宮沢賢治『どんぐりと山猫』あらすじ|「ばか」が、いちばん「えらい」。

スポンサーリンク

概要>だれがいちばん偉いかを決める裁判に呼ばれた一郎、わいわいがやがや自己主張ばかりのどんぐりたちに困り果てた山ねこ裁判長。一郎はたった1分半で解決します。 利己主義に満ちたこの世界で、自然を愛する一郎の説く解決方法とはどんな方法か、エゴな大衆への説法の仕方。

スポンサーリンク

登場人物

かねた一郎
十歳くらいの少年で、山猫の難しい裁判に呼ばれて、すぐにうまく解決する。
山猫
裁判官で、陣羽織をきて髭をぴんと伸ばして威厳があり人格者そうな態度をしている。
馬車別当
山猫の部下で、馬車のくつわ(手綱の先についている)を引く忠実な運転手。
いろんなどんぐり
だれがいちばん偉いかの裁判で、たくさんのどんぐりが自己主張ばかりする。
一郎が出会う生きものたちや自然
山猫を探すときに出会う栗の木、笛吹きの滝、きのこ、りすなどで、みな言葉を放つ。

あらすじ(ネタバレあり)

おかしなはがきが、ある土曜日の夕がた、一郎のうちにきました。

かねた一郎さま 九月十九日
あなたは、ごきげんよろしいほうで、けっこです。
あした、めんどなさいばんしますから、おいでんなさい。
とびどぐもたないでくなさい。

山ねこ 拝

裁判に呼ばれた一郎は、自然の生きものに山猫の居場所を尋ねます。

はがきの字は、ほとんどが平仮名で、間違いもあるし、下手な文章なのですが「明日、面倒な裁判があるので、お出でください」との内容に、一郎は大喜びで飛んだり跳ねたりしています。山猫のにゃあという顔やめんどうな裁判の様子などを想像すると遅くまで眠れませんでした。

一郎は目が覚めて出かけます。

回りの山々は今出来たばかりみたいにうるうる盛り上がり、青空の下に並びます。一郎は、谷川に沿った小道を、上の方へ登って行きます。

どこに行けばよいのか分からない一郎は、自然の中で尋ねてみます。

風がざあっと吹くと、栗の木は、ばらばらと実を落としました。

一郎は、栗の木に「やまねこがここを通らなかったかい」と聞きました。

栗の木は「やまねこは、馬車で東の方へ飛んで行きましたよ」と答えます。そうか「栗の木、ありがとう」と言うと、栗の木は、またばらばらと実を落としました。

少し行くと、笛ふきの滝でした。同じように尋ねると「やまねこは、馬車で西の方へ飛んで行きましたよ」と滝がぴーぴー答えました。そうか「笛ふき、ありがとう」と一郎は言います。

また少し行くと、ぶなの木の下の白いきのこが、どってこ、どってこ、どってこと、変な楽隊をやっていました。同じように尋ねると「やまねこなら、けさ早く、馬車で南の方へ飛んで行きましたよ」と答えます。そうか「きのこ、ありがとう」

また少し行くと、くるみの木の梢を栗鼠りすがぴょんと飛んでいました。同じように尋ねると「やまねこなら、けさまだ暗いうちに、馬車で南の方へ飛んで行きましたよ」と言い、そうか「りす、ありがとう」と一郎は言います。

かやの木の森の方へ行くと小さい道がありました。急な坂を上ると金色の草地になり、その真ん中に、背の低い男が、膝を曲げて手に革鞭かわむちをもって、黙ってこちらを見ています。その男は、片目で半纏はんてんのようなものを着て、足が曲がって山羊のよう、足先はへらみたいでした。

黄金いろの草地で、ハガキをくれた男と判事の山猫が現れます。

「あなたは山猫をしりませんか」と一郎が聞くと、「山猫さまは、すぐにここに戻っておやるよ。おまえは一郎さんだな」とその男は言います。

その男は、山猫を知っていました。その男がハガキを出した男だったのです。

「あの文章はずいぶん下手だべ」と男は下を向くと、一郎は気の毒になり「なかなか、文章がうまいようでしたよ」と言います。「あの字もなかなかうまいか」と聞くと、一郎は「うまいですね」と言います。

一郎は「あなたはだれですか」と尋ねると、「山ねこさまの馬車別当べっとう(馬をひく者)」と言いました。

風がどうと吹いてきて、草は一面に波立ち、別当は丁寧におじぎをしました。

そこには山猫が、黄色い陣羽織を着て、緑色の眼をまんまんにして立っています。

山猫は髭をぴんと張って、腹を突き出して言いました。「こんにちは、よくいらっしゃいました。実は一昨日おとといから面倒な争いが起こって、裁判に困りましたので、あなたのお考えを伺いたいと思ったのです。じき、どんぐりどもが参りましょう。」

そう言って、煙草を一本くわえ「いかがですか」と一郎に出しました。一郎はびっくりして「いいえ」と言うと、山猫は、おおように笑って「ふふん、まだお若いから」と言いました。

誰が一番偉いか決める裁判で、どんぐりたちの各々の自慢話が延々と続く。

足元では、あちこちに三百以上の金色のまるいものが、ぴかぴか光り、よく見ると赤いズボンをはいたどんぐりでした。わあわあわあわあ、みんな何か云っています。

馬車別当べっとうは、鎌で草を四方に刈ると、草の中から、どんぐりどもが飛び出してきました。

鈴をがらんがらんがらんと振りました。山ねこは、黒い長い繻子しゅすの服を着て、勿体もったいらしくどんぐりどもの前に座りました。別当が、革鞭を二、三べん、ひゅうぱち、ひゅう、ぱちと鳴らしました。

「裁判も、もう今日で三日目だぞ、いい加減に仲直りしたらどうだ」と、山ねこが心配そうに、それでも威張って言うと、どんぐりどもは口々に叫びます。

「いえいえ、だめです、なんといったって頭のとがっているのがいちばん偉いです。そして、私がいちばん、とがっています。」「いえ、まるいのが偉いです。いちばんまるいのは私です。」「大きいことだよ。大きいのがいちばん偉いです。わたしがいちばん大きいから、私が偉いんだよ。」「だめだい、そんなこと。せいの高いのだよ」「いや押しっこのえらいひとだよ」がやがやと自分の主張ばかりで、蜂の巣をつついたようでわけがわからなくなりました。

山猫が一郎にそっと言いました「このとおりです。どうしたらよいでしょう。」

いちばんダメなどんぐりが、いちばん偉いんだよと申し渡しましょう!

一郎は笑って答えました。

「そんならこう言ったら良いでしょう。このなかで、いちばんばかで、めちゃくちゃで、まるでなっていないようなのが、いちばん偉いとね。ぼくはお説教で聞いたんです」と。

山猫は、なるほどとうなずいて気取って、襟を開いて、陣羽織をちょっと出して申し渡しました。

「よろしい。静かにしろ。申し渡しだ。このなかで、いちばんえらくなくて、ばかで、めちゃくちゃで、てんでなっていなくって、あたまのつぶれたようなやつが、いちばんえらいのだ」

するとどんぐりは、しいんとしてかたまってしまいました。

どうもありがとうございました。これほどの裁判を一分半で片付けてくださいました。

これからも裁判所の名誉判事になってください。そのたびに礼は致しますからと山ねこは云います。

御礼にもらった黄金のどんぐりは、あたりまえの茶色に変わっていました。

「承知いたしました。お礼なんかいりませんよ」と云うと、山ねこは、私の人格にかかわるから「いいえ受け取ってください」と言います。

そして裁判所名で、「かねた一郎どの」と書きますがよろしいですかと訊ね、さらに、はがきの文句は「用事ようじこれありに付き、明日みょうにち出頭しゅっとうすべし」と書いてどうでしょうと言われ、一郎は笑って「なんだか、変ですね、その文句はやめましょう」と云うと、「では文句は、いままでの通りにしましょう」と云いました。

そして今日のお礼に、黄金のどんぐり一升いっしょうまたは塩鮭のあたまのどちらかを薦めます。一郎は黄金のどんぐりと答え、「さぁ、おうちへお送りいたしましょう」と山ねこが言い、二人は馬車に乗り別当は黄金のどんぐりを馬車に入れました。

馬車が、どんどん進むにしたがって金色のどんぐりは茶色に変わっていました。

山ねこの黄色の陣羽織も、別当も、きのこの馬車も見えなくなって、一郎は自分のうちの前にどんぐりをいれたますを持って立っていました。

山ねこ拝というはがきは、もうきませんでした。やっぱり出頭すべしと書いてもいいと言えばよかったなぁ、一郎はときどき思うのでした。

解説(ここを読み解く!)

●童話集にこめた宮澤賢治の思いを「序」の内容から知る。

童話集『注文の多い料理店』の「序」の部分を引用しながら、込められた思いを確認します。

わたしたちは、氷砂糖をほしいくらいもたないでも、きれいにすきとおった風をたべ、桃色のうつくしい朝日の日光をのむことができます。

ここから始まる文章には、自然のいとなみやそのなかに見出せるものが対象で、それは素晴らしく、かけがえのないものとして捉えられていることを紹介しています。

ほんとうにもう、どうしてもこんなことがあるようでしかたないということを、わたしはそのとおりに書いたまでです。

そうして賢治の空想の世界が広がっていきます。自然の中から詩や歌や童話の素材をもらって、そして物語として紡がれていきます。何よりも「あなたもこの世界に入ると同じような気持ちになりますよ」と誘ってくれているようで、自分もそんな世界に参加してみようという気になります。

ですから、これらのなかには、あなたのためになるところもあるでしょうし、ただそれっきりのところもあるでしょうが、わたくしには、そのみわけがよくつきません。なんのことだか、わけのわからないところもあるでしょうが、そんなところは、わたくしにもまた、わけがわからないのです。

自然のなかで感じたものそのままの<心象スケッチ>であるという注釈です。この基底には、生きものそれぞれが大切な仲間であり、人間もその一部であるという賢治の宗教観と、少し謙遜してまだまだ修行の身ゆえすべてが判明していないところもあるとことわっています。そして、あなたにも自ら感じてほしいと呼びかけています。

これらのちいさいものがたりの幾きれが、おしまい、あなたのすきとおったほんとうのたべものになることを、どんなにねがうかわかりません。

この童話集のなかの数篇が、あなたの人生にとって生き方の指針のようなものになることを願っているということです。そして冒頭にかえり“ほんとうのたべもの”というのは“きれいにすきとおった風”であり“桃いろのうつくしい朝の日光”なのです。それは物質というよりも自然の恵みのなかの真理のようなものを探し得た生き方です。

●自然のなかで生き、自己犠牲の説法のなかに人々が調和する道を探す。

一郎は、自然と調和しています。栗も、滝も、ぶなも、きのこも、くるみも、りすも、みんな一郎と会話をしています。これは自然崇拝の考え方です。生きるものすべてに生命が宿っています。

それに比べると馬車別当は、権威主義で山ねこに服従しています。その山ねこは、 判事で人格者を装い権威ぶっていますが、3日間にも亘ってつまらない自己主張をするどんぐりたちの意見を集約したり納得させたり解決したりできません。そして毎年この問題を抱えています。

一郎は、どんぐりたちの性質をよく知っているようで、それぞれの 自己主張ではなく<いちばんダメなものが、いちばんよい>という、自己犠牲の精神を説きながら彼らを静めます。

寓意として、自分が一番偉いなどといつも思っている人間は、やはり社会のなかでは距離を置かれるものです。人間の利己的な一面を強く戒めながら、自分を飾らず、自分がいちばんダメな人間だとしておくことが利他の気持ちであり、人を救うことにもなります。

子どもたちの側に立ってみても、みんな小さなどんぐりなのに、大人たちから競わされて心が疲れていくことでしょう。ぜんぜんダメでいいんだよ、他をさげすむよりもずっと素敵なことなんだよ、と勇気をくれているような。そんな優しく、心豊かな気持ちにもなれます。

名誉判事になっていただく予定でしたが、“用事ありにつき、明日出頭すべし”という文言が嫌で、結局、今までと同じ文言に戻りますが、それでも二度とは招かれませんでした。ここでも、何か人間の権威や杓子定規しゃくしじょうぎとそれに従いたくない気持ちが大切にされています。

最期もきちんと黄金のどんぐりは、あたりまえの茶色のどんぐりに変わっています。金色は剥がれて、対価を要求しない一郎の心を自然が理解しているようです。

権威やエゴの社会の中で、自然の生きものと人間を分け隔てしない心や、相手を傷つけない言葉の対応、さらには物事を取りまとめるための智慧の説法など、清々すがすがしい気持ちになります。

作品の背景

宮澤賢治は、1896年(明治29年)、岩手県花巻の裕福な家に生まれます。幼少のころから鉱物、植物、昆虫などに熱中します。 賢治の唯一の童話集 『注文の多い料理店』のなかに「どんぐりと山猫」は、収められています。自然界の “いのち” は、どれもみな人間の “いのち” と同等という考え方です。

1920年10月、賢治は国柱会に入会、法華文学はその布教の活動のひとつでもあります。国柱会は元日蓮僧侶の田中智学により「我日本の柱とならん」から命名、創設された法華宗系在家仏教団体です。お題目は“南無妙法蓮華経”で、仏教の輪廻転生の生まれ変わりを信じていた賢治は、人間の心は過去からの無数の生物の記憶の集積と考えます。そこで心に起こる現象を記録すれば、それはあらゆる生物の心の集合体であることの証明で、世界がひとつの心をもつという理想社会に近づけると考えます。

それが賢治の童話の根幹にあり“法華文学”でもあります。有名な「雨ニモマケズ」は、そんな自己犠牲の精神の自身への訓戒でもあります。賢治はその自然のテーマを文科ではなく理科の眼で、自然の仕組みの中に人間も自然科学のなかのひとつとして組み込まれるイーハトヴの世界となっています。

発表時期

1924年(大正14年)12月1日、盛岡市杜陵出版部、東京光原社から童話集『注文の多い料理店』が刊行される。当時、宮沢賢治は28歳。初版1000部のうち100部を印税にかえ受け取り、その後、売れ行きが芳しくなくさらに200部を買い取る。初版本の「イーハトヴ童話」の副題がついている。先立って4月には『春と修羅』が刊行されている。前年には、この「イーハトヴ童話」の「序」が書かれている。尚、「どんぐりと山猫」は、東京にいた賢治が、妹トシの病気の知らせを受けてトランク一杯の書きためた原稿をもって帰郷した、25歳の9月に書いている。その生涯を法華経信仰と農民生活に根ざした創作を行う。