太宰治

太宰治の作品をまとめました

太宰治

太宰治『水仙』あらすじ|芸術家は自分の才能を信じ、世評を気にせず。

概要>芸術家は常に煩悶と祈りの中にある、ならば世間のおだてやへつらいに、乗ずることなく、酷評や批判にも動じることなく、自分の才能を信じて疑わず創作活動に邁進することである。水仙の絵を破ることが意味するものは何か、芸術家の生き様とは何かを読み解く。
太宰治

太宰治『グッド・バイ』あらすじ|人生即別離、さよならだけが人生だ。

概要>太宰晩年の作品、紳士淑女のさまざまな別離の様相を描こうと構想され10回までの原稿を渡し絶筆、未完となる。一部のみの作品だがユーモアとペーソスが入りまじり、ドンファン別れの顛末エピソード。戦前、戦中、戦後と小説で愛を届けた無頼な人生に合掌。
太宰治

太宰治『お伽草紙/カチカチ山』あらすじ|少女の心には、残酷な兎がいる。

概要>戦時中、安全を求め転々と疎開する家族。落下する焼夷弾に防空壕の中で、子ども抱きあやしながら絵本を読み聞かす傍ら太宰流の新説、お伽噺し。「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」を1作ずつ紹介。その創作意欲と、子どもへの愛情を思う。
スポンサーリンク
太宰治

太宰治『お伽草紙/舌切り雀』あらすじ|あれには、苦労をかけました。

概要>戦時中、安全を求め転々と疎開する家族。落下する焼夷弾に防空壕の中で、子ども抱きあやしながら絵本を読み聞かす傍ら太宰流の新説、お伽噺し。「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」を1作ずつ紹介。その創作意欲と、子どもへの愛情を思う。
太宰治

太宰治『お伽草紙/浦島さん』あらすじ|年月は、人間の救いである。

概要>戦時中、安全を求め転々と疎開する家族。落下する焼夷弾に防空壕の中で、子ども抱きあやしながら絵本を読み聞かす傍ら太宰流の新説、お伽噺し。「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」を1作ずつ紹介。その創作意欲と、子どもへの愛情を思う。
太宰治

太宰治『お伽草紙/瘤取り』あらすじ|性格は、人生の悲喜劇を決める。

概要>戦時中、安全を求め転々と疎開する家族。落下する焼夷弾に防空壕の中で、子ども抱きあやしながら絵本を読み聞かす傍ら太宰流の新説、お伽噺し。「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」を1作ずつ紹介。その創作意欲と、子どもへの愛情を思う。
太宰治

太宰治『ヴィヨンの妻』あらすじ|荒れたこの世に生きる、妻の覚悟。

概要>神におびえるエピキュリアン。都合の良い言い訳をする放蕩な夫、大谷の言動に生きていることを淡々とかみしめる妻。戦後の混乱の中、世間が道徳を見失い悪徳が避けられない時代に生のみを肯定する新しい倫理。生きていくことを優先する時代感。
太宰治

太宰治『桜桃』あらすじ|子育てと家事を横目に、創作の苦労を描く。

概要>われ、山にむかいて、目を挙ぐ。(詩編第百二十一) これは夫婦喧嘩の小説であると前置きがある。妻と三人の子を抱え育児と家事に追われながら、創作に苦悩する小説家の日常を題材にしたペーソスあふれる作品。子どもより親が大事と、思いたい。
太宰治

太宰治『きりぎりす』あらすじ|お別れします、妻から夫への告白。

概説>売れない画家をひたむきに愛して支えたかった十九歳の私と、成功し俗っぽく醜くなったあなたの姿に別れを告白する二十四歳になった私。変わらない私と変わってしまったあなた。きりぎりすとは、どのような思いでつけられたタイトルなのか。
太宰治

太宰治『走れメロス』あらすじ|死を越えた、友情の大切さ。

概要>妹の結婚祝いのため親友の命を身代わりに再び戻ることを約束するメロス。走り続けるメロスに様々な障害と邪念がよぎる、ひたすら走り、友との約束を果たす。その信実は不信の王の心を打ち、勇者の姿に群衆も沸き立つ。明るく溌溂とした人間賛歌の物語。
スポンサーリンク
シェアする