川端康成『伊豆の踊子』あらすじ|野の匂いの好意に、癒される孤独。

概要>私は孤児根性の憂鬱に耐えきれず、一人、伊豆を旅する。知り合った旅芸人一行と心から語らい家族のような感情を知り、無垢な踊子の純情に淡い恋心を抱きながら別れる。そして私は、心を感じあえる人間に生まれ変われたことを素直に受け入れることができた。

登場人物


一校生で二十歳、孤児で憂鬱な気持ちから一人、伊豆の旅に出て旅芸人一行と旅する。
踊子(薫)
旅芸人一行の踊子で十七歳に装うが、まだ十四歳の無垢で天真爛漫な美しい子ども。
男(栄吉)
旅芸人一行の座長で、薫の実兄で二十四歳、実家は兄が継ぎ事情があり芸人になる。
千代子(上の娘)
旅芸人一行で栄吉の女房で十九歳、旅の途中で流産と早産で二度、子を亡くしている。
四十女(おふくろ)
旅芸人一行で、千代子の実母で、栄吉の義母、薫に芸を教えながら厳しく育てている。
百合子(中の娘)
旅芸人一行で、ただ一人家族ではなく、大島で雇われた芸者ではにかみ盛り。

あらすじ(ネタバレあり)

孤児根性の憂鬱から一人、伊豆の旅に出て旅芸人の一行と出会う。

私は二十歳、高等学校の帽子をかぶり、紺がすりの着物に袴をはき、学生カバンを肩にかけ一人、伊豆の旅に出かけた。

道がつづら折りになって天城峠に近づいたと思う頃、雨脚が強くなってきた。天城峠の北口の茶屋に辿り着いて、期待通りに旅芸人の一行に追いついた。

茶屋の入口に突っ立っていた私に、旅芸人のひとりの踊子が座布団を進めてくれた。煙草を取り出すと、煙草の盆を引き寄せてくれた。踊子は古風な不思議な髪を結っていて、卵形の凛々しい顔を小さく見せながら美しく調和していた。

私は、それまでにこの踊子たちを二度見ていて、湯ヶ島へ来る途中、湯川橋の近くで会い旅情が自分の身についた。それから湯ヶ島に流して来た。そこで明日は天城を南に越えて湯ケ野温泉へ行くのだろうと想像し、天城七里の山道の茶屋でぴったりと落ち合ったのだった。

旅芸人の一行と伴に旅することを決め、その日の踊子の一夜が心配になる。

小一時間経つと、旅芸人たちは先にいで立った。天城トンネルの出口から峠道の裾の方に芸人一行の姿が見えた。それから私は追いつき、そして追い越して、先を歩く男と並んで歩き始めた。うしろから女たちが走り寄ってきた。

私と男はすっかり親しくなって、私は旅芸人の一行と一緒に行くことにした。

木賃宿に着き、二階に上がって荷物をほどいた。踊子がお茶を運んできてくれたが真赤になり手が震えてお茶がこぼれた。私はあまりにひどいはにかみように驚いたが、四十女は「まあ、いやらしい。この子は色気づいたんだよ。あれあれ」と言って手ぬぐいをなげて、踊子はそれを拾い畳を拭いた。

それから男は別の温泉宿に私を案内をしてくれた、私は芸人たちと別々の宿だった。そこの内湯につかっていると、後から男が入ってきた。

夕方からひどい雨になった。こんな雨では流しに来ないと思ったが、太鼓の響きがして三味線が聞こえた。芸人たちは向かい合った料理屋の座敷に呼ばれていると分かった。

酒宴は馬鹿騒ぎになって女の金切り声が闇夜に通る、太鼓の音が聞こえるときは胸が明るんだが、音が止むとたまらなかった。静けさが続くと、踊子の今夜が汚されているのであろうかと悩ましかった。

私は誤解をしていた、踊子はまだ十四歳、無垢で天真爛漫な子どもだった。

あくる朝、起きたばかりの私は、宿に来た男を誘い湯に行った。

そうして私は昨日の夜のことを男に聞いた。男は「昨日の客はこの土地の人で馬鹿騒ぎするのでおもしろくありません」と言った、そして「向こうのお湯にあいつらが来ています」と言われ、私は向こうの共同湯を見た。

突然裸の女が走り出してきたかと思うと、両手をいっぱいに伸ばして何か叫んでいる。真っ裸だ。それが踊子だった。若桐のような足のよく伸びた白い裸身を眺めて、私は心に清水を感じ、ほうっと深い息を吐き、喜びでことこと笑った。「子供なんだ。」

踊子が娘盛りのように装わせてあるので十七、八に見えていたが、とんでもない思い違いをしていた。

私は部屋で客の行商人と碁を打っていると、流しがやってきた。私は手招きで呼んだ。 芸人たちは、今夜の仕事はもう終わりにして、五目並べなどしながら部屋で遊んで行った。

一行の身の上話を聞きお互い信頼し、私も家族のように受け入れられた。

その次の朝八時に出立し下田に行く約束だったが、今晩、お座敷が入ったので、芸人たちは出立を一日伸ばすことになっていた。

明日は必ず立つし、明後日は、旅で死んだ赤子の四十九日なので、下田でこころばかりの四十九日をしてやりたい。そして不思議な御縁なのでよかったら一緒に拝んでやってくださいと言われた。私も旅芸人にあわせて出立を伸ばした。

そして私は男に散歩に誘われて外に出た。男は身の上話を始めた。東京で役者を少しやっていて今でも時々、大島の港で芝居をするという。そして自分は、栄吉といい、女房が千代子、妹が薫、もうひとり百合子だけが大島育ちの雇いだという。そして四十女はおふくろである。

栄吉は、身を誤った果てに落ちぶれてしまったことや、妹だけはこんなことをさせたくないと思いつめているが、いろいろな事情があることなど、ひどく感傷的になっていた。

それから私は踊子と五目を並べた。彼女は不思議に強かった。だんだん我を忘れて一心に基盤におおいかぶさり不自然なほどに美しい黒髪が私の胸に触れそうになった。

突然、ぱっと紅くなって「御免なさい、叱られる」と石を投げだして飛び出していった。

夜、私が木賃宿に出向いていくと踊子は三味線を習っているところだった。

踊子は美しく一行は野の匂いをさせ、私の好意は彼らに染み込んでいった。

木賃宿を借りて鳥屋をしている四十前後の男がご馳走するといって娘たちを呼んだ。鳥屋が踊子の肩を軽く叩くと「こら。この子に触っておくれでないよ。生娘なんだからね」と四十女が恐ろしい顔をした。

踊子に「水戸黄門漫遊記」を読んであげると果たして踊子がするすると近寄ってきた。

私が読みだすと、踊子は私の肩に触るほどに顔を寄せて、真剣な表情をしながら眼をきらきら輝かせて、一心に私の顔をみつめ瞬き一つしなかった。

この美しく光る黒眼がちの大きな瞳は、踊子の一番美しい持ちものだった。二重瞼の線が言いようなく奇麗だった。そして彼女は花のように笑うのだった。

好奇心もなく、軽蔑も含まない、彼らが旅芸人と言う種類の人間であることを忘れて、私の好意は、彼らの胸に染み込んでいくのであった。

彼らの旅心は野の匂いを失わないのんきなものであることが分かってきた。親子兄姉妹であるだけに肉親らしい愛情で繋がっていた。

下田の港で私は踊子を思い、遠くに太鼓の音を聞きながら涙を流した。

湯ケ野を出外れるとまた山の中に入った。海の上の朝日の方に大島が見えた。

下田の港は、伊豆相模の温泉場を流して歩く旅芸人が、旅の空で故郷とするような町であった。

甲州屋に着き、私は学校の都合があるので明日帰ることを旅芸人に告げ、供養にと僅かばかりの包金を渡した。学校の都合があると言ったので芸人たちはしいて止めることができなかったが、私は旅費がもうなくなっていたのだ。

一緒に鳥鍋を囲みながら、明日は赤坊の四十九日だからと出立を伸ばすようお願いされたが、私は学校を盾に断った。映画を見に行こうという約束だったが、千代子も百合子も無理で踊子と二人だけで行くことは、おふくろがどうしても許さなかった。楽しみにしていた踊子は、言葉もかけかねるほどよそよそしい風だった。

私は一人で映画を見に行きすぐに出て、宿へ帰った。窓から暗い夜の町を眺めていた。 遠くから絶えずかすかに太鼓の音が聞こえて来るような気がした。わけもなく涙がぽたぽたと落ちた。

踊子と旅芸人一行と過ごし、私は人の気持ちを受け容れることができた。

出立の朝、栄吉が黒紋付きの羽織で正装して私を見送りにきてくれた。皆は、昨夜は遅くなり来れないので、冬はお待ちしていますとの言づてだった。栄吉は、敷島四箱と柿とカオールという口中清涼剤を買ってくれた。私は鳥打帽を栄吉にかぶせ、カバンの中から学校の制帽を出して皺を伸ばし二人で笑った。

乗船場に近づくと、踊子の姿が私の胸に飛び込んだ。昨夜のままの化粧が私を一層、感情的にした。

栄吉が切符とはしけ券を買いに行った間に、いろいろと話しかけたが踊子は一言も話さなかった。

そこへ土方風の男が近づいてきて、息子も嫁も死んで三人の孫をつれた不憫な婆さんを、国に返してやりたく途中まで付き添ってやってほしいと頼まれる。私は快く引き受けた。

はしけは大きく揺れ、踊子は唇をきっと閉じたまま一方を見つめていた。私は縄梯子につかまり振り返った時、踊子はうなずいて見せた。はしけに乗った踊子は、離れていった。栄吉は鳥打帽を大きく振り、ずっと遠ざかってから踊子が白いものを振り始めた。

私は、下田の海を出て伊豆半島が見えなくなるまで大島を一心に眺めていた。踊子と別れたのは、遠い昔であるような気持だった。

私はカバンを枕にした、涙がぽろぽろカバンに流れた。私の横に少年が寝ていた、彼は入学準備で学校に行くというので一高の帽子をかぶった私に好意を感じているようだった。

私は泣いているのを見られても平気だった、私はどんなに親切にされても、自然に受け入れられるような美しい空虚な気持ちだった。

解説(ここを読み解く!)

●旅芸人の善意と踊子の野の匂いのある好意に、私の孤児根性が癒される。

二十歳の私は、自分の性格が孤児根性で歪んでいると悩み、その息苦しい憂鬱に耐えきれずに一人、伊豆の旅に出る。途中、旅芸人と出会い旅情が身につき、天城峠の茶屋で一緒になり下田まで旅を伴にする。

旅芸人を見る世間の人々の目は厳しい。人間は境界をつくることで安心している。

蔑みと好奇が入り交る旅芸人はやっかい者である。天城峠の北口の峠の茶店の婆さんは、今宵の踊子たちの宿を尋ねる私に「あんな者、どこで泊まるかわからない、客があり次第、どこにでも泊まる」と軽蔑する。煽られた私は、それならばと、「私」の部屋に泊めようと誤解をしてしまう。

湯ケ野の温泉郷でも、私が泊まった純朴で親切らしい宿のおかみさんが「あんな者に御飯を出すのは勿体ない」と言う。

そして港がある下田の村の入り口には<物乞い、旅芸人、村に入るべからず>と立札がある。

下田の甲州屋は、旅芸人や香具師が多く集っている。下田の港は、そのような人々の往来地点でもある。この時代、旅芸人は身分の低いものとしての扱いだった。

旅芸人たちとの語らい、それは四季の自然の中から出てくる素直な言葉だった。

しかし「私」は、旅芸人の一座に、家族として共同体としての生活が行われていることを知る。

旅芸人になるに至る訳ありな栄吉、そして栄吉が惚れた妻の千代子は、旅することの多いなかで流産や早産を経験しており、さまざまな辛苦を知る四十女になる千代子の母親は人扱いに慣れている、そして、美しい踊子。

踊子はなぜ、栄吉に連れられ旅芸人の一行にいるのか、芸を義母から教わっているのか、大島に家があり伊豆を旅する一行の素性は事情がありそうだ。 彼らは、差別の眼を承知の上で、定住し職を持つ人々とは異なる漂流しながら芸を見せる生き方をしている。

ただその定住か漂流かの違い以外は、家族であり親兄姉妹の愛情や暮らしは同じである。いや世間からの疎外の分だけ、強い家族の絆で結ばれている。そして、漂流する生き方は朗らかで、自然とまるで一体になっている。

●いい人はいいね、旅芸人たちの「私」への言葉は何を意味するのか。

そして「私」の旅芸人への興味が、好意にかわり、伴に旅しながら人間らしい気さくな会話を交わしていくことで、一行から「私」も一員として迎えられる。

孤独根性の憂鬱な「私」は、旅芸人との人間らしい繋がりで次第に性格が変わっていく。

「いい人ね」「それはそう、いい人らしい」「ほんとうにいい人ね。いい人はいいね。」そんな感情の傾きを、ぽいと投げ出したような言葉が行きかう。そして「私」も、自分がいい人だと素直に感じることができるようになる。

踊子が言って、栄吉が肯く。野の匂いのある好意を「私」に向けられる。ひとつひとつの言葉が、こころに届いてくる。旅芸人一行たちにも、踊子にも、虚言や虚像は見破られ見抜かれる。本心から見せる言葉や態度は、「いい人ね」と自然に口からでる。

いい人と踊子に言われた満足と、いい人と言った踊子に対する好意。修善寺、湯ヶ島、天城峠を越え、湯ケ野、下田へ向かうこの八日間の中で、急な山道や海を望む道、雨の日や照る日など自然が、天空から旅芸人一行と「私」を包んでくれている。

津々浦々に伝承される日本の祭りやその担い手の人々、あるいはこの人々を芸人と呼び、またマレビトと呼べば、黄泉の国や神の使者として自然との媒介者としての存在でもある。それは言葉では表現できないが、その姿かたち、彼らの芸能のなかに理屈では説明できない神秘で不思議なもの、また説明できないがゆえに忌み嫌うものがある。

「私」は、川端康成その人である。「美しい日本の私」のはじまりとなった名作。

「私」には、旅芸人に対して見せ物としての好奇の気持ちも、身分の低さへの軽蔑も無い。きっと、その好意は自然なものなのだろう、「私」を孤児根性から克己させてくれたのは、この旅芸人たちと同道した旅の中での人情であり旅情であり、踊子の無垢で純粋で天真爛漫な姿であった。

帰りの船のなかで少年に、何か不幸でもあったのかと尋ねられて、「今、人に別れてきたのです」と言い、清々しい気持ちになる。そして、頭が澄んだ水のようになり、ぽろぽろ零れ、何も残らない甘い快さとなる。

まさにこの時、青年の孤独根性からの憂鬱は、流れて消えていった。

両親、祖父母、姉のすべての肉親を幼くして失った川端康成は虚無感と同時に「霊感」がどこかに生きて存在してくれていると願わずにいられなかったという。周囲の人々が親切にしてくれても、それは本当の肉親のような関係ではなく、常に他人の顔色をうかがい、心を閉ざしがちな自身を孤児根性として蔑んだ。そして人一倍に鋭敏な感受性や憧れを持つようになる。

肉親を幼くして亡くしたことは、生命の意味や在り方を考えさせられる。また孤独の中で疎外感はもとより、そのあまりに強い孤独は、人間を超える感覚を研ぎ澄ますことは想像できる。

天城峠を近づいたとき雨脚にすさまじい速さで追いかけられ、峠の婆さんの蔑んだ言葉を受け、トンネルを越えて旅芸人たちとの時間が始まる。定住する人々の生活からは、旅芸人には侮蔑の扱いしかないが、自然は彼らと一体に戯れる、その象徴が踊子である。異界に足を踏み入れた「私」は、この旅芸人たちと野の匂いのある正直な好意で繋がっている。

そして踊子は、「私」を、無垢で純真に癒してくれた存在である。太鼓や三味線や彼らの芸能は、その交流の合図や儀式かもしれない。それは、無分別な霊性すら感じさせる。

美しい日本、自然や人のこころ、日本人に宿る心性や死生観、この国に生きる感受性の在処を確認するためにも、若き青年の時代に通過しておきたい抒情的な川端文学である。そして尚、年を経ても、あじわい続けたい世界である。

作品の背景

十八歳で第一高等学校に入学し翌年1918年(大正7年)の秋に、孤独や憂鬱な気分から逃れるため誰にも告げず初めての伊豆へ一人旅をする。それは、幼年時代が残した精神の疾患が気になり、自分を憐れむ念と自分を厭う念に堪えられないことからであった。<野の匂いがある>ひとときがが、川端の不幸な生い立ちが残した<精神の疾患>を癒した。この旅芸人一行との善意に満ちたひとときと素朴で無垢な踊子に淡い恋心を抱く旅情。そしていつか孤児根性が解きほぐされていく。二十二歳の時に書いた「湯ヶ島での思い出」の草稿から踊子の思い出の部分だけを二十六歳のころに書き直し『伊豆の踊子』となる。川端は、事実そのままで虚構は無いとしている。さらに「私の小説の幼い出発点である」と述べている。

発表時期

1926年(大正15年)、雑誌『文藝時代』1月号に「伊豆の踊子」2月号に「続伊豆の踊子」として分載。翻訳も世界各国で行われている。川端康成、当時27歳。川端康成の初期を代表する名作で19歳の時の実体験をもとにしている。川端康成は1,899年に生まれ二歳で父が死去、翌年、3歳で母が死去。両親の愛情を知らない。さらに祖父母に引き取られるが七歳で祖母が死去、10歳で姉が死去している。そして13歳で小説家を目指し、15歳で祖父が死去、孤児となっている。この伊豆の旅の後、川端は22歳で、当時15歳の伊藤初代と婚約をするが、後に破婚に終わる。その傷心のなかで、伊豆の旅で出会った踊子の加藤たみの思い出と結晶させたものが『伊豆の踊子』となる。

タイトルとURLをコピーしました