り嫉むだけでなく、そねみ疑われ冤罪を身に受けて苦難をなめることになった。

私はひとり泣く美しい踊子と出会い、父親の死という不幸な境遇を救った。

ある日の夕暮れ、下宿に帰ろうとクロステル街の寺院を通り過ぎようとしたときに、門の扉に寄りかかり泣くひとりの少女を目撃する。

年は十六、七で髪は薄い金色で、青く清らかで憂いを含んだ眼は、私の心を貫いた。

私は「どうして泣いているのですか。私は外国人ゆえに、かえって力をお貸しできるかもしれない」と大胆にも言ってしまった。

すると彼女は、「父親が死んで、明日は葬式なのに、家には一銭の蓄えさえない」と嘆いた。

私は、彼女を家に送ると、中から老女が出てきて私を迎え入れた。ドアには、エルンスト・ワイゲルトとあり仕立物師と書いてあった。部屋は屋根裏部屋で、街に面しているひと間で室内には白布をおおったベッドがある。していたのは亡くなった父親であろう。

彼女は美しかった。そして「明日の父親の葬儀に、頼りにしていた踊子の働くビクトリア座の座頭ざがしらが助けてくれると思っていたのに、人の辛さにつけ込んで身勝手な言いがかりをいうのです、どうか私を救ってください」と言う。

私は、手許の3マルクと時計を外してこれを質屋に入れて急場をしのぐように言った。

少女は感動し、私が差し出した手を唇にあてて涙を落した。

踊子との清廉な交際を誤解され免職し、さらに母親の死の知らせ受ける。

私の下宿に御礼にやってきた少女は、ショオペンハウエルを右に、シルレルを左に読書をしていた私の窓辺に、一輪の美しい花を咲かせたようだった。そして付き合いが始まった。

しかし同邦人に知られ、彼らは早合点して私が踊子を漁っていると考えた。

そして、私が踊子と交際していると官長に密告した。官長はこれを公使館に伝え、私は官職を罷免、解雇された。そしてすぐに帰国するなら旅費は支給するが、滞在する場合は政府の援助は打ち切るということになった。

私は一週間の猶予を願い思い悩んでいるところを、手紙が来た。それは母の死の知らせだった。

私とエリスの交際は、清く潔白なものであった。彼女は家が貧しく、十分な教育を受けずに十五歳の時から踊子としてビクトリア座に出ていた。少ない給料で、ひとり身の衣食すら足りない中で、親や兄弟を養っていた。

身を落とさなかったのは、エリスの性格と、意思の強い父の保護によってであった。彼女は本を読むのが好きで、読書を通しての師弟関係のような交際だった。

エリスと結ばれ離れがたい仲となり、相沢の助力で仕事を得る日々を送る。

私が彼女を愛し、離れがたい仲となったのはこの時だった。

我の身の破滅か否かの重大な時期に結ばれたことを不思議に思い、非難する人もいるだろう。しかし、私がエリスを愛する気持ちは、初めて出会った時からあり、私の不幸と別れの予感を悲しむ美しい姿に恍惚の行為に及んだことはどうしようもない。

この時、私を助けたのは友人の相沢謙吉だった。彼はすでに天方伯爵の秘書官だったが、私の免官を知り、新聞社の通信員としてベルリンに留まって政治・学問芸術を報道させることをはからってくれた。

私は新聞社の報酬で、エリスら親子の家に身を寄せ、苦しい中でも楽しい日々を送った。

エリスが劇場から帰り縫物などをしている傍で新聞の原稿を書いた。政界の運動や文学・美術に関わる批評などだった。私は見識を高めた。ドイツは、新聞雑誌に散見する議論が高尚な国だった。

エリスは身籠るが、相沢の説得で将来のため「関係を断つ」約束をした。

明治二十一年の冬、北ヨーロッパの寒さは厳しい。エリスはつわりになった。

相沢から手紙が来た。天方伯爵が会いたいとのこと、名誉の回復のためすぐに来いというものだった。エリスは私に、ワイシャツを選びゲェロックを着せネクタイを結んでくれた。そして「たとえ偉くなっても私を見捨てないで」と言った。私は「政治社会に興味はなく、ただ友に会いに行くだけだ」と言った。そして彼女は、私が乗った車を見送った。

ホテルカイゼルホオフで車を降り相沢の部屋にいった。彼は依然として快活な気性で私の過ちをそれほどには気にしていなかった。私が大臣から依頼されたのは翻訳であった。

昼食を共にした相沢は、私の不幸を聞き驚き、この一件は、心の弱さから生じたことで、いまさら言っても仕方がないが、学識もあり才能もある者が、いつまでも一少女の愛情に関わりあって目的のない生活を送るべきではない。伯爵に自身の能力を見せ信用を求めろという。

「少女との関係は、彼女に誠意があっても情交は深くなっていても、相手の人物や才能を認めての恋ではない。慣習という一種の惰性から生じた交際だ。決意して断て」と相沢は言った。

貧しくても楽しい今の生活。捨てがたいものはエリスの愛。私の弱い心では決断する手段はないが、当面は友人の言葉に従い「この愛情を断とう」と約束した。

ロシアで伯爵に重用されるが、心に思うはエリスのことだけであった。

翻訳は一晩でやり終えた。伯爵と会うことも頻繁になり、関係は深まっていった。ひと月ばかり過ぎて、私は伯爵とともにロシアに行くことになった。

翻訳代をエリスに預け生活費に充てるようにした。エリスは体が悪く、休みが続きヴィクトリア座の座頭ざがしらは籍を除外した。

ロシアでは大臣の一行に従い、ペテルブルグではパリの最高の贅沢のような王宮の装飾、蝋燭ろうそくの灯、彫刻や彫金の技巧を尽くした暖炉などの絢爛の中を、私はフランス語で通訳を行った。

この間も、エリスを忘れることはなかった。エリスからは毎日手紙があった。

「ドイツに生活の手段があるならば私の愛情でつなぎとめておきたい。日本に帰るのならば、あなたが出世するまでドイツで待ちます。この二十日さえ離れているのは辛い。お腹に子も宿しているので決して見捨てないでください。今は、あなたがベルリンにお帰りなさるのを待つだけです。」とあった。

伯爵大臣は、私を厚くもてなしてくれたが、この大臣に未来の望みを繋ぐことは想像してもいなかった。私が軽率にも相沢に「エリスとの関係を断とう」と言ったことが大臣に伝わっていたのではなかろうか。

子どもを身籠り幸せを想像するエリスを、愛する気持ちは変わらなかった。

ドイツに来た時に、自らの本質を悟ったと思い、機械的な人間にはなるまいと誓ったが、私の将来は、以前は官長の手中に、今は天方伯爵の手中にあった。

私が大臣の一行とともにベルリンに帰ったのは新年の朝であった。

エリスは「よく帰っていらっしゃいました。もし戻らなければ、私は命を絶ったことでしょう。」といい、私の心はこの時点でも決まらず、故国を思う気持ちと栄達を求める心が、愛情を圧倒しようとしたが、一瞬で、そのためらい悩む思いは去った。

私はエリスに連れられて部屋に入った。エリスは笑いながら「どうです?この心の準備を。」と言い、見せたのはおむつであった。「私の心の楽しさを想像してください。生まれる子はあなたに似て黒い瞳をもっているでしょうか。」「幼稚だとお笑いになるでしょうが、教会で洗礼を受けるのがどんなにうれしいでしょう。」と目は喜びに満ちていた。

大臣の誘いで日本に帰ることを決め、恥知らずな自分は病に伏してしまう。

ある日の夕暮れ、大臣に招かれた。そして一緒に日本に帰る気はないかと尋ねられた。いろいろと事情もありはしないかと相沢に確認したところ、そんなことは無いと聞いて安心したという。

私は相沢の言葉を偽りだとは言い難いし、この話に頼らなければ日本に帰る手立ても、名誉を挽回する道も断たれ、この身は、欧州に葬り去られるとの気持ちが心を突き上げてきた。そして節操のない心で「承知しました。」と答えてしまった。

恥知らずな私は、エリスに何と言おうか。私の錯乱はたとえようもなかった。道の東西も分からず、行きあう馬車にぶつかりそうになった。焼くように熱く死んだような格好で何時間も過ごした。私の脳裏には許されない罪人の意識だけが満ち満ちていた。

屋根裏部屋に戻り、 死人同然の真っ青な私の顔にエリスは驚いた。私は答えようとするが声が出ず、膝が震えて、そのまま床に倒れてしまった。

意識が戻ったのは数週間後であった。熱が激しくて譫言うわごとばかり言っていたのをエリスが心をこめて看病しているときに、相沢が訪ねてきて、一部始終を詳しく知り大臣には病気ことだけを報告し、繕っておいてくれた。

発狂し不治の病のエリスを見捨てて、私は自我を崩壊させ日本に帰る。

私は病床のエリスを見て驚いた。彼女はひどく痩せ、血走った眼はくぼみ、頬はこけ落ちていた。相沢は全てをエリスに話していたのだ。

相沢は私の恩人でありながら、この恩人は、エリスを精神的に殺した。

後に聞くと、彼女は「私の豊太郎さんは、こんなにまで私をだましなさったのか」と叫び、その場に倒れた。しばらくして目が覚めたときは、そばの人も見分けられず、私の名前を呼んで罵り、髪をむしり、ものを投げつけ、おむつを顔にあてて涙を流した。医者は過激な心労によって起こった「パラノイア」という病気で治る見込みは無いという。

精神病院に入れようとしたが泣き叫び、おむつを見てはすすり泣く。そして思い出したように「薬を、薬を」と言うだけだった。

私は、エリスの生きる屍を抱いて何度、涙を流したことか。私の病気は治り大臣に従い帰国をするときに相沢と相談してエリスの母に僅かな生活ができるほどの金を渡し彼女のお腹に宿した子が産まれるときのことも頼んだ。

ああ、相沢健吉のような良い友達はこの世に二度と得難いであろう。しかし、私の脳裏には一点の彼を憎む心が今日までも残っている。

解説(ここを読み解く!)

●自分の将来のための保身と、エリスへの愛の苦悩で崩壊する自我の表現。

識者から多くの「舞姫」研究がなされていますが、あくまで小説の世界を読み解きたい。

自身のキャリアに約束された栄光ある未来に対して、目の前に突然現れた青い眼のエリス。豊太郎は、この時代に官費で洋行をする立場であり、天方伯爵(山縣有朋がモデルとされる)と面会し重用されるのだからその優秀さはすこぶる高い。

周囲のやっかみもあるだろうし、もとより相沢の言うところの豊太郎の将来、そして官より使命を帯びている現実を鑑みれば、年若い舞姫に心を失うことの間違いを指摘されるのも尤もである。

官を免職され、相沢の厚意で新聞社の駐在通信員として食いつなぐが、感謝こそすれ、それ以上にエリスへの思いに盲目な日々である。やがて生活の基盤が脆弱にもかかわらず、愛ゆえエリスは子を宿し満面に喜び、反して、豊太郎は伯爵の通訳の手伝いを通じて日本に帰り人生の再起を期そうと決意する。

エリスは、これを裏切りと発狂する。残酷で怜悧な豊太郎は、エリスを捨てて日本に帰る。

「エリスとの幸せ」と「自身の将来」。異国の地であり、異国の人間であり、両立は不可能である。そして苦悶しながら保身を選ぶ。そして人生の中に舞姫という思い出を残す。

●近代小説の先駆けとして、日本の私小説を確立した鴎外「舞姫」の世界。

明治の開花から未だ15年くらいを経過した時期であり、江戸生まれの鴎外にとっても、また明治という時代にとっても官費で西欧に行くことは、画期的なことであった。

西洋のさまざまな分野を取り入れて近代化を急ぐ国民国家、日本。富国強兵や殖産興業の時期である。この10年後には、日清戦争を経験している。

その中で鴎外本人は医学を、また当時、西洋から輸入された政治や法律はじめさまざまな学問の領域に貢献したと同時に、近代文学において「自我」という意識を作品に投影させている。 それは江戸以来の忠君意識からの解放でもある。

豊太郎の自我とその葛藤を主題に置き、悲恋の物語として構成し、最も先進的なドイツ(プロイセン)を舞台に、政治や法律を学びながら街並みや建物、生活様式そして人々の暮らしぶりなどが細やかに小説の中で描写され、当時のドイツ(プロイセン)をうかがい知ることができる。

日本文学の近代化において、坪内逍遥の「小説神髄」を経て二葉亭四迷の「浮雲」と並び西欧の短編小説理論の研究成果に立脚した様式を確立し、近代小説として「舞姫」は、先駆的な作品と言える。

作品の背景

「舞姫」は、1884年から4年間、鴎外がドイツに医学を学ぶために留学した時期に執筆されている。帰国後6年を経て1890年に発表。主人公の手記の形をとり、ドイツでの体験を綴る。主人公の太田豊太郎と鴎外に類似点がある。また鴎外がドイツから帰国した一年後にエリスのモデルであるドイツ人の女性が21歳で来日している。なお、太田豊太郎の人物設定は別の人物であり、鴎外のドイツの経験と合成されたものになっている。しかし、鴎外の生涯にとって小さからぬ意味をもつ出来事であった。死後、墓標は簡素なもので「森林太郎」とのみ記されている。官位も肩書も記さぬよう言い残した墓には、若き青春の恋と将来の立身という人生の葛藤に万感の思いがあったのかもしれない。

発表時期

1890年(明治23年)に『国民之友』に発表。森鴎外は当時、28歳。明治、大正期の小説家であり、同時に評論家、翻訳家、陸軍軍医、官僚でもある。「舞姫」は、鴎外の初期の代表作である。「うたかたの記」「文づかひ」の三作品を独逸三部作あるいは浪漫三部作と呼ぶ。理想や理念など主観的なものを描く理想主義を掲げた。