夏目漱石

夏目漱石

夏目漱石『こころ』あらすじ|厭世的な心が、自死にむかう。

概要>自由や自我の追求が、心のうちにある自己本位や独占欲を曝け出す。結果、人間不信に陥り厭世的な心持ちを引きずり淋しく生きさらばえる。恋や財産、友情など物我の関係で人は試練に出会う。<K>との出来事を語る<先生>の遺書を、<私>はいかに捉えたのか。
夏目漱石

夏目漱石『三四郎』あらすじ|人はみな、ストレイシープ。

概要>九州から上京し、東京大学に学ぶ三四郎。都会の景色、知識人や友人との人間関係に、郷里と学問と恋愛の三つを束ねる人生を夢見る。そして自由な恋愛観に生きる美禰子への初恋と失恋。明治日本の自我と自由に対して、警句を交え描く悩める青春小説。
夏目漱石

夏目漱石『坊ちゃん』あらすじ|明治を生きた漱石の、本統の歴史観。

概要>曲がったことが大嫌いで、正義のためなら自身を顧みない坊ちゃん。ずる賢い赤シャッに立ち向かい、そして潔く美しく敗北する。東京から松山の中学校に赴任した、坊ちゃんが巻き起こす正義感あふれる痛快で純朴な物語。漱石は近代日本をどう捉えていたのか。
スポンサーリンク
シェアする