太宰治『人間失格』あらすじ|ただ、いっさいは過ぎて行くということ

スポンサーリンク

解説>「恥の多い人生を送ってきました」の始まり、残酷な「無垢の信頼心は、罪の源泉なりや」の出来事。裕福な家に生まれながら人間関係に適応できない大庭葉蔵の人生は、破滅の道を歩みます。それは太宰自身を投影し弱者への慈悲の眼差しでもありました。

スポンサーリンク

登場人物

大庭葉蔵
裕福に育つが、道化をすることで唯一、人間と繋がる。
竹一
葉蔵の中学時代の同級生、葉蔵の道化を見破り予言する。
堀木正雄
画塾で知り合う6つ年上の画学生、世間づれした遊び人。
マダム
京橋にあるバーのマダムで、二階に葉蔵を住まわせる。
ツネ子
銀座の大カフェの酒池肉林(キャバクラの名前)の女給。
シゲ子
雑誌社に勤め、夫と死別したシングルマザー。
ヨシ子
京橋のバーの向かいのタバコ屋の娘。
ヒラメ
父親の部下、葉蔵の身元引受人となる。

あらすじ(ネタバレあり)

はしがき:その男の3枚の写真の印象はこうでした。

・1枚目は、

十歳前後の写真で、女の人に囲まれて首を左に曲げて笑っている写真。
美醜についての訓練を経た人ならひとめ見て「なんて、いやな子供だ」と不快そうに呟きそうな写真。

・2枚目は、

学生のころの写真で、美貌である。かなり巧みな微笑だが、生きている人間の感じがしない。
人間の笑いとは違う、気味悪く感じられこんな不思議な写真を見たことがない。

・3枚目は

奇怪で年齢もわからない。髪は白髪で表情もなく、死んでいるような不吉な写真。
「死相」もないくらい印象がなく、ぞっとさせ嫌な気持ちにさせる写真。

第一の手記:皆と同じ考えができない、そこで考え出したのが道化でした。

葉蔵は、自分が思ったり考えていることと、世間が思ったり考えていることが、異なることを知ります。

つまり自分は“人間の営みというものが何もわかっていない”ということを。
“めしを食べなければ死ぬ” だから人は、働くという話などは、脅迫めいた響きを感じています。

そこで道化をすることで、わずかに他の人間と繋がることを知ります。

葉蔵は、本当の事を言わない子になります。いつも恐怖におののき、自分の言動に自信が持てず、悩みを隠して無邪気を装い、道化た変人として完成されていきます。

笑わせておけば、人間は本性を発揮しないと考え、夏に浴衣の下に、姉のレギンスを両腕にして家中を笑わせたり、厳格で恐い父の機嫌を損ねないように、欲しくもない獅子舞のかぶりものをこっそり父の手帖に書き記したり注意深くします。

葉蔵は、道化のたびに可愛いと言われ、学校に行ってもお茶目と言われるのに成功します。

葉蔵は幼少の頃、女中や下男に犯されます。しかし父や母に訴えません。

訴えても無駄だと思っています。世渡りに強い人に言いまくられるだけだ。だったら道化をするしか無いという気持ちでした。それは人間不信からではなく、キリスト主義のためでもなく、殻を固く閉じているからです。

この葉蔵の孤独の匂いが、多くの女性に本能によって嗅ぎ当てられていきます。

第二の手記:葉蔵の道化が、竹一に見破られ2つの予言をされる。

中学になると道化の演技は完璧でした。

ところがある時、体育の鉄棒の練習で、意図的に失敗してみせたことを、クラスで最も貧弱で勉強のできない竹一という生徒に、「ワザ、ワザ(=ワザとでしょう)」と見破られ震撼します。

葉蔵は、道化の演技がバレるのを恐れ竹一を手なづけます。

ある日の午後、夕立になり傘を貸してあげると竹一を誘い家に連れてきます。「耳が痛い」という竹一を葉蔵は、優しく手当てをします。

葉蔵は、竹一に「お前は、きっと女に惚れられるよ」と予言されます。

葉蔵は、「惚れられる」よりも「かまわれる」方で、女性は、道化にはとてもくつろぐようで自分もそれを理解していました。

竹一は、ゴッホの自画像を「お化けの絵」と言い、モジリアーニの裸婦を「地獄の馬」と言います。
その感性を信じて、葉蔵は陰惨な自画像を竹一に見せます。

葉蔵は、竹一に「お前は、偉い絵描きになる」と予言されます。

葉蔵は、美術学校を希望しますが、父の意見に従い高等学校に入ります。 東京では、葉蔵の道化は役に立ちませんでした。

葉蔵は、画塾に通い、堀木正雄という画学生と知り合います。六つ年長者で、酒と煙草と淫売婦と質屋と左翼思想のことを教えてくれました。

葉蔵は堀木を、与太者とみますが、人間の営みから完全に遊離している点では同類でした。
また、彼も自分とは違う意味での道化でした。堀木は遊び上手で、気を遣わずに付き合えました。
葉蔵は、酒、煙草、淫売婦は、人間の恐怖を紛らわすことのできる良い手段だと考えます。
堀木は、葉蔵を共産主義運動にも誘います。

葉蔵にとっては、暗く非合法な人たちが気に入り、合法の方が寧ろ、恐ろしく不可解でした。

やがて父は引退して、東京を引き払い故郷に隠居します。
それまではツケで買えた物が買えなくなり、急に金に困りはじめます。

そんな中、銀座の大カフェ酒池肉林(キャバクラの名前)の女給ツネ子と知り合います。

ツネ子も孤立した侘しい女性でした。故郷は広島で、亭主は詐欺罪で刑務所にいます。

葉蔵はツネ子といると落ち着き、恐怖や不安から離れることができました。
ツネ子と一夜を過ごしますが、幸福さえもおそれ、傷つけられないうちに別れたいとあせります。
やがてツネ子と会うのも億劫に思い銀座から遠のきました。

ある時、堀木と安酒を飲み、勢いで酒池肉林に繰り出します。

堀木からツネ子を貧乏くさい女と言われ、葉蔵は、はじめて恋をしたツネ子への辱めと、お金が底をついた惨めさでいっぱいになります。

そして「死」という言葉がツネ子の口から出たときに、葉蔵も世の中の恐怖や煩わしさを考え「死のう」と同意します。そして鎌倉の海に飛び込みます。

女は死に、葉蔵だけ助かりました。

葉蔵は、自殺幇助罪で起訴猶予となり、身元引受人として父の部下のヒラメの監理下に置かれます。

第三の手記:疑うことを知らないヨシ子、無垢の信頼心は罪の源泉なりや。

竹一の予言で「女に惚れられる」は当たり、「偉い絵画きになる」は、外れました。

自分は、わずかに無名で下手な漫画家になることが出来ただけでした。
葉蔵は、堀木に会いに行きます。そこに、雑誌社の女性が仕事の要件で堀木を訪ねてきました。

シズ子という名前で甲州生まれ、二十八歳で夫と死別し高円寺のアパートに住んでいました。

葉蔵は、シズ子の家へころがり込み、男めかけの生活でシゲ子という五歳の女児と二人留守番をします。

やがてシズ子と同棲をはじめ、シズ子の奔走のおかげで葉蔵の漫画もお金になります。
しかしヒモのような暮らしの侘しさに、葉蔵は、昔のように飲酒が増え、金に窮してシズ子の持ち物を質屋に入れます。

それでも幸せそうなシズ子とシゲ子をみて、いたたまれなく葉蔵はアパートを去ります。

その夜には、京橋のスタンドバーの二階に、ころがり込むのでした。

そのころ、バーの向かいのタバコ屋の一七、八歳のヨシ子に出会います。

葉蔵は、ある日、酒に酔ってマンホールに落ちます。

怪我を手当てしてくれたヨシ子に、 酒を止めたら結婚をとの約束を冗談にします。
翌日も葉蔵は酒を飲むのですが、禁酒の誓いを信じるヨシ子。

葉蔵は、無垢なヨシ子とほんとうに結婚します。

ヨシ子との結婚生活は、小さなアパートに二人で住み、酒も止め、自分を信頼する小さな花嫁を見るのが楽しく、自分も人間らしくなっていると思いました。

そんなとき、堀木がやってきます。高円寺のシズ子から“たまには顔を出して”との伝言でした。

堀木とアパートの屋上で飲みながら、遊戯をします。
それは対義語(アントニム)と同義語(シノニム)を答える遊びです。

“罪”のアントニムは、“法律”、いや違う、それは“罰”だろうなどと話し、ヨシ子から酒のつまみをいただこうと堀木は階下へ降りて、びっくりして引き返してきます。

葉蔵も降りると、部屋の小窓から、ヨシ子が犯されているのを目撃します。

この時から、この世のいっさいの期待、よろこび、共鳴から永遠に離れるようになります。

無垢の信頼心は、罪の源泉なりや。

ヨシ子が汚された事より、ヨシ子の信頼が汚された事が、葉蔵に生きていけない程の苦悩となります。
唯一の人間の美質にさえ疑惑をいだき、葉蔵は多量の睡眠剤を飲み倒れます。

気がつくと、ヒラメと京橋のバーのマダムがいました。
葉蔵はマダムに“女のいないところに行く”と告げます。

ある雪の日、葉蔵は喀血します。

薬局でもらった薬の中にモルヒネがあり、その作用で不安や焦燥は除かれ昂揚します。
それで、モルヒネを大量に使用しました。

もう死のうと思ったときに、ヒラメが堀木を連れてやってきて、葉蔵は施設に入れられました。
葉蔵は、サナトリウムに入院させられると思いましたが、ガチャンと鍵を降ろされそこは脳病院でした。

葉蔵は、狂人となりました。

人間失格、もはや自分は、完全に、人間で無くなりました。

その後、父が死に葉蔵は長兄の計らいで病院を出て東北の温泉地に療養し廃人のように暮らします。

阿鼻叫喚で生きた「人間」の世界で、葉蔵がたった一つ、真理に思われたのは、“ただ、いっさいは過ぎていく”ということでした。

私はことし、二十七歳ですが、白髪がめっきりふえて四十歳以上に見られます。

あとがき:私たちの知っている葉ちゃんは、神様みたいないい子でした。

男が、千葉に住む、もと京橋のバーのマダムを訪ねます。

彼女は、三冊のノートと三葉の写真を持ってきて、小説の材料になればと見せます。
それは現代の人たちが読んでも、かなり興味を持つに違いないものでした。

物語は<はしがき>で始まり<あとがき>で結ばれます。

評価(おすすめポイント!)

独白体で、さらけだすということに私小説の強さがある

『人間失格』は自伝的な小説で、連載の完了とほぼ同時に太宰は自殺してしまいます。

主人公と太宰は、重なります。大富豪の家に生まれますが、社会や人間の営みに適合できない葉蔵の姿。
そして唯一、道化を行うことで人々を欺き、人々と繋がりを持ちます。

その人生は、自殺未遂や薬物依存、左翼運動などで破滅に向かいます。

葉蔵は太宰と二重写しであり、そこには、私小説の要素のひとつである“さらけだす”ということが、
独白体で語られています。

現に、太宰は、若い時期には小説「川端康成へ」で、そして晩年には小説「如是我聞」で志賀直哉に対して、自身の作品への不当な評価に対し異論を唱えています。

太宰は、自身の人生をここまで題材化できる稀有な作家とも言えます。

さらけだすということは、まさに私小説の本質です。
独白体の文体は、読みやすく、連続する気持ちを読者に投げかけてくれます。

太宰の作品は、死後70余年の現代でも全く違和感なく読むことが出来ます。

キャッチーな言葉なども、まるで未来の日本人の生活スタイルを先読みしているようです。
職業作家として、自身を私小説でエンターテイメントにしている。

第一の手記、第ニの手記、第三の手記を、客観的に<はしがき>と<あとがき>で挟んだところなど、“うまいな”って感じると思います。

適合できない人間の弱さを、太宰が慈愛に包み救済していく

葉蔵の性格は、幼少から自我が強く、他人の言うことや社会の取り決めに左右されない自己があります。

当然、周囲や社会とは齟齬が起こります。

会話で優劣を決めることをしないのだから、唯一の方法として“道化”を行うことになります。
道化は、葉蔵ほどでは無いにしても、たくさんの人が体験することです。

小学校くらいから、道化の記憶がある方もいるでしょうし、中学校へ進み思春期には尚更に自意識が暴走します。高校や大学では、学業や恋愛や友情などで忌まわしい記憶もあるかもしれません。

そして社会に出て生きるために、“お金”を“時間や労働”と等価交換する日常において、忍耐を強いられることは多くの人が経験するはずです。

誰もが、多かれ少なかれ人生の汚点として振り返る過去はあるでしょう。また、逆に窮屈な社会に、自我を抑えて懸命にバランスを保って過ごしているのかもしれません。

苦しむということに、正直であること、それを救済すること。

葉蔵も早い時期に“生きること=お金”の関係に疑義を唱えています。人間や社会への適応が難しく苦しみや辛さの中にあれば、やはりこの『人間失格』を通過しておくことは意味あることです。
賛同するしないではなく、もうひとりの自分や、転落する可能性を物語として教えてくれます。

人生の不確実性は、想像を超えます。

太宰治著「人間失格」人間の本質にせまり問いかけてくる最高傑作です。

作品の背景

太宰のほぼ遺作といえる作品で、夏目漱石の『こころ』とともに累計部数を競っている作品です。青森の大富豪の家に生まれるが、厳格な父親のもとで社会や人間とうまく調和できず道化をよそおう。上京してからは自殺未遂や薬物中毒、さらにはプロレタリア運動にも挫折し、常に弱者に目を向けると同時に、既存の価値観や階級社会に疑問を持ち続けて生きた太宰後期の集大成の作品と言えます。尚、大庭葉蔵は太宰前期26歳の作品『道化の華』と同じ登場人物で、大きな罪の意識を宿した当時の自殺未遂、自殺幇助の出来事を晩年、完成度高くこの『人間失格』に表しています。

発表時期

1948(昭和23)年、3月より熱海の起雲閣にて着手、三鷹、大宮の仕事場を経て5月に完成。雑誌『展望』の6月号に「第二の手記」まで、以降は作者の死後、筑摩書房より短編『グッド・バイ』と併せて刊行されます。太宰は、前年春に知り合った山崎富栄とともに6月13日玉川上水にて入水し世を去ります。 享年38歳でした。