太宰治『お伽草紙/舌切り雀』あらすじ|あれには、苦労をかけました

スポンサーリンク

解説>戦時中、安全を求め転々と疎開する家族、落下する焼夷弾に防空壕の中で子ども抱きあやしながら絵本を読み聞かす傍ら太宰流の新説、お伽噺し。「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」を1作ずつ紹介。その創作意欲と、子どもに向ける愛情を思う。

スポンサーリンク

登場人物

お爺さん
ほんとうは、まだ40歳前。虚弱体質で本ばかり読む世捨て人。
お婆さん
妻、33歳。もとは女中で学はないが、一身にお爺さんの面倒をみる。
小雀
お爺さんに懐き、お婆さんは苦手、雀のお宿での名前は「お照さん」
読み手(太宰)
防空壕の中で、子どもに絵本を読み聞かせながら新作、舌切り雀の作者。

あらすじ(ネタバレあり)

話し伝えられる昔話には、いろいろなストーリーや類型があり、同じような話が日本だけでなく世界に
あります。まず、典型を確認して太宰流の新説を味わっていきます。

典型的な「舌切り雀」のお話。

むかしむかしあるところに老夫婦がいました。

ある日、お爺さんは怪我をした雀を連れ帰り手当てをします。雀はお爺さんに懐き、お爺さんも雀を可愛がります。お婆さんは雀を愛でるお爺さんを快く思っていません。

お爺さんが出かけたある日、雀はお婆さんがこしらえた糊を食べてしまいました。怒ったお婆さんは、
雀の舌を切って外に放してしまいます。

お爺さんは心配して山に雀を探しに行きます、藪の奥に雀のお宿があり、あの雀が出てきて、お爺さんに糊を食べてしまったことを謝り、来てくれたことに感謝してご馳走や仲間の雀と歌や踊りでおもてなしをします。

帰り際に、大小のつづらがお土産として用意され、お爺さんは自分は年寄りなので小さな方をいただきます。家に帰ってあけて見ると金銀財宝がいっぱいでした。

それを見たお婆さんは雀の宿に行き大きなつづらを持ち帰ります。家に帰るまで待ちきれず途中で中を開くと魑魅魍魎が現れ、お婆さんは気絶してしまいます。

その話を聞いたお爺さんは、お婆さんに「無慈悲な行いをしたり、欲張るものではない」と諭します。

新説、太宰の舌切り雀のお爺さんとお婆さんの家庭の事情は。

お爺さんと言うが、この男は、実はまだ40歳手前です。

世間的に、駄目な男と言ってよい。体が弱く顔色も悪い。朝起きても、障子にはたきをかけ、箒で塵を吐き出すともうぐったりして、あとは机の傍らで寝たり起きたりしています。

そして夕食をすますと布団を敷いて寝てしまいます。自分のことを「翁」と呼び、周囲のものにもそう呼ばせています。

もとは大金持ちの三男坊ですが、父母の期待にそむき職業にもつかず、晴耕雨読を続けるうちに病気にもなり、父母も親戚一同も病弱の馬鹿の困りものとして、月々、困らぬ程度の少額の金を仕送りしている。仕事もなく世継ぎもなく世間人としての義務を果たしていません。

細君はと言えば、今年三十三歳の厄年で、最初はお手伝いだったのが病弱のお爺さんの世話を持たされ、いつしか妻として生涯を受け持つようになりました。

このお爺さん、何もせずに手がかかる。洗濯をしようと着替えをせかしても、「この次」と言って、いうことを聞きません。お婆さんは「私は何も洗濯をしにこの世に生まれてきたわけではありませんよ」と、ぼやきます。

お爺さんが助けた小雀が、ある日突然、人語を発しました。

住まいは、仙台の郊外、愛宕山の麓、広瀬川を臨んだ大竹藪の中にありました。

この年の秋の終わり、霰が降る朝に、庭の土の上に、脚をくじいて仰向けにあがいている小雀をお爺さんは見つけます。拾って、部屋の炉端で餌を与えると、雀は怪我が治ってもお爺さんの部屋で遊び、お爺さんの投げる餌を啄みます。糞をするとお婆さんは「あら、汚い」と言うのですが、お爺さんは、そっと無言で懐紙で拭きとってあげます。

雀は、甘えていい人と、そうでない人の見分けがつき、お爺さんが現れると飛んできて、頭の上に停まったり、机の上を跳ねたりしています。

ある日突然、机上の小雀が人語を発した。「あなたはどうなの?」

それから小雀とお爺さんは意見を交わしあいます。

小雀が「あなたは何のために生まれてきたの」と問うと、お爺さんは「おれは、本当の事を言うために生まれてきたが、世の中の人は皆、嘘つきだから話をするのが嫌になった」と言います。小雀は「それは、怠け者の言い逃れで、ちょっと学問すると横着な気取り方をする」と返します。

お爺さんは「時が来れば、大いに働く」と言うと、小雀は「意気地なしの内弁慶に限って、そんな気炎をあげるのよ」と言う。「まぁそうかもしれないが、おれは無欲だ、婆さんはまだ世間に色気をもってやがる」とお爺さんは、お婆さんと比較して言います。

小雀との会話が、夫婦喧嘩の元になりお婆さんは雀の舌を切ります。

お婆さんがそれを聞いて「色気なんかありませんよ、誰か、若い娘さんの声がしていましたね」と言う。

そしてお婆さんは、「若い時からお世話をしてきたのに、世間の夫婦のような語らいも団欒もなく優しい言葉もない」とお爺さんへの不満を愚痴りました。

お爺さんは「おれをこんな無口な男にしたのはお前じゃないか。夕食の時の世間話なんて、近所のひとの品評や悪口ばかりで、おれは優しいからついその陰口を聞き、おれも話に巻き込まれて品評を言いそうになる。おれはひとがこわいよ。」と言う。

すると婆さんは「私にあきたのでしょう。なんだい相手が若い女性だとぺちゃくちゃと話すくせに、私にも挨拶ぐらいさせてくださいよ」と言います。

お爺さんは「これだ」と小雀を指します。お婆さんは「冗談じゃない、雀がものを言いますか」と言うと、お爺さんは「言う、それもなかなか気の利いたことを」とかえす。

お婆さんは、そんなに意地悪く私をからかうならと小雀をつかみ、気の利いたことが言えぬよう舌を取ってしまいましょう。いつもこの小雀を可愛がっているのがいやらしくてといい、小雀の舌をむしり取って放り出してしまいました。

小雀は、はたはたと空高く飛び去っていきました。

お爺さんは雀を探しに竹藪へ、雪が落下し失神してしまいます。

翌日からお爺さんの大竹藪探索が始まります。

お爺さんは雪の中を何かにとりつかれたようにに探します。

お爺さんは、生涯、一度もなかった情熱で行動します。それは、恋というよりも、はるかに侘しいものですが、生まれてはじめての積極性でした。

ある日、お爺さんは竹に積もった大きな雪が頭上に落下して失神し倒れてしまいます。

そこに、雀たちが集まってきて「気を失っただけだよ」とか、「なぜあの子は早く出てこれなかったの」とか、「舌を抜かれて涙を流して寝ているのよ」とか口々に話しています。

そして、舌を抜かれた小雀に同情しながらも、お婆さんも悪い人ではないんだけれど、あの家は、お爺さんがお婆さんを馬鹿にしすぎることに原因があるとか、そこにもってきて小雀の“お照さん”が、お爺さんといちゃついていたのがいけなかったとか。まぁ、みんな悪いんだからほっとけとか、話が続きます。

すると「ああ、あなたこそ焼き餅を焼いているんじゃないの、あなたはお照さんを好きだったんでしょう、この大竹藪でいちばんの美声家は、お照さんって言ってたじゃないの」と声が聞こえ、「焼きもちを焼くなんて下品なおれではないが、少なくともお前よりお照の方が良い」などと聞こえてきます。

「毎日毎日この大竹藪を探しているお爺さんは実のある人だ」と言うと、「いい年をして雀の子のあとを追い廻すなんて、呆れたばかだよ」と誰かが言い「でもお照さんに合わせてあげましょうよ。お照さんも舌を抜かれて口がきけないのだから」などと聞こえてきます。

そして鎮守の森の神様に頼んでみようといことになり・・・。

目覚めると雀のお宿、お爺さんは饗され、簪を土産に持ち帰ります。

お爺さんが、目を覚ますと、そこは竹の柱でできた小奇麗な座敷でした。

身長二尺くらいのお人形さんが出てきて「ここは“雀のお宿”です」と言います。

お爺さんが「あの舌切雀か」と訊ねると、「私は“お鈴”で、“お照さん”は寝ています」と言います。
そうか、あの舌を抜かれた小雀は“お照さん”って名前なのか。

「早く行って会っておあげなさい、可哀想に口がきけなくて毎日ぽろぽろ泣いています。」とお鈴さんに言われて行ってみると“お照さん”は寝ていました。“お鈴さん”よりもさらに上品で美しいお人形さんで、お爺さんの顔を見つめてぼろぼろと涙を流します。

お爺さんは、はじめて心の平安を経験し、そのよろこびが幽かな溜息となります。

お鈴さんは静かにお酒とお肴を運んできて「ごゆっくり」と言う。お爺さんは酒を一つ手酌で飲み、お膳のたけのこを一つつまんで食べる。すごく良いお酒だと言うと、お鈴さんは「笹の露です」と答えた。

お照さんも微笑んでいた、お爺さんもお照さんの方を向いて話しかけた。

そして、それでは失礼しようとお爺さんは言った。

「お土産に葛籠のどれかをお持ちください」というお鈴さんに、「荷物を持って歩くのは嫌いです」と、お爺さんは言います。そこでお鈴さんはお照さんに確認し、まもなく稲の穂をくわえて帰ってきて「これお照さんのかんざし。お照さんを忘れないでね。」と渡します。

ふと、われにかえる。お爺さんは、竹藪の入口にうつむいて寝ていました、なんだ夢か。

しかし右の手には稲の穂が握られています、そして薔薇の花のような良い香りがします。

お爺さんは大事そうに家に持って帰っ、自分の筆立てに稲の穂をさしました。

欲張りなお婆さんは、大きな葛籠を持ち帰るが重さで倒れ凍死した。

「おやそれは何です」と稲の穂を見つけて聞くお婆さん。お爺さんは雀の里から貰ってきたと言います。

お婆さんがしつこく聞くのでお爺さんは自分の不思議な経験を話し始めました。

信じないお婆さんは、どうもお爺さんがあの若い娘が来た時から別人のようになったと言い、その娘が藪の中に住んでいると考えます。

お婆さんは、そこまでばからしい出鱈目をいうのなら、その雀の宿の大きい葛籠を背負ってきたら信じましょうと言います。お爺さんは「おれは荷物は嫌だ」と言うと、お婆さんが「だったら私が行ってきましょう」と言います。

「葛籠が欲しいんだね」とお爺さんに言われたお婆さんは、「そうですとも」と開き直って、雀のお宿に行って貰ってくることにしました。お婆さんは積雪を踏み分けて竹藪の中へ入っていきます。

黄昏時、重い大きい葛籠を背負い、雪の上にうつむいたまま、お婆さんは冷たくなっていました。
葛籠が重くて、起き上がれずそのまま凍死したのでした。

葛籠の中には燦然たる金貨がいっぱいにつまっていたといいます。

この金貨のおかげでお爺さんは、のち間もなく仕官して、やがて宰相の地位まで登ろつめました。

世人はこれを、雀大臣と呼んで、往年の雀に対する愛情の結実であると誉めたたえました。

そのようなお世辞を聞くたびに、お爺さんは「いや女房のおかげです、あれには苦労をかけました」と
言ったそうです。

評価(ここがポイント!)

舌切り雀は、苦労のかけどおしの女房のおかげで、宰相までなったお話

舌切り雀のお話は、かなり絵本の世界を飛びだしています。

寧ろ太宰の作家生活をお爺さんにみたて、妻をお婆さんにみたて、小雀を、ふらり酒場へ足を向ける度に出会う女性たちを思わせ、自身の作家人生にみたてているようです。

突然、小雀が二尺のお人形に変わり、舌を切られて歌えず寝たままのお照さんと、親友のお鈴さん。
お鈴さんが酒肴をもち、ひと口のお酒とひとくちの筍を食べ、土産に葛籠ではなくお照さんの簪を稲穂に変えて持ち帰り、それに嫉妬したお婆さんが欲をかいて雀の宿を訪れ大きな葛籠を持ち帰ります。

そころが、重すぎて倒れて凍死、そして葛籠の中には燦然たる金貨があり、そのお金で士官になり宰相までになり、往年の雀に対する愛情の結実と世間に言われると女房のおかげです、ほんとうに、あれには苦労をかけましたという話。

4つのお話の中では最も絵本とはかけ離れるようですが、冒頭に桃太郎のような日本一どころか、日本で最低の男との前置きをして、この心情を書き上げてしまう太宰のユーモアかおもしろい。

防空壕で子供に絵本を読み聞かせながら書かれた新説、お伽噺

冒頭の前書きに、

物語を創作するというまことに奇異なる術を体得しているのだ。
ムカシ ムカシノオ話ヨなどと、間の抜けたような妙な声で絵本を読んでやりながらも、
その胸中には、またおのづから別個の物語が醞醸せられているのである。

当時は、日本の敗戦は濃く、容赦なく傷痍爆弾が落とされ、日本人は安全を求めて逃げ惑っていました。太宰は、この「お伽草子」を防空壕の中で、子どもたちを守りながら原稿を握りしめていました。

生命の危険に晒されながらも、子どもたちには絵本を読み聞かせ、胸中では太宰流に、日本古来の昔話に新解釈を加えている。

それは、戦争という極限の有事の中にあってもひるむことなく、大人たちへ向けての風刺に満ちた創作活動を続ける太宰の気概でもありました。

作品の背景

太宰晩年の作品にあたります。昭和20年3月に「前書き」と「瘤取り」の執筆にかかりますが、東京大空襲となります。その後、甲府市の妻の実家へ疎開を決断し、5月から「浦島さん」「カチカチ山」、6月から「舌切り雀」が書かれます。7月7日未明、ついに疎開先も焼夷弾攻撃をうけ、妻の実家も全焼。
知人宅に身を寄せ、28日、妻子をつれて東京を経由して津軽に向かいます。31日、津軽金木町の太宰の生家に着きます。『お伽草紙』の巻頭にも記されている通り、太宰はこの話を防空壕の中で子どもをあやしながら書き上げていきます。

発表時期

1945(昭和20)年10月、筑摩書房から刊行。短編小説集として「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」の4編を収める。太宰治は、36歳。まさに戦火が熾烈を極めるなかでの創作活動です。空襲が激しくなり、物資の欠乏から作品発表の場が制約されていく中、これほどの創作活動を展開した文学者は文壇にはいませんでした。