三島由紀夫『金閣寺』あらすじ|世界を変えるのは、認識か行為か。

スポンサーリンク

概要>「金閣寺ほど美しいものは此の世にない」と父に教えられ、金閣の美に憑りつかれた学僧の私は、生来の重度の吃音症で苦悩する人生を送る。脳裏にたびたび現れる金閣の美と呪詛の中で、やがて金閣を放火するまでの心理や観念を戦中戦後の時代を映しながら描写する。

スポンサーリンク

登場人物

私(溝口)
生まれつきの吃音で、引込み思案。人生に金閣の美と呪詛がいつも立ちはだかる。
鶴川
溝口と同じ徒弟、裕福な寺の子で金閣で修行し、私(溝口)の良き理解者でもある。
柏木
大谷大学で知り合った内反足の障害を持つ男で、女扱いに詐欺師的な巧みを持つ。
田山道詮和尚(老師)
金閣の住職で、溝口の父とは起居を共にした禅堂の友人で私を徒弟として預かる。

金閣寺 (新潮文庫)
Amazonで由紀夫, 三島の金閣寺 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。由紀夫, 三島作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また金閣寺 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

あらすじ(ネタバレあり)

吃音の自分の負い目に、自分は何か選ばれたものと考えるようになった。

私は東北の、日本海に突き出た成生岬なりゅうみさきの寺に生まれた。僧侶である父は、“ 金閣寺ほど美しいものは地上にはない ”といい、私の心が描きだした金閣は、遠い田の面のきらめや、山あいの朝陽など、至る処に見えた。

私は生まれつきの吃音きつおんで引込み思案だった。最初の音がうまく出ないことは私の内界と外界の妨げになった。こうした少年は二種類の権力志向を抱く。ひとつは、無口な暴君、もうひとつは諦観に満ちた大芸術家になる空想を楽しんだ。

何かぬぐいがたい負い目が、自分は選ばれた者だと考えるのは当然ではあるまいか。私は、私自身が知らない使命が、私を待っているような気がしていた。

ある日、中学の先輩で海軍機関学校の生徒が、若い英雄として母校に遊びに来て生徒たちと話をしていたが、彼は、吃音である私をなじった。私は、彼の美しい短剣に、私の錆びついたナイフで醜い切り傷をつけた。

また、舞鶴海軍病院の看護婦である美しい娘の有為子に、私は思いを寄せ待ち伏せをしたのだが、そのことを嘲笑され軽蔑された。私は有為子の死を願った。私の受けた恥が消え、太陽へ顔を向けられるためには、世界が滅びなければならぬと思った。

数か月後に呪いが成就して、有為子は死んでしまった。

ある時、海軍の脱走兵に恋をして妊娠した有為子が、憲兵に詰問されている。やがて頑なに拒んでいた有為子の顔は、裏切りを決心し脱走兵の隠れ家を憲兵に知らせたのだった。

その透明な美しさは私を酔わせた。「裏切ることで、とうとう彼女は、俺をも受け入れたんだ。彼女は今こそ俺のものだ」と感じた。脱走兵は、有為子を拳銃で殺してから、自分も自殺した。私は呪うということに確信をいだいた。

父は、「金閣ほど美しいものは、此の世にはない」と私に教えた。

父は、重い肺患だったが、自分の命のあるうちに私を金閣寺の住職に引き合わせた。

実際に訪れた金閣寺は、美しいどころか不調和な落ちつかない感じを受けた。一階の法水院の義満像も、二階の狩野正信かのうまさのぶの筆と云われる天人奏楽てんにんそうがくの天井画も、頂上の究竟頂くきょうちょうの金箔にも美しいと思うことはできなかった。

金閣の住職の田山道詮和尚たやまみちせんおしょうは、私の父と禅堂における友であった。失望した金閣寺だったが帰ってくるとまた美しさを蘇らせた。「地上でもっとも美しいものは金閣だと、お父さんが言われたのは本当です。」と、私は始めて父に手紙を書いた。折り返し、母から電報が届いた。その後、父は夥しい喀血をして死んでいた。

父の死を私は少しも悲しまなかった。私は、父の遺言どおり金閣寺の徒弟になった。

数か月ぶりに見る金閣は、晩夏の光の中に静かである。「心象の金閣よりも、本物のほうがはっきり美しく見えるようにしてくれ。そして何故、美しくあらねばならないのかを語ってくれ」と私は呟いた。

その夏の金閣は、戦争の暗い状況を餌にして、いっそういきいきと輝いているように見えた。戦乱と不安、多くの屍とおびただしい血が金閣の美を富ますのは自然であった。三層のばらばらな設計は、不安を結晶させる様式を探して自然にそうなったものに違いない。

同じ修行の徒弟に鶴川という少年がいた。私の吃音を気にしない優しい少年だった。

やがて金閣は空襲の火に焼き亡ぼされるかもしれぬ。このままいけば金閣が灰になることは確実なのだ。

今までは金閣寺が私を圧していたのに、やがて焼夷弾の火に焼かれる運命は、金閣は、あるいは私たちより先に滅びるかもしれないのだ。すると金閣は、私たちと同じ生をいきているように思われた。

終戦までの一年間、私は金閣に親しみ安否を気遣いその美に溺れた。

このときが、金閣を私と同じ高さまで引き下げ、怖れげもなく金閣を愛することができた時期である。私と金閣の共通に戦争という危難があることが私を励ました。

私のもろい醜い肉体と同じく、金閣は燃えやすい炭素の肉を持っていた。

金閣が焼ければ、頂の鳳凰は不死鳥のようによみがえり飛翔し、形態が失われた金閣は、湖の上にも、暗い海の潮の上にも、微光をしたらして漂いだすだろう。

戦争末期、私と鶴川は南禅寺を訪れ、天授庵の茶室で、若く美しい振袖姿の女が、軍服の若い陸軍士官に薄茶を薦めていた。男が何か言い、女は深くうなだれていたが、女は姿勢を正したまま、俄かに襟元から白い豊かな乳房の片方を出し両手で揉むようにしてうぐいすいろの茶の中へ白い温かい乳をしたたり納めた。男は、その茶を飲み干した。

それは士官の子を孕んだ女と、出陣する士官との別れの儀式であった。私は、その女に有為子を重ねた。

鶴川は、私の善意な翻訳者でかけがえのない友人だった。写真でいえば、私は陰画で、鶴川は陽画だった。彼の心に濾過されると、私の混濁した暗い感情が透明な光を放つ感情に変わる。

父の一周忌で、母が父の位牌をもって住職のところへやってきた。かつて私が十三歳の時、蚊帳の中で病気の父と私が寝ている傍で親戚の男と交わっている母を見た時以来、私は母に嫌悪感があった。母は、成生岬なりゅうの寺の権利を人に売り田畑を処分し、父の命日が済んだら、身一つで伯父の家に身を寄せるという。私の帰るべき寺はなくなった。

母は、京都にもう空襲はないという。もし金閣が空襲を受ける危険がなければ私の生甲斐は失せる。一方、母の野心は、田山道詮師は独身ゆえ、私も心がけ次第で師の後継者になるかもしれない。そうなれば金閣が私のものになるのを願っていた。

敗戦によって、金閣と私との関係は絶たれてしまったのだと考えた。

戦争が終わった、終戦の詔勅の朗読を聴くあいだ、私が思ったのは金閣のことである。

敗戦の衝撃、民族的悲哀などから金閣は超絶し、空襲で焼かれず、もうそのおそれがないことで「昔から自分はここに居り、未来永劫ここに居る」という表情を取り戻させた。

「金閣と私との関係は絶たれたんだ」と私は考えた。これで私と金閣が同じ世界に住んいるという夢想は崩れた。

敗戦は、人々が言う価値の崩壊とは逆に、金閣が未来永劫存在するという永遠が在った。その晩は、老師は陛下のご安泰、戦没者の霊を慰めるためのお経と私たちへ無門関むもんかん第十四則の南泉斬猫なんせんざんみょうを講話された。

終戦後は、想像もつかない新しい時代となった。

士官は、闇屋になり悪へ向かって駆けだした。世間の人たちが、生活と行動で悪を味わうなら、私は内界の悪に、できるだけ深く沈もうと思った。私の考える悪は、老師にうまく取り入って、いつか金閣を手に入れようというものだった。

叡山のほとりから暗い夜空にかけてときおり稲妻がひらめいた「戦争が終わって、人々は邪悪な考えにかられている。死のような行為の匂いを嗅いでいる。どうぞわが心の邪悪が、繁殖し、無数に殖え、きらめきを放ちますように」と、私のこころの暗黒が夜の暗黒と等しくなるように願った。

戦後に占領軍が到着し、金閣寺には俗世のみだれた風俗が群がった。

今までの金閣の拝観者は、つつましいまばらな客でしかなかったが、占領軍が到着し、俗世のみだらな風俗が金閣のまわりに群がった。

戦後最初の冬、雪に包まれ金閣の美しさは比べるものがなかった。

明くる日の日曜の朝、外人兵の見物が来た。米兵はジープの中の女に「出て来い」といい、女は外人兵相手の娼婦だった。私は金閣を案内した。私の気づかぬうちに口論が起こっていた。雪に倒れた女に、米兵は「踏め。踏むんだ」と私に命じ、私は抵抗しがたく女の腹を踏んだ。そして米兵は、サンキューと言って米国煙草を私の腕に押しつけた。

私はこれを煙草好きの老師にさし出した。自分の不可解な悪の行為、褒美に貰った煙草、それと知らずに受けとる老師。この一連の関係に痛烈なものがあるはずだった。気づかぬ老師を私は軽蔑した。部屋を退こうとする私に老師は「卒業次第、大谷大学へやろうと思う」と言った。回りからは、よほど嘱望されている証拠だと言われた。

あの雪の米兵と娼婦の出来事から一週間後、娼婦がやって来て流産をしたので金を貰いたいと老師に言い、くれなければ鹿苑寺ろくおんじの非行を世間に訴え表沙汰にするといった。老師は金を渡して女を帰した。そして老師はすべてを不問にした。

老師の無言に対抗して告白をせずに過ごしてきた来た私は「悪が可能か?」を試してきたのだと思われる。最後まで懺悔しなければ、悪は可能になったのだ。

このようなことがありながら私は、昭和二十二年の春、大谷大学の予科へ入った。

大学で柏木と会い、彼の詐術にみちた哲学は誠実の証明だと思った。

大谷大学は、私が生涯ではじめて思想に親しむことになった。

私は、柏木という内反足ないはんそくの障害を持つ少年に出会う。彼は、いつもぬかるみを歩くような不自由な歩行だった。しかし、女の扱いに詐欺師的な巧みさを持っていた。

肉体上の不具者は、美貌の女と同じ不敵な美しさを持っている。柏木は、光の中に自足していた。彼の主張する影には、日光は滲みいらないのにちがいなかった。彼は臨済宗の禅家の息子だった。

柏木は、生来の内反足の障害ゆえ、並の人間よりも数倍贅沢な仕組みが要るはずで、人生はそうでなければならぬと思った。そんな彼に、檀家の子で裕福な娘が愛を打ち明けた。彼女の愛の原因は並外れた自尊心だった。そんな時に彼は「俺は愛していない」と答えることで、彼女はますます彼を愛しているという錯覚に溺れ、彼の前に彼女は身体を投げ出したが、彼は不能だった。そして彼女は彼を離れた。

彼は、肉体の自覚という時に、「物」に関する自覚ではなく、「風」になることだった。内反足が、彼の生の条件であり、理由であり、目的であり、理想であり、生それ自身なのだから。そもそも存在の不安など、贅沢な不満から生まれるものなのだ。

「人の苦悶と血と断末魔のうめきを見ることは、人間を謙虚にし、心を繊細に明るく和やかにする。逆に残虐に殺伐になるのは、うららかな春の午後、刈り込まれた芝生の上に、木漏れ陽の戯れを眺めているような瞬間だと思わないかね。」と柏木は言う。

そうして柏木は「内反足ないはんそく好き」は、飛び切りの美人で、鼻の冷たくとがった、口もとのいくらかだらしない女だといった。そのときスペイン風の邸から歩いてくる女がいた、私は有為子の面影を見た。柏木は、女の前に崩れて巧みに骨折をよそおった。

「女は俺に惚れかけている」という柏木に対して、私は柏木の詐術を見たように思ったが、彼の哲学が詐術に満ちていればいるほど、彼の人生に対する誠実さが証明されたように思えた。鶴川は、私と柏木の間を好い目で見ておらず、友情に充ちた忠告をしたが私にはうるさく感じられた。