今村夏子『むらさきのスカートの女』表紙の絵のスカートが紫色じゃない理由

猫枕読書会

 今村夏子 著『むらさきのスカートの女』は、人の心と現代社会が描かれた、芥川賞受賞の純文学である。けれど、このトリッキーな小説をいったんミステリーだと思って、読んでみて欲しい。テーマが見えてくるから。

 どんなミステリーかといえば、意図的にミスリードを誘う叙述ミステリーだ。こう言うと、どうせ「むらさきのスカートの女」と「黄色いカーディガンの女」は同一人物だと言うのだろう、と思われるかもしれないが、そうではない。この点については、作者の今村夏子さんも受賞の際の会見で、「同一人物だと想定して書いたわけではない」と答えられた。

 この小説の叙述トリックを解くヒントは、最初に与えられている。本の表紙、榎本マリコさんによるイラストである。水玉模様のスカートから足が四本出ている。


この四本の足の持ち主はいったい誰なのか?
と、考えることが、叙述トリックを解くことになる。

 スカートが紫色ではないので、むらさきのスカートの女の足ではない。
この四本の足は「権藤チーフ」と「黄色いカーディガンの女」の足だ。
大人しく足を揃えているほうが権藤で、
足を開き気味に立っているのが黄色いカーディガンの女。
では、誰の胴体から生えた足なのか?というところまで考えれば、
もちろん「権藤チーフ」ということになる。

「むらさきのスカートの女」と「黄色いカーディガンの女」という鮮やかな存在に目を奪われてしまうが、物語の真の語り手は権藤であり、彼女の心を描いた小説である。しかし彼女は、始終「黄色いカーディガンの女」という仮面を被っている。時々、物語の破れ目から「素顔の権藤」が顔を覗かせるので、読者は見逃さないように十分に気を付けて読まなければいけない。

 権藤の性格と、彼女がこの物語を始める動機が語られている箇所が次だ。

 違う。思い出した。今度こそわかった。むらさきのスカートの女は前に住んでいた町のスーパーのレジの女の人に似ているんだった。わたしがすごくしんどかった時、ふらつきながらおつりを受け取ったら、「大丈夫?」といきなり声をかけてきた人。次の日行ったら今度は「まいど」と言った人。おかげでその次の日からは行けなくなった。

 つい最近、隣町の図書館に行ったついでに懐かしのスーパーをこっそり外から覗いてみた。相変わらずその人はレジに立っていた。制服のバッチが一個増えていて、とても元気そうだった。
 
 つまり、何が言いたいのかというと、わたしはもうずいぶん長いこと、むらさきのスカートの女と友達になりたいと思っている。

『むらさきのスカートの女』今村夏子

 友達が欲しい。けれど他人と関わることが怖い。人と話すことが苦手、恥ずかしがり屋で内気な権藤。ありのままの自分では、友達を作る事ができないと考えている。だから不器用で鈍くさい点だけは、自分と似ているけれど、はるかに能動的でちょっと強引で乱暴な「黄色いカーディガンの女」という仮面を被ったのだ。実際に起きた事実は、おそらく次のような単純な事だったに違いない。

 ホテルの客室清掃の仕事をする権藤は、友達が一人もいないどころか、ほとんど存在さえ認識されていなかった。彼女の楽しみは、クリームパンを買って公園のベンチで食べること。しかし周りで遊ぶ子供たちは決して、権藤に近寄らない。彼女はいつも孤独だ。
 ある日、権藤の職場に日野まゆ子という新人が入って来た。「彼女と友達になれたら」という淡い期待を抱くが、権藤は声を掛けることもできない。一方日野まゆ子は適応能力抜群で、あっという間に仕事を覚え、他の同僚達と親しくなり、権藤の手が届かない存在になってしまった。
 ところがまもなくして日野は、所長と不倫の関係を持つようになり、ホテルの備品を盗んで小学校のバザーで売ったという疑惑をかけられ、職場を去った。

 これだけの事実をもとに、権藤は「黄色いカーディガンの女」が「むらさきのスカートの女」と友達になるために奮闘する物語を創作したのだ。実物の日野まゆ子は紫色のスカートを履いていないし、誰も黄色いカーディガンなんて着ていない。そう名付けてみただけ。