今村夏子『むらさきのスカートの女』表紙の絵のスカートが紫色じゃない理由

猫枕読書会

 今村夏子 著『むらさきのスカートの女』は、人の心と現代社会が描かれた、芥川賞受賞の純文学である。けれど、このトリッキーな小説をいったんミステリーだと思って、読んでみて欲しい。テーマが見えてくるから。

 どんなミステリーかといえば、意図的にミスリードを誘う叙述ミステリーだ。こう言うと、どうせ「むらさきのスカートの女」と「黄色いカーディガンの女」は同一人物だと言うのだろう、と思われるかもしれないが、そうではない。この点については、作者の今村夏子さんも受賞の際の会見で、「同一人物だと想定して書いたわけではない」と答えられた。

 この小説の叙述トリックを解くヒントは、最初に与えられている。本の表紙、榎本マリコさんによるイラストである。水玉模様のスカートから足が四本出ている。


この四本の足の持ち主はいったい誰なのか?
と、考えることが、叙述トリックを解くことになる。

 スカートが紫色ではないので、むらさきのスカートの女の足ではない。
この四本の足は「権藤チーフ」と「黄色いカーディガンの女」の足だ。
大人しく足を揃えているほうが権藤で、
足を開き気味に立っているのが黄色いカーディガンの女。
では、誰の胴体から生えた足なのか?というところまで考えれば、
もちろん「権藤チーフ」ということになる。

「むらさきのスカートの女」と「黄色いカーディガンの女」という鮮やかな存在に目を奪われてしまうが、物語の真の語り手は権藤であり、彼女の心を描いた小説である。しかし彼女は、始終「黄色いカーディガンの女」という仮面を被っている。時々、物語の破れ目から「素顔の権藤」が顔を覗かせるので、読者は見逃さないように十分に気を付けて読まなければいけない。

 権藤の性格と、彼女がこの物語を始める動機が語られている箇所が次だ。

 違う。思い出した。今度こそわかった。むらさきのスカートの女は前に住んでいた町のスーパーのレジの女の人に似ているんだった。わたしがすごくしんどかった時、ふらつきながらおつりを受け取ったら、「大丈夫?」といきなり声をかけてきた人。次の日行ったら今度は「まいど」と言った人。おかげでその次の日からは行けなくなった。

 つい最近、隣町の図書館に行ったついでに懐かしのスーパーをこっそり外から覗いてみた。相変わらずその人はレジに立っていた。制服のバッチが一個増えていて、とても元気そうだった。
 
 つまり、何が言いたいのかというと、わたしはもうずいぶん長いこと、むらさきのスカートの女と友達になりたいと思っている。

『むらさきのスカートの女』今村夏子

 友達が欲しい。けれど他人と関わることが怖い。人と話すことが苦手、恥ずかしがり屋で内気な権藤。ありのままの自分では、友達を作る事ができないと考えている。だから不器用で鈍くさい点だけは、自分と似ているけれど、はるかに能動的でちょっと強引で乱暴な「黄色いカーディガンの女」という仮面を被ったのだ。実際に起きた事実は、おそらく次のような単純な事だったに違いない。

 ホテルの客室清掃の仕事をする権藤は、友達が一人もいないどころか、ほとんど存在さえ認識されていなかった。彼女の楽しみは、クリームパンを買って公園のベンチで食べること。しかし周りで遊ぶ子供たちは決して、権藤に近寄らない。彼女はいつも孤独だ。
 ある日、権藤の職場に日野まゆ子という新人が入って来た。「彼女と友達になれたら」という淡い期待を抱くが、権藤は声を掛けることもできない。一方日野まゆ子は適応能力抜群で、あっという間に仕事を覚え、他の同僚達と親しくなり、権藤の手が届かない存在になってしまった。
 ところがまもなくして日野は、所長と不倫の関係を持つようになり、ホテルの備品を盗んで小学校のバザーで売ったという疑惑をかけられ、職場を去った。

 これだけの事実をもとに、権藤は「黄色いカーディガンの女」が「むらさきのスカートの女」と友達になるために奮闘する物語を創作したのだ。実際の日野まゆ子は紫色のスカートを着ていないし、誰も黄色いカーディガンなんて着ていない。そう名付けてみただけ。

 注意すべきは、見せかけの語り手「黄色いカーディガンの女」が、真の語り手「権藤チーフ」と同一人物でありながら別の人格を持つ、想像上のキャラクターであるという事。ここが叙述ミステリーとして読み解く点である。
 この事を具体的に読者に解らせる描写がある。現実の権藤は下戸であるのに対して、想像上の権藤=黄色いカーディガンの女は、酒が飲めるという設定なのである。

 買い物途中の「黄色」が、夜の商店街をふらふらと歩く「むらさき」を見かけるという場面。目の焦点が合わない彼女を見て、「黄色」は一体何があったんだと心配になってしまう。後日「むらさき」がチーフ達と飲み過ぎた帰りだった、と判明する。「黄色」の仮面を被った権藤だが、実際には酒を飲まない彼女は、「むらさき」が単に酔っぱらっていただけ、というのが見て取れなかったのだ。
 「権藤が下戸であること」をさらに2回も職場のスタッフのセリフによって、知らせている。

 「だって権藤チーフは下戸だもの」

 「ばかね!その人は下戸なのよ!」

 この2回の間に「黄色」は飲酒をしている。所長とデート中の「むらさき」が居酒屋で飲み食いするのを尾行しながら、「黄色」も「生ビール三杯とえのきバターとホタルイカの沖漬けを頼み、会計をせずに出て来た」とある。これが現実ならば、会計をせずに出てこられるはずが無いのはもちろんだ。

 全てが権藤の創作では無く、彼女が実際に見聞きした現実、現実を反映した想像、現実から飛躍した妄想が合体した物語であり、権藤と「黄色」の境目も分かりにくい。それを判別するために、何度か読まなければいけない。少なくとも3回は、読んだほうがいいと思う。コントのようなユーモアと皮肉も楽しめる。

 【例①】 ホテルの客室清掃の職場の同僚たちは、客が手を付けずに部屋に残した高級果物をこっそりくすねているのだが、権藤チーフだけは「果物が嫌い」という建前で、この行為を断っている。小さな窃盗にも参加しない権藤は、潔癖かつ小心なのだろう。が、黄色いカーディガンの女の仮面を被った権藤は、大胆だ。肉屋のショーケースにぶつかって壊してしまい、その弁償のために経済的に困窮すると、ホテルの備品を盗み小学校のバザーで売る、という小銭稼ぎを陰でこっそりやっている。この犯罪の容疑は「むらさき」にかけられる、という展開になっている。実際の真犯人は不明。

 【例②】 「むらさき」のコミュニケーション能力の高さが、「黄色」を圧倒する場面があった。彼女は公園で、子供たちと一つのリンゴを分け合い、鬼ごっこをして仲良くなってしまうのだ。あのシーンが現実かどうかは分からない。職場でチーフ達と、あっという間に打ち解けた日野まゆ子のやり方を見た権藤の想像か。ただ人間関係には、きっかけを掴む、冗談、間合いを図る事なども必要だと、知ったように思う。そこで「黄色」は、バスの中で「むらさき」の鼻をつまんで仲良くなる作戦を立てたのだろうが、方法もタイミングも悪過ぎる。

 大部分が”作中作”だなんて、つまらないと思う人もいるかもしれない。だが権藤は、日野まゆ子に関心を持って観察したこと、彼女ならばどう振る舞うだろうと想像したこと、自身ならば考えも及ばないような事を、黄色いカーディガンの女に成り切って物語の中で経験したことによって、変化した。想像だって人を変える。ほんの少し、変化してみる心の準備が出来たのだ。

 最後の段落で商店街へ出かける「わたし」は、黄色いカーディガンの女ではなく、素顔の権藤なのだろうか。もしかしたら、二人は融合したのかもしれない。ドラッグストアと酒屋とパン屋を回っている。たぶんドラッグストアでは、あのフレッシュフローラルの香りのシャンプーを買っただろう。酒屋では、飲めないアルコールを試してみようと、サワーの缶でも買ったのか。最後はいつものクリームパンを買って、公園のベンチに座った。

 クリームパンの袋を取り出して、パンの温かさを感じると、なんと初めにパンを半分に割ったのだ!これまでは、クリームやアーモンドがこぼれ落ちないよう食べることばかりに気を取られていたのに。

 今、彼女の心は開かれている。彼女の膝の上には、二つに割ったクリームパンの片割れが置かれている。すべての準備は整った。それは、子供達に伝わったのだ。

 絶妙なタイミングでわたしの肩を叩いた子供が、キャッキャッと笑いながら逃げて行った。 

『むらさきのスカートの女』今村夏子

 そうだ!権藤チーフ、今こそ絶妙なタイミング。

 今なら、子供達とクリームパンを分け合える。

むらさきのスカートの女 | 今村 夏子 | 日本の小説・文芸 | Kindleストア | Amazon
Amazonで今村 夏子のむらさきのスカートの女。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

猫枕読書会のおすすめ
芥川龍之介『藪の中』その真相に涙する「文芸的な、余りに文芸的な」嘘
夏目漱石『草枕』全ての謎と物語の構造を解く!謎解き『草枕』