川端康成『バッタと鈴虫/掌の小説』あらすじ|少年の知慧と、青年の感傷。

スポンサーリンク

概要>叢で虫を探す子供たちの一人、不二夫。五色の提燈の灯のなか、鈴虫を手渡され眼を輝かせるキヨ子。少年時代の少女への憧れと会心の微笑み、やがて大人になり現実の中で心傷き、叢の提灯が映しだした名前の美しさに気づくことの難しさを語る。

スポンサーリンク

登場人物

不二夫
二十人の子供達のなかでバッタといいながら鈴虫を捕まえて、キヨ子の手に渡す。
キヨ子
バッタだと思って手渡された虫が、鈴虫だったので眼を輝かせ不二夫を見る。
語り手「私」
この叢の子供たちの虫とりの世界に読者を誘い、同時にその出来事の寓意を語る。

あらすじ(ネタバレあり)

秋の叢に子供達は、五色のそれぞれの提燈を照らし虫取りをしている。

大学の塀に沿って歩き高校の前にさしかかり、校庭の黒い葉桜の下の仄暗ほのぐらいくさむらから、虫の声が聞こえて来る。虫の声に足を緩め耳を傾け行くと、土手が始まる。

土手の裾に提燈の灯の一団がいて、くさむらで虫を取っている。提灯は、紅桃色藍緑紫黄の五色の灯をともし、それは子供達が工夫を凝らして作った可愛らしい四角の提燈だった。

紙箱の表と裏を切り抜いて紙を貼り底に蝋燭ろうそくをつけて頭にひもがついている。明り取りに貼る紙を色どり絵を描き、円く、三角に、菱形に、木の葉形に、それぞれの紋様とした。そして、我が提燈よ!最も珍しく美しかれ!と虫取りにでかける。

四角い提燈は古代紋様風や花模様に切り抜かれているばかりでなく「ヨシヒコ」とか「アヤ子」とか刻み抜かれている。こうして二十ほどの灯が叢に射し照らされて、子供達は一心に虫の声を頼りに土手にしゃがんでいる。

「誰かバッタ欲しい者はいないか。バッタ!」と一人だけ離れたところで草を覗いている男の子が伸びあがり言った。「おくれ!おくれ!」と六七人の子供が駆け寄る。さらに別の子供達に向かって叫んだ。「おくれ!おくれ!」と別の四五人が走ってきた。

男の子は三度、叫んだ。「バッタ欲しい者いないか。」新たに二三人が近寄った。

「頂戴な。頂戴。」女の子が言った。「バッタだよ。」「いいから頂戴!」男の子は、それ!と渡す。

「あら!鈴虫だわ。バッタじゃなくってよ。」と女の子は眼を輝かせた。子供達は、羨ましそうにして、女の子は虫籠に虫を放した。

「ああ、鈴虫だよ。」男の子はつぶやき、女の子の顔を見た。

バッタと偽り鈴虫を女の子に手渡す、男の子の所作の理由と会心の微笑み。

そうか!初めてこの時、さっきからの男の子の所作が読めた。

さらに、あっ!と私は驚いた。提灯の灯りで、女の子の胸に男の子の名前の「不二夫」が映り、男の子の腰に女の子の名前の「キヨ子」が映っていた。

そして鈴虫をやったこと、もらったことは、不二夫とキヨ子はいつまでも覚えていても、お互いの名前が映ったことは知らないだろう。

不二夫少年よ!君が青年になった時に、女に「バッタだよ」と言って「鈴虫」を与え喜ぶのを見て、あるいは「鈴虫だよ」と言って「バッタ」を与え悲しむのを見て、会心の笑いを漏らしたまえ。

そしてきみ自身も、バッタのような女を鈴虫と思うことだろう。

さらに心が傷つき、真の鈴虫までバッタに見え、バッタのみが世に満ちていると思われる日が来るなら、今宵の美しい提燈に映った名前を思い出すすべがないことを残念に思う。

解説(ここを読み解く!)

●叢の子供達の虫取りを「バッタと鈴虫」の童話の世界に見立てる。

語り手は、土手の上から子供達が叢で虫取りをする様子を見ています。

二十人くらいの子供達が提燈を手に手に集まっています。提燈は、子供達が四角い紙箱で作ったもので、切り抜き色紙が貼られた提灯は、紅桃色藍緑紫黄の五色の灯をともし、それぞれ名前も形に切り抜かれ、灯りのひとつになっています。語り手は、子供達を小さな美術家と称します。

叢には、秋の虫がいます。捕まえるのは、たいへんそう。その中でも鈴虫は、鳴き声を持つからでしょうか。男の子にも女の子にも、希少で価値が高いようです。鈴虫を捕らえてみせることは、誇らしく人気者になれるのです。そうして、女の子の関心をより多く惹くことができます。

一人だけ他の子供達から四五間、離れたところで草むらを覗いている男の子がいます。

不二夫は、バッタを捕まえて「バッタ欲しいものいないか。バッタ!」と声をあげ注目を集めます。バッタでさえ、なかなか捕まりません。「おくれ!おくれ!」とあちらからもこちらからも男の子が集まってきます。三度声をあげ、女の子がやって来るまで繰り返します。

新たに近寄った二三人。「頂戴な。頂戴。」と言う女の子に、「バッタだよ。」と、わざわざ、あらかじめバッタであることを知らせます。そして男の子は握った拳を突き出し、女の子が両手で包む。男の子の拳が静かに開かれて、女の子の親指と人差し指の間に移る。それは、男の子と女の子が絡まる手のひらと指の隙間のふれあう感触です。

女の子は「あら!鈴虫だわ。バッタじゃなくってよ。」と眼を輝かせます。

「鈴虫だ!鈴虫だ!」子供達は羨ましそうな声をあげ、「鈴虫よ。鈴虫よ。」と手にした女の子は、明るい知恵の眼を男の子に注ぎます。そして、いっそう喜びは大きくなります。

鈴虫を入れた虫籠を眺めている女の子に、不二夫は五色の美しい提燈の灯りを向けながら、ちらちらと女の子の顔を見ます。それは、男の子の期待通りの成り行きなのです。

語り手は、叢の中で提燈を掲げ、自分の名前も灯し、虫を探す、そしてバッタでなく鈴虫を捕まえておいて、周囲の羨望の中、意中の女の子に手渡し、気を惹き尊敬の視線を浴びて会心の笑みを浮かべる、そんな男の子と女の子と子供達、提燈の灯りと秋の叢と虫を、童話の世界と感じます。

●不二夫少年に「バッタと鈴虫」を寓意として、大人の憂いを思います。

男の子の名前は、「不二夫」。女の子の名前は「キヨ子」。「バッタと鈴虫」の童話は、大人の世界の寓意を含みます。

提燈には名前を切り抜き色紙を貼っています。キヨ子が真近になり、白い浴衣の胸に緑の色を貼った形と色が「不二夫」と映ります。そして不二夫の腰のあたりには「キヨ子」と紅の色が、ほのかに映ります。

語り手は、「緑と紅の光の戯れをー戯れであろうかー、不二夫もキヨ子も知らない」と綴ります。

二人は、名前が相手に映りこんだことを気づいていない、知らない。だから、不二夫は鈴虫をやったことを、キヨ子は鈴虫をもらったことは覚えていても、不二夫とキヨ子の名前が灯の光でしるされたことを知らないのです。

語り手だけが見つけた「戯れではない永遠」を、将来、思い出すことは当然できません。そして語り手は、不二夫少年に告げます。やがて青年になって、現実の大人の世界に生きて、

女に「バッタだよ。」と言って鈴虫を与え、女が「あら!」と喜ぶのを見て期待通りの笑みをしなさい。

又「鈴虫だよ。」と言ってバッタを与え、女が「あら!」と悲しむのを見て期待通りの笑みをしなさい。

そのような知恵を以てしても、大人の世界にはそう簡単に鈴虫はいるものじゃない。君もバッタのような女を捕まえて鈴虫だと思い込んでいることになるだろう。

心が傷ついたときに、ほんとうの鈴虫までバッタに見え、バッタが世の中に満ちているように感じられる日が来ても、提燈の名前の灯が少女の胸に映ったことを、語り手は「戯れでない永遠の美しさ 」と想うことができても、見ていない感じていない不二夫少年には思い出す方法がないことを残念に思います。

どんなに知恵をつかい会心の微笑みをもっても意味はなく、作為や言葉や仕草では尽くせないもの、自分の心の中に生まれるものを、美しいと感じることができなければ、君もまた多くの大人と同じように辛い思いをしていく。

秋の寂しい夜の叢に、五色の提燈が灯り、子供たちの虫取りで、名前が現れたことを幻影に見立て、子供たちに、やがて彼らに訪れる大人の世界の現実の感傷を儚く思います。

※掌の小説をもっと読む!

『雨傘』あらすじ|傘が結ぶ、初恋の思い出。
『日向』あらすじ|初恋の思いと、秋の日向。
『化粧』あらすじ|窓から見る、女性の本性。
『有難う』あらすじ|悲しみの往路と、幸せの復路。

作品の背景

川端は、「大半は20代に書かれている。多くの文学者が若い頃に詩を書くが、私は詩の代わりに掌の小説を書いたのだろう、若い日の詩精神はかなり生きていると思う」と述べている。大正末期に超短編の流行があったが永続はせず、川端のみが洗練された技法を必要とするこの形式によって、奇術師と呼ばれるほどの才能を花開かせた。大正一二年から昭和四、五年に至る新感覚派時代で作品の大半はこの時期に書かれている。内容は、自伝的な作品で老祖父と初恋の少女をテーマにしたもの、伊豆をテーマにしたもの、浅草をテーマにしたもの、新感覚派としての作品、写生風の作品、さらに夢や幻想の中の作品など幅広い。

発表時期

1971年(昭和46年)、『新潮文庫』より刊行される。「掌の小説」(たなごころのしょうせつ)あるいは(てのひらのしょうせつ)とルビがふられる場合もある。川端が20代のころから40年余りに亘って書き続けてきた掌編小説を収録した作品集。短いもので2ページ程度、長いもので10ページに満たないものが111編収録される。改版され全総数は127編になる。